ゲームオンの「スパイラル®」導入事例を公開|情報資産プラットフォームを活用したソリューション提供のパイプドビッツ

ニュース

パイプドビッツからのお知らせ

2016年11月24日
パイプドビッツ、ゲームオンの「スパイラル®」導入事例を公開
~ メール配信業務50%低減と高セキュリティを実現 ~

 株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、東証1部パイプドHDグループ<証券コード3919>、以下「パイプドビッツ」)は、株式会社ゲームオン(東京都渋谷区、代表取締役社長 李相燁、以下「ゲームオン」)が、ゲームユーザー向けメール配信基盤に情報資産プラットフォーム「スパイラル®」を活用したインタビュー記事を、本日2016年11月24日に公開しましたので、お知らせいたします。

導入事例【株式会社ゲームオン様】

事例概要

~ 導入の経緯・決め手・導入効果・今後の展開など ~

 ゲームオンはPC及びスマートフォン向けのオンラインゲーム事業を展開し、「黒い砂漠」や「ArcheAge」など、運営するゲーム数は20タイトル以上(2016年11月現在)に及びます。それらのポータルサイト「Pmang」を運営するほか、ゲームユーザーとの距離感が近くなる様々なオフラインイベントを開催し、オンライン/オフライン双方でユーザーが楽しめる環境作りに取り組んでいます。

 ゲームオンは2007年より「スパイラル®」を導入し、ゲームユーザー向けにメール配信を行っています。ゲーム内イベントのお知らせを週2~3回程度配信するほか、ユーザー向けのオフラインイベントがある際は都度、イレギュラーとして配信しています。導入以前はメールを配信するたびにユーザー情報を管理しているDBからメールアドレスをダウンロードし、ゲームオンが独自に構築した配信システムに手作業でデータをアップロードして配信を行っていました。配信業務負荷の低減と、セキュリティを強化したいとの想いから、安心して効率良く利用できる「スパイラル®」の導入に至りました。

 「スパイラル®」が選定された決め手については、ゲーム会社での導入実績があり、セキュリティ面で安心して運用できる点が評価されました。また、すでに「スパイラル®」を利用していた同業他社関係者や、他の口コミでの評判が良かった点も評価されました。

 導入効果については、まず、メール配信時に直接メールアドレスに触れることがなくなったため、セキュリティ面がより強化された点を挙げられました。

 また、システムチームではシステム負荷のモニタリング作業がなくなったことで、システムの管理業務負担が約10%低減し、メールアドレスの取り込みや配信作業がなくなったことで、配信業務負担が約50%低減した点を挙げられました。
さらに、配信中のシステムチームの監視が不要になったため、ゲーム部門は配信時間の制限なく自由な時間にメールを配信でき、業務効率化とメルマガの効果を高められた点を挙げられました。

導入事例ページには、ゲームオンの業務内容や「スパイラル®」使用状況、導入以前に抱えていた課題、導入効果の具体例など、詳細なインタビュー記事がございますので、ぜひ併せてご覧ください。

導入事例【株式会社ゲームオン様】

株式会社ゲームオン様 概要


法人名 株式会社ゲームオン
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー
代表者 代表取締役社長 李 相燁
業務内容 インターネット利用のオンラインゲームの運営・開発、インターネットカフェへのソフトウェアライセンス許諾、オンラインゲームのライセンスを活用した商品化権事業、オンラインゲームポータルサイトの運営
Webサイト

「スパイラル®」とは

「スパイラル®」は、官公庁、金融、サービス、教育機関など、幅広い業種・業態のお客様にご利用いただいている国内最大規模の情報資産プラットフォームです。販売促進やCRMにおける顧客情報から、給与明細のような従業員情報まで、皆様からお預かりする様々な重要情報資産を安全なプラットフォームで管理しています。
なお、「スパイラル®」はお客様ごとにCO2排出量をお知らせする唯一のASP・PaaS(クラウド)サービスであり、CO2排出量の可視化等の取り組みを通して地球環境保全の啓発にも貢献してまいります。

パイプドHD株式会社 https://www.pipedohd.com/
広報部:久保、宮古
TEL:03-6744-8039 FAX:03-3585-0620

※記載された社名や製品名は各社の登録商標または標章です。
※内容は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。