「スパイラル®」、「IaaS・PaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定を更新|情報資産プラットフォームを活用したソリューション提供のパイプドビッツ

ニュース

パイプドビッツからのお知らせ

2016年12月6日
パイプドビッツの情報資産プラットフォーム「スパイラル®」
「IaaS・PaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定を更新

 株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、東証1部パイプドHDグループ<証券コード3919>、以下「パイプドビッツ」)は、情報資産プラットフォーム「スパイラル®」が、2016年12月6日付にて「IaaS・PaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定を更新しましたので、お知らせいたします。

「スパイラル®」の認定更新について

SPIRAL:IaaS・PaaS 安全・信頼性に係る情報開示認定制度マーク
認定制度名称 IaaS・PaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定制度
認定番号 第 IP 0001-1212号
認定サービス スパイラル
審査機関 一般財団法人マルチメディア振興センター
認定日 2016年12月6日
認定期間 2016年12月6日から2018年12月5日

「IaaS・PaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定制度」とは

 「IaaS・PaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定制度」は、「IaaS・PaaSの安全・信頼性に係る情報開示指針」(総務省、2011年12月)に基づき、利用者がIaaS・PaaS(クラウド)を安心して利用できる市場環境の整備を目的として、2012年8月に創設されたものです。
 「スパイラル®」は、業界に先駆け、同制度運用開始後初めての審査会で第一号サービスとして認定されました。

パイプドビッツのマネジメントシステムについて
ご参考:プレスリリース:パイプドビッツの情報資産プラットフォーム「スパイラル®」、「IaaS・PaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の第一号サービスに認定(2012年12月11日発表)

本件に関するお問合せ先

株式会社パイプドビッツ
第一プラットフォーム事業部 担当:岸、野坂
TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677

パイプドHD株式会社 https://www.pipedohd.com/
広報部:久保、宮古
TEL:03-6744-8039 FAX:03-3585-0620

※記載された社名や製品名は各社の商標または登録商標です。
※内容は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。