特定電子メール法|プラットフォームを活用したソリューション提供のパイプドビッツ

迷惑メール対策

特電法対応 オプトイン方式でメール配信していますか?

受信者からの事前同意を得た上で配信を行う、「改正特定電子メール法」が施行

2008年12月1日に改正特定電子メール法および改正特定商取引法が施行されました。従来のオプトアウト方式からオプトイン方式に切り替わり、配信希望者の同意を証明する記録の保存が義務付けられたことで、送信者はあらかじめ配信を希望した人のみにメールの配信を行う事になりました。

オプトイン方式義務化

スパイラルは特電法への対応が万全です

特定電子メール法(特電法)に対応し、迷惑メールと間違えられないための対策をご用意しております。

登録者の同意記録を確実に保管する「オプトイン記録保管サービス」
改正法では「受信者の同意(オプトイン)記録の取得・保管が義務付けられています。スパイラル®ではオプトイン記録を暗号化して自動保存できるため、 誤操作等によるオプトイン記録削除の心配がありません。有事の際に捜査当局等へ記録を提出することが可能です。
登録者の同意記録を確実に保管する「オプトイン記録保管サービス」
第三者のなりすましを防ぐ登録フロー「ダブルオプトイン」を簡単に導入できます。
会員登録・メールマガジン購読申込時などに、第三者のなりすましを防ぎます。
登録者の同意記録を確実に保管する「オプトイン記録保管サービス」
今後スタンダードとなるオプトインのセルフチェックに対応。
購読者自身によるオプトイン確認が可能です。

特電法に関する疑問にお答えします

ノウハウを持つパイプドビッツだから、特電法に関するご質問にお答えします。

特電法の疑問

迷惑メール対策に関する当社の取り組み

迷惑メールを減らすため、業界のリーダーとして下記の取り組みを行っております。

  • ・ 迷惑メール対策に関する意見発表(総務省「迷惑メールへの対応の在り方に関する研究会」)
  • ・「迷惑メール対策推進協議会」への参加
  • ・「オプトイン記録保管サービス」の提供など、スパイラル(R)の特電法対応
  • ・送信ドメイン認証技術「DKIM(Domain Keys Identified Mail)」対応
  • ・迷惑メール対策についての各種セミナー開催
迷惑メール対策
特定電子メール法
送信ドメイン認証「DKIM」