あなただけのメール配信システムを手に入れる。

メール配信開発も、システム監視、保守も、なりすましメール対策も全てクラウドに任せましょう。
3,000社以上が利用する配信機能がすぐに手に入ります。

メール配信を開発/保守するなんて面倒に決まってる。

アプリケーション開発において、顧客や会員データがあると必ず発生するメール配信要件。スパイラル®はデータベースに連動したメール配信機能と配信エンジンをクラウド上に展開。APIによるデータ連携はもちろん、大量の配信リストに対する高速配信から、データや宛先ドメインに応じた抽出配信、エラーメールの自動処理、HTMLやデコメールといったコンテンツ設定、なりすましメール対策など、メール配信機能実装の際に考えられるあらゆる機能をすぐにご利用いただけます。

データベースもメール配信もAPIが開放されているから、連携しやすい。

スパイラル®APIを利用することで、スパイラル®へ外部システムからアクセスすることが可能になり、会員や顧客の大切な個人情報を安全なスパイラル®のDBに預け、管理しやすくなります。また、APIを通して、スパイラル®で設定したWebコンテンツを外部システムに出力したり、外部システムからメール配信操作を実行したりといった機能を活用し、柔軟なアプリケーション構築が可能になります。

主なAPIの提供メソッド
DB操作の提供メソッド
INSERTレコードの登録
UPDATEレコードの更新
DELETEレコードの削除
SELECTレコードの検索
メール配信操作の提供メソッド
REGIST配信設定の登録
UPDATE配信設定の更新
CANSEL配信設定の削除
SAMPLING配信設定のサンプリング配信
SENDレコードを指定した配信

最大時速140万件の高速配信も、モバイル配信のチューニングも、クラウド任せで。

アプリケーションやシステムを構築する度に面倒な一斉配信用のメールサーバの構築と運用保守。高速メール配信も、もちろんクラウドを使う時代です。スパイラル®が提供する配信機能は、最高配信時速140万件を誇る高速配信エンジンとモバイルキャリア向けの配信制御プログラムによって、常にチューニングされ最適化された配信環境をご用意しています。高速配信やモバイル配信のシステム要件なら、迷うことなくスパイラル®のクラウド型配信エンジンを試していただくことをお奨めします。

データベース連動型で実現する自動エラーメールメンテナンス

高速配信と高い到達率を実現するには、エラーメールの解析とデータベース化が不可欠です。スパイラル®は、データベース直結の配信エンジンなので、エラー情報をデータベースに自動的に反映することができます。そして、配信毎にエラーを除外することで、クリーンなリストに対する配信を実現します。 また、スパイラル®がエラー情報を解析し、RFC 1893 で定義される数十種類のエラーを種別し、エラー理由をユーザーが判断しやすい値でデータベースに格納します。

最先端のなりすましメール対策「DKIM」×「SPF」×「S/MIME」

メールマガジンやメールニュースを送る企業にとって、メールがなりすまされることは正しく送信しているメールの信頼性低下に繋がります。スパイラル®では、メール送信者の正当性を受信側に正しく伝えることができる送信ドメイン認証「DKIM」と「SPF」の両方に対応、更に多くの金融機関で採用されているS/MIME」にも対応し、正当なメールであることを証明する全ての環境をご用意しています。

配信機能を1週間以内にリリースする。

開発するシステムをスパイラル®と連携すれば、最低1、2か月は掛かってしまうメール配信機能の開発を一瞬で手に入れることが可能です。お客様が求める配信機能を備えたスパイラル®のアカウントは1営業日で開設。配信用のDBの設定をして、基幹システムと連携すれば、あとは配信するだけの状態です。

定額制だから送りたい放題。

月に何通メールを送っても、契約プランに応じた定額料金でスパイラル®をご利用いただけます。
機能カスタマイズやバージョンアップ時に追加料金が不要なのはもちろん、ID課金制ではないため、何人で利用しても料金は定額。

お問い合わせ・資料請求