PIPED BITS

最新トピック

EFOに効くGoogleオプティマイズ:スパイラルデモ

ウェブサイト

皆さんフォーム改善できてますか?SPIRALで作成したフォームそのままにしていませんか?
ボタンの文言や色等細かい点でコンバージョン率は大きく変わります。フォームは作りっぱなしでなくしっかり改善していきたいですよね。
そんな中、Googleが昨年末に無料公開したGoogleオプティマイズで簡単にABテストを実施できるというのでSPIRALのフォームで動くのか実験してみました。

事前に用意しておくもの
・SPIRALで作ったフォーム
・Googleアナリティクスのアカウント

手順
1.Googleオプティマイズのアカウント作成
2.テストの作成
3.Googleアナリティクスとの連携
4.オプティマイズ用のスニペッドの発行とフォームへの反映
5.テストパターンを作ってテストの開始

1.Googleオプティマイズのアカウント作成

Googleアナリティクスの管理画面内にあるgoogleアナリティクスアプリのボタン(10キーっぽいマーク)からオプティマイズを選択します。

すると英語の管理画面がでてきます。

英語が苦手な人はドメインの”?”の後ろに”hl=ja&”を入れて日本語化しましょう。

これで安心です。
あとは言われるがままにアカウントを作成しましょう。
詰まった場合は「Googleオプティマイズ 使い方」で検索するとはかどります。

2.テストの作成

名前は適当なものを、テストするページのURLには作成したフォームのURLを入力してください。

3.Googleアナリティクスとの連携

プロパティを選択してリンクをクリックするだけ。

4.オプティマイズ用のスニペッドの発行とフォームへの反映

このような形でスニベットが表示されるのでコピーしてフォームのテストする対象のページへ反映してください。

5.テストパターンを作ってテストの開始

テストパターンの作成は割と直感的な画面で編集していく感じです。ある程度の知識は必要ですが、HTML初心者でもパターンの作成ができそうです。

ゴール設定をしてテスト開始をクリックで完了です。

複数のブラウザで同一URLを叩いてみるとちゃんとボタンの文言が切り替わっている事が確認できました。後は一定期間放置して情報を集めましょう。

まとめ

従来のABテストだとページを2枚用意したり結構手間がかかったんですが、Googleオプティマイズを使うと1ページで動的に切り替えてくれるので楽でいいですね。
個人的にはテスト用ページを作成する編集画面が直感的なイメージで触れるのがいいなと思いました。
しかも、SPIRAL上でも問題なく稼働!フォーム改善の際には検討してみてください。

【注記】
※必要最低限の手順のみ公開しております。要件に合わせて変更してください。
※現時点の仕様を記載しております。仕様変更による動作保証はしておりません。ご了承ください。

関連記事
スパイラル® https://www.pi-pe.co.jp/spiral-series/spiral-suite/

EFO(エントリーフォーム最適化)で申込者数を増やす方法 https://www.pi-pe.co.jp/miteshiru/article/pb_20170710-1/

スパイラル®︎ WEBフォーム作成 https://www.pi-pe.co.jp/spiral-series/spiral-suite/app/form/

mautic is open source marketing automation
お役立ち情報はこちら メルマガ