PIPED BITS

業界コラム

Webアンケートをおこなう上で注意するべきポイント

パソコン

マーケティングに繋がるWebアンケート

ユーザーからもたらされる意見は、企業にとって自社サービスや商品の向上・改良のヒントであり、売上げアップに繋がる貴重な情報です。

そのため、自社サービスや自社商品を利用・購入しているユーザーに対して会員システムを構築し、その会員に向けてWebアンケートを実施するケースが増えています。そこから得られたデータを集計し分析することで、マーケティングデータとして活用していくわけです。

このようなWebアンケートを実施するときに気をつけたいのは、回答にかかる時間を抑えるようにすることです。
紙媒体のアンケートなら、紙の大きさなどから回答に要するおおよその時間を判断できますが、Webアンケートではそれができません。会員がアンケートの回答に着手してくれても、質問数が膨大だったり、いつ終わるのかがわからないと、途中でアンケートから離脱してしまう恐れがあります。

また、最近はスマートフォンからインターネットを利用することが増えているため、回答率を上げるためにも、スマートフォンに最適化したアンケートページを用意することが大切です。

Webアンケート実施前に『目標』を決める

ただなんとなく聞きたいことを並べただけの設問で、ただなんとなくアンケートを実施してはいないでしょうか。また、会員から得られたアンケート回答を集計しただけで終わらせてはいないでしょうか。

「なんとなく」のままでは自社サービス・商品の向上・改良や売上げアップには繋がりません。アンケートを実施するときは、その結果によって自社が成し遂げたい『目標』を明確に決めておくことが重要です。
たとえば「サービスや商品内容を改善する」「顧客満足度を向上させる」だけでなく、「売上を○%上げる」など具体的な数字を掲げるとより良いでしょう。

当然のことながら、アンケートは「実施すること」が目的ではありません。その結果をもとに目標達成にたどり着くための資料にすぎないのです。『目標』をきちんと見据えていれば、課題や問題点もおのずと明確になり、アンケートの結果がより効果を発揮するはずです。

ワンストップでWebアンケートを実現するには

Webアンケートの依頼メール送付からアンケートフォーム作成、回答内容の集計分析まですべてを手作業で行うと膨大な労力とコストがかかってしまい、効率的ではありません。「せっかく売上アップに繋がったのに、アンケート実施のコストで相殺されてしまった」など元も子もない事態に陥る可能性もあります。

このようなリスクを回避するためには、クラウドサービスを利用することをお勧めします。クラウドサービスなら、アンケートフォームの作成からメール配信、データ集計など、目的に合ったWebアンケートシステムをワンストップで簡単に構築することができます。

コストを抑えつつ、Webアンケートの回答率向上から業績アップまでを目指すなら、クラウドサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

参考 事例 ベトナム航空日本支社 「成功した会員向けクローズドアンケート」URL:https://www.pi-pe.co.jp/showing/vn/

mautic is open source marketing automation
お役立ち情報はこちら メルマガ