IT×業務効率化

今注目のCRMマーケティング!そのメリットと導入方法とは?

今注目のCRMマーケティング!そのメリットと導入方法とは?

昨今、インターネットによる情報の氾濫により、各社で顧客獲得競争が激化しています。そこで今、注目を集めているのがCRMマーケティングという手法です。なぜCRMマーケティングが重要視されているのか、どうすれば活用することができるのか、それらの疑問にお答えしていきます。

CRMマーケティングとは?

CRMマーケティングとは何か

まずCRMとは、どういった意味なのかを確認してみましょう。CRMは(Customer Relationship Management,カスタマー リレーションシップ マネジメント)の略称です。日本語の文に訳すと、「顧客との関係を管理する」となります。つまりCRMマーケティングとは、顧客との関係を重視したマーケティング手法のことです。既存顧客の満足度向上や、見込み顧客の囲い込みを図り、関係の緊密化を目指すことで売り上げを伸ばすスタイルであると言えます。
インターネットなどの通信手段を通して多くの商品・サービスを比較できる現代のビジネス環境では、顧客の志向や需要を正確に把握することは欠かすことのできない対策です。そして、そうした顧客の囲い込みを実現する手段こそが、CRMマーケティングです。具体例をあげると、顧客へ送るダイレクトメールや、定期的な訪問なども、CRMマーケティングのひとつと言えます。しかし、現代のビジネス環境では、既存の方法を継続するだけでは不十分です。そのため、より最適化されたCRMを行っていく必要があります。

現代のCRMマーケティング

近年、CRMマーケティングが注目されている理由は、競争の激化という要因だけではありません。かつてアナログで顧客情報を管理していた時代では、膨大なコストがかかるため個別の顧客の実態を完全に把握することは困難でした。しかし、現在ではITシステムの発達により、多くの情報を低コストで効率的に運用するシステムが実現しています。
そのため、現在ではCRMマーケティングと言えば、ほとんどの場合システムを活用して顧客情報を管理する手法のことを指しています。言い換えれば、CRMマーケティングを行うためには、マーケティングシステムの導入が必須とさえ言えます。それでは、CRMマーケティングシステムの導入により、どのようなメリットが得られるのかをみていきましょう。

マーケティングシステムの導入・活用法

システムを導入するメリット

CRMに対応したマーケティングシステムを導入することで、顧客との関係や企業の業績はどのように変化するのでしょうか。まずは導入によるメリットをみていきましょう。

・顧客の実態に合わせたマーケティングが行える
・満足度を向上させ、長期的関係を育める
・社内での情報共有が図れる
・営業実績の把握が容易になる
・情報管理にかかるコストを削減できる

メリットを総合的に考えてみましょう。まずは、これまで営業担当者がそれぞれ感覚的に行ってきた顧客との関係管理を、具体的なデータとして扱えることが重要です。これまでは見えてこなかった情報も、システムで収集し分析にかけることによって、明確な可視化を図ることができます。これにより、これまで以上に顧客の求める商品・サービスを正確に把握し、最適化されたタイミングで提案することが可能です。
さらにデータとして管理することで社内での共有も容易となり、営業担当者とアシスタントとのさらなる連携強化を図ることもできます。このように、多くのメリットを備えたCRMマーケティングシステムですが、デメリットや注意点について考えなければ、使いこなすことは困難です。そこで次は、システム導入で考えられるデメリットと、解決方法について考えてみましょう。

システム導入で考えられるデメリット

システム導入で考えられるデメリットとしては、主に以下の3つが考えられます。

・セキュリティ管理の徹底が必要
・導入はしたものの使いこなせる社員が少ない
・どのシステム会社に頼めばよいか分からない

多くの顧客情報を扱うCRMマーケティングシステムでは、セキュリティ管理の徹底と、情報を使いこなすスキルが必要です。さらに、どういった基準で導入を依頼するシステム販売会社を選べばよいか、ということも考えなければなりません。また、取り入れたいとは思っていても、具体的な使用例が思い浮かばないということも考えられます。それでは、どうすればよいのでしょうか?
その答えは、信頼できる機能性とサポート体制を備えたシステムを選ぶことです。そこでおすすめしたいシステムが、「SPIRAL®」。実際の導入事例を参照しながら、注目すべき点と、システムの具体的な機能について確認していきましょう。

SPIRAL®導入事例

クラウド型CRMシステム「SPIRAL®」の導入事例を紹介します。システムの導入目的と、導入以降の変化に注目していきましょう。

事例(1)システム開発販売会社

導入以前:新たなサービスの開発にあたり、他のシステムとの連携がとれる携帯メール配信システムを模索していた。

導入以降:SPIRAL®APIを採用したことで、安定した連携が可能となった。開発したサービスは、プロスポーツの会員管理に利用され、チケット販売の売り上げに貢献している。

事例(2)保険会社

導入以前:Web上の試算サービスの解説や資料請求フォームの改善により、資料請求の申し込みを増やしたかった。

導入以降:目論見通り、資料請求も申込数、成約数ともに大幅な拡大を実現した。作業時間の短縮にもつながり、現場の作業負担の軽減、お客様の満足度の向上にもつながった。

事例(3)Webサイト製作会社

導入以前:多くの個人情報を扱うECサイトを構築する上で、より万全なセキュリティ体制を確立したかった。そのため、セキュリティ性能・顧客情報の管理ともに優れたシステムが必要だった。

導入以降:
SPIRAL®に会員管理機能を集約し、別のコンテンツ管理システムと組み合わせた。セキュリティ性能を高めるとともに、拡張性も高いプラグインの作成に成功した。

関連リンク:その他の導入事例を見る

「SPIRAL®」ならCRMも簡単に導入できる

SPIRAL®の機能性

パイプドビッツが提供しているSPIRAL®は、クラウド型のアプリケーションサービスです。クラウド型であるため、自社でサーバーなどを用意する必要がなく、低コストで導入できます。さらに、利用できるアプリケーションは、メルマガ配信や顧客情報の管理・分析などのCRM機能だけではありません。社員情報の管理や給与明細の電子化などの機能も、必要に応じて簡単に機能の実装・拡張を行うことができます。さらに、既存システムとの連動も得意としているため、社内情報の一元化が可能です。

SPIRAL®のさらなる魅力

SPIRAL®が優れているのは、アプリケーションの性能だけではありません。SPIRAL®は機能の拡張性の高さに加えて、セキュリティ性能の高さも評価されている理由です。総務省が推奨している「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定」、ならびに「IaaS・PaaS安全・信頼性に係る情報開示認定」で「安全・信頼性の情報開示基準を満たしているサービス」として認定を受けています。
さらに、サポート体制が充実していることも高い信頼を得ている理由です。セキュリティ面で24時間対応の緊急連絡窓口を開設していることに加え、より適切なサービスを提供するために、業界ごとに専任のサポートも配属しています。操作説明や、SPIRAL®を活用した新たな企画の相談など、あらゆる質問に即時対応可能です。

顧客との関係を深めるなら「SPIRAL®」

顧客とのより緊密な関係を築き上げるためには、CRMマーケティングシステムの活用が不可欠です。SPIRAL®を導入すれば、優れた機能性と万全のサポート体制により、貴社のマーケティングを劇的に改善することができます。CRMの採用をお考えなら、ぜひともSPIRAL®の導入を検討してください。

お役立ち情報はこちら メルマガ