PIPED BITS

業界コラム

インサイドセールスの成果をあげるシステム導入について

非対面で営業活動を行うインサイドセールスという言葉や手法が一般的になってきました。この記事をご覧になっている企業様でもインサイドセールス部門がすでに存在したり、検討しているというところも多いのではないでしょうか。
しかし、既存の営業部門とインサイドセールス部門の双方が共通のリストに対してアプローチをしていくわけですから、対応の重複や情報共有がされていないことによって発生するクレーム等のリスクがインサイドセールス部門の運用には常に存在します。
今回はCRMシステムのスパイラル®とテレマーケティングシステムのビズベイス®の連携によって営業部門とインサイドセールス部門の間の情報共有の壁をなくす方法について解説します。

1. 法人のインサイドセールス部門立ち上げにおける課題

業務効率化による働き方改革の一環として、非対面式の営業手法であるインサイドセールスは注目を浴びてきています。しかし、非対面の営業手法の実行にあたっては課題がつきもので、法人企業におけるインサイドセールス部門の立ち上げに際しては下記のような課題があります。
・架電業務の効率化(架電数や成果の最大化)
・架電記録の管理(成果を営業部門へ引き渡すにあたっての情報管理)
・記録の営業部門への共有(重複対応や共有がなされていないことによるクレームの発生を予防するため)

2.インサイドセールス部門の運営にあたって効果を発揮するシステム

前述の課題の架電業務の効率化、架電記録の管理には一般的にテレマーケティングシステムと呼ばれるシステムの導入が効果的です。今回スパイラル®と連携するビズベイス®はコールセンターの運営に必要な様々な機能をオールインワンでそろえたソリューションのため、インサイドセールス部門の立ち上げにあたってもシンプルかつスピーディーに導入することが可能になっています。

3.課題として残る営業部門との情報共有

前述のテレマーケティングシステムを導入するとインサイドセールス部門の運営はスムーズにご対応いただけますが、既存の営業部門との情報共有が課題になります。既存の営業部門は架電だけではなく契約情報やお問い合わせ情報の管理等も必要になりますのでテレマーケティングシステムでの対応ではなく、スパイラル®等のCRM機能を持った仕組みを導入するもしくはすでにしている状態かと思います。
そうなった場合、別々のシステムが稼働することになるので双方のシステムの情報共有が課題になってきます。

4.BizBase®とSPIRAL®の連携による課題解決

今回の連携ではスパイラル®からは営業が持っている顧客情報を自動でビズベイス®に連携し、ビズベイス®の機能でインサイドセールス部門が架電、対応情報を登録するとスパイラル®へ当該顧客の対応情報を連携するというデータ同期を実現しました。
これによってテレマーケティングシステムで架電の効率の最大化を計りながらも、CRMで情報管理している既存の営業部門に対する情報共有の課題解決が可能です。

スパイラル®紹介ページ URL:https://www.pi-pe.co.jp/spiral-series/spiral-suite/

mautic is open source marketing automation
お役立ち情報はこちら メルマガ