PIPED BITS

SPIRAL活用術

位置情報も取得!勤怠管理システム:スパイラルデモ

通勤風景

毎日の業務として欠かせない出退勤の報告。当社でお願いしている派遣会社は紙の出退勤の管理です。
毎日、派遣さんから日時を記入した紙をもらって判子を押す。正直ちょっと面倒です。人数が多くなると授受や移動のロスも大きくなってきます。
システムを使って一括で確認したり、承認したりできるといいのにと思います。
今回は上記のようなちょっとした不満を解消する出退勤の管理システムを作成する方法とできることについてまとめました。

1.出退勤の報告に必要な項目を自由にカスタマイズ

スパイラル®を使えば出退勤の報告だけでなく当日の業務内容の結果や報告事項など、出退勤の情報とは別に毎日やり取りしていた情報を自由にフォーム上に追加することが可能なので、出退勤の報告以外でも紙の報告書をなくすこともできます。また、登録された情報を集計することもできるようになっているため販売金額や売り上げ台数等の集計も容易に行うことができます。

2.登録時の位置情報を自動取得で不正を防止

商業施設や展示会の女性スタッフのようなセールスプロモーションの派遣のような、各現場に赴いて業務にあたるような形式のものだと不正防止のけん制となるような手段が必要になる場合があります。スパイラル®はフォームから携帯の位置情報を取得できるので万が一の不正の防止手段として使えます。また、写真のフィールドを使用すれば現場の写真をその場で撮影してフォームから登録させることも可能です。

3.計算機能を使って残業時間なども自動計算

出退勤の報告につきものなのが残業時間や深夜勤務などの時間の計算と算出です。スパイラル®のトリガ機能を使うことで計算ロジックを自由に組み合わせて必要なデータを計算してデータ化することができます。

4.報告データはクラウド上でリアルタイムに確認可能

登録された出退勤の時間やその他の入力情報、計算結果の情報はスパイラル®のDBに登録されます。
管理者は自分に関連する勤務者の情報を登録と同時にリアルタイムに確認、承認作業が可能です。情報はクラウド上で管理されているため出先から確認することもできるようになっています。
また、権限によって閲覧のみさせる、一部の部署や社員の情報だけ見せる等の設定も行えるため自社のセキュリティポリシーに沿った運用が可能です。

5.作成はダウンロードで取得できるマニュアルから

スパイラル®では上記のような機能を持つ出退勤の管理システムを1日弱で構築できるようになっています。(デザイン等にかかる期間は別)
詳しくは以下の「ダウンロードする」のボタンよりマニュアルをダウンロードできますのでそちらをご参照ください。

また、動作イメージについては下記のデモ用URLよりご確認ください。

■管理者ログインページ
https://www.pi-pe.co.jp/area/p/lfoj9qboel1ldkfla0/d3pE0a/login.html

■派遣社員ログインページ
https://www.pi-pe.co.jp/area/p/lfoj9qbpeq6ldkhmi8/1FzX63/login.html

関連記事
SPIRAL® https://www.pi-pe.co.jp/spiral-series/spiral-suite/

人事業務の負荷を軽減する勤怠管理とは https://www.pi-pe.co.jp/miteshiru/article/20170510-3/

経費精算業務のロスを減らす方法とは https://www.pi-pe.co.jp/miteshiru/article/n_20170616-1/

給与明細書を電子化することで生まれるメリット https://www.pi-pe.co.jp/miteshiru/article/n_20170721-1/

ログインしてダウンロードする

mautic is open source marketing automation
お役立ち情報はこちら メルマガ