PIPED BITS
用語集

バックドア (読み:バックドア)

英語名
backdoor

クラッカーや侵入者が一度侵入に成功したサーバーに、次回の侵入を容易にする ために、管理者に気づかれないように密かに作っておく侵入経路、裏口。 バックドアが設置されると、システムの遠隔操作や破壊、パスワード等の盗用 が可能になり、更に他のコンピューターへの攻撃の踏み台として利用されることもある。

一度進入や攻撃を受けたサーバーにはバックドアが設置されている可能性が高く、 サーバーの管理者が不正侵入に気づいて侵入路を遮断したとしても、バックドアを通じた再度の不正侵入を防ぐことができない。
そのため、場合によっては、ディスクの初期化、OSから全てのアプリケーションの再インストール、再設定を行い、バックドアを完全に消去する必要がある。

コンピューターウイルスの中には、外部から操作する為のバックドアを設置するものがあり、バックドア型ウイルスと呼ばれる。

また、ソフトウエア開発時に、開発者がバグの発見と修正のためにバックドアを利用することもあるが、このバックドアを削除しないまま運用が開始され悪 用されるケースや、開発者が意図的にバックドアを組み込み、何らかの不正が行われるケースもある。

クラッカーがコンピューターに不正侵入した後に利用するためのツール類やトロイの木馬、バックドア・ツールなどをパッケージ化したものをルートキットと呼ぶ。

mautic is open source marketing automation
お役立ち情報はこちら メルマガ