PIPED BITS
用語集

CMS (読み:シーエムエス)

英語名
Content Management System

CMSとは、コンテンツ管理システムとも呼び、専門知識を持たない人でも、一定水準以上のWebサイトを作成し、コンテンツの一元管理を実現できるようなシステムのことである。
その管理法としては、デジタルコンテンツの収集・登録・統合などがあげられ、情報の更新や配信を行う仕組みを持つ。

通常、HTML(XHTML)、CSSAjaxJavascriptなどの専門知識を駆使し、Webサイトの体裁(デザイン)は作られる。しかし、CMSは、このようなデザイン部分をWebサイトのコンテンツ部分(テキスト情報など)から分離して管理できるため、専門知識が必要ない。
また、デザインはテンプレートなどを用いて整えるため変更が容易で、作業を省力化できる。その分コンテンツへ注力できるため、コンテンツの充実を図りたい企業の支持を得て、普及が進んでいる。

CMSの種類には、サーバーインストール型、ASP型、アップロード型などがあり、特にサーバーインストール型のXoops、Wikiなどが有名である。価格もさまざまあり、無料のものから、100万円以上するものもある。

CMSと同様のシステムにBlogがある。CMSとBlogは明確な区別が難しく、BlogをCMSの一種とする向きもある。一般的には、CMSは、Blogより自由度が高いとされ、時系列管理、サイト内同一デザインが基本のblogと違い、CMSは時系列以外での管理が可能であったり、ページ単位でのデザイン変更ができる。

mautic is open source marketing automation
お役立ち情報はこちら メルマガ