PIPED BITS
用語集

エラーコード※拡張状態コード(RFC1893) (読み:エラーコード)

例えば、メール送信時に、相手のメールボックスの容量がオーバーしていたり、メールアドレスの綴りに誤りがある等の理由でメールの送信に失敗すると、「エラーメール」が返る。このエラーメールがどのような理由でエラーになったかを記したコードのこと。
エラーコードは拡張状態コード(RFC1893)で定義している。

例えば、次のようなコードが存在する。

  • 5.1.1 : メールボックスが存在していないため、メール送信に失敗した。
  • 4.2.2 : 相手のメールボックスの容量が制限オーバーのため、一時的に送信が失敗した。
  • 2.0.0 : エラーが発生せずメール送信に成功した。

コードの詳細は、下記のとおり。

◎ 拡張状態コード(RFC1893)

Aの値
2:成功/4:一時的な失敗/5:恒久的な失敗

B及びCの値の意味は以下の表を参照。

内容
x.0.0 未定義
x.1.0 アドレスに関する何らかのエラー
x.1.1 メールボックスが存在しない
x.1.2 ドメインが存在しない
x.1.3 アドレスが文法的に不正
x.1.4 アドレスの宛先が一意に決められない。(複数の受取人にマッチした)
x.1.5 アドレスは有効
x.1.6 メールボックスが移動されたが、転送先の指定はない
x.1.7 差出人のアドレスが文法的に不正
x.1.8 return pathのアドレスが不正
x.2.0 メールボックスに関する何らかのエラー
x.2.1 メールボックスは存在するが、無効化されている
x.2.2 メールボックスのディスク容量制限を越えている
x.2.3 メッセージの長さがシステム管理上の限界を超えている
x.2.4 メーリングリスト展開時の問題
x.3.0 メールシステムに関する何らかのエラー
x.3.1 メールシステムの能力を超えている
x.3.2 高負荷、メンテナンス等の理由に拠ってメールを受け付けられない
x.3.3 送信時に使用した機能を受取サーバーがサポートしていない
x.3.4 1通あたりのメッセージサイズ制限を越えている
x.3.5 このメッセージを受け取れるように正しく設定されていない
x.4.0 ネットワークに関する何らかのエラー
x.4.1 接続に対する応答がない
x.4.2 接続がタイムアウトし、配送を完了できなかった
x.4.3 ディレクトリサーバー(DNSサーバー等)が動作していない
x.4.4 ディレクトリサーバー(DNSサーバー等)の動作が不良
x.4.5 メールシステムが混雑していて、配送できない
x.4.6 配信ループが発生した
x.4.7 メッセージが古すぎるため、受取が拒否された
x.5.0 プロトコル実行に関する何らかのエラー
x.5.1 SMTPの発行順序もしくはサポートされていないコマンドを発行したことによるエラー
x.5.2 コマンドの文法的なエラー
x.5.3 プロトコルとして配送不可能な数の受取人が指定された
x.5.4 コマンドの引数が理解できない
x.5.5 プロトコルのバージョンが合っていない
x.6.0 コンテントもしくはメディアに関する何らかのエラー
x.6.1 メディアがサポートされていない
x.6.2 必要なコンテントの変換が許可されていない
x.6.3 必要なコンテントの変換を行うことができない
x.6.4 コンテントの変換により何らかのデータが失われた
x.6.5 変換に失敗した
x.7.0 セキュリティ、運用ポリシーによる関する何らかの転送エラー
x.7.1 送信者による送信を拒否された
x.7.2 指定されたメーリングリストに対する送信を拒否された
x.7.3 必要なセキュリティ化プロトコルの変換が許可されていない
x.7.4 必要なセキュリティ化機能がサポートされていない
x.7.5 暗号の復号に必要なキーが存在しない、または誤っている
x.7.6 暗号の復号に必要なアルゴリズムがサポートされていない
x.7.7 メッセージの改変により、復号に失敗した
mautic is open source marketing automation
お役立ち情報はこちら メルマガ