PIPED BITS
用語集

HTTP (読み:エイチティーティーピー)

英語名
Hypertext Transfer Protocol

HTTPとは、Webサーバーとクライアント(Webブラウザ等)が通信する際のプロトコルである。

WebサーバーとクライアントはHyper Text(HTMLファイル)、画像、その他ドキュメントの情報をやり取りしている。Webサーバーとクライアントは相手との接続を確立し、その上でHTTPの「メッセージ」をやり取りすることによって通信を行なう。HTTPのメッセージにはクライアントから Webサーバへ送信される「要求」メッセージと、Webサーバからクライアントへ送信する「応答」メッセージの2種類がある。

WebブラウザのアドレスバーにURLを入力してからページが表示されるまで、WebブラウザとWebサーバーの間で行われているやり取りは以下の通りである。
 1.WebブラウザURLが指定される
 2.WebブラウザがWebサーバーに対してHTTP要求メッセージを送る
 3.Webサーバーが要求されたファイルを特定する
 4.WebサーバーがWebブラウザに対してHTTP応答メッセージを返す
 5.WebブラウザHTMLが表示される

元々HTTPとはHTMLファイル、画像、その他ドキュメントを Transfer(移動/転送)させるための非常に簡単なプロトコルである。そのため一つのページを表示するために、構成されているファイルの数だけこのやり取りがWebサーバー・Webブラウザ間で行われる。

なお、IETFによって、HTTP/1.0はRFC 1945として、HTTP/1.1はRFC 2616として規格化されている。

mautic is open source marketing automation
お役立ち情報はこちら メルマガ