PIPED BITS
用語集

QRコード (読み:キューアールコード)

英語名
Quick Response code

QRコードとは、日本で最も普及している二次元コードの一種である。
QRはQuick Responseに由来する。

株式会社デンソーウェーブ(開発当時は株式会社デンソーの一部門)が開発し、1994年に発表した。
なお、「QRコード」という名称は株式会社デンソーウェーブが登録商標してい る。

バーコードは、一方向だけに情報を持っているのに対し、QRコードは、縦、横二方向に情報を持つことで、記録できる情報量が飛躍的に増加している。
数字だけでなく英字や漢字のデータも格納できる。また、濃淡の判別が可能な色あいであ れば、白黒以外の色を付けた状態でも読み込む事が可能である。

具体的な用途としては、広告や地図などにおいてURLを記録したQRコードを印刷・表示し、携帯電話のQRコード読み取り機能を用いることで面倒なボタン操作なしで欲しい情報にア クセスするといった使い方が普及している。
また、個人データを格納したQRコードを名刺に印刷し、携帯電話機のアドレス帳登録を容易にすることも可能である。

mautic is open source marketing automation
お役立ち情報はこちら メルマガ