お知らせ記事
パイプドビッツからのお知らせ

「SPIRAL® ver.2」とプライバシーテック・スイート「webtru」が連携 ~ GDPRに対応した多言語フォームの構築が可能に ~

2021年1月25日

「SPIRAL® ver.2」とプライバシーテック・スイート「webtru」が連携
~ GDPRに対応した多言語フォームの構築が可能に ~

 株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、以下「パイプドビッツ」)は、ローコード開発プラットフォーム「SPIRAL® ver.2」と、株式会社DataSign(東京都港区、代表取締役 太田祐一、以下「DataSign」)が提供するプライバシーテック・スイート「webtru」との連携を、本日2021年1月25日より開始したことをお知らせいたします。
 本連携により、「SPIRAL® ver.2」でGDPRに対応した多言語フォームをローコードで構築し、問い合わせ内容とパーソナルデータの同意状態を一元管理できます。

背景と目的

 パイプドビッツが提供する「SPIRAL® ver.2(スパイラル バージョン2)」は、アプリとサイトを同一プラットフォームで構築・管理でき、グローバル案件にも対応可能な多言語機能を備えるローコード開発プラットフォームです。文字コードはUTF-8に対応しており、ページやフォーム、登録データ、メール文面などで世界各国の言語を利用できます。GDPRに基づいた個人情報保護のため、サイト訪問者のCookieをはじめとするパーソナルデータの取得には、透明性を確保し、同意に関する条件を遵守する必要があり、違反すると日本企業においても、厳しい罰則が科せられます。そこでパイプドビッツは、「SPIRAL® ver.2」を基盤にグローバル案件に対応する企業のGDPR対応の推進を目的に、DataSignが提供するプライバシーテック・スイート「webtru」との連携を開始します。

「webtru」について

 パーソナルデータ活用の透明性を確保し、サイト訪問者に対してコントローラビリティを提供する企業向けのプロダクトスイートです。特許技術により、サイト訪問者がパーソナルデータの共有先をコントロールするための同意管理ツールなどを自動生成することができます。Webサイトが通信する外部サービスの検出率は90%以上の実績を誇ります。サイト訪問者のアクセス元を自動判別し、GDPR適応地域からのアクセスに対しては、GDPR対応の初期設定で同意管理ツールを表示することも可能です。実装は簡単で、管理画面が出力する1行のJavaScriptコードをHTML内に記述するだけです。

連携によるメリット

(1) GDPRに対応した多言語フォームをローコードで開発

 「SPIRAL® ver.2」では、多言語に対応したランディングページやお問い合わせフォームなどをマウス操作で構築できます。あらかじめ用意された数行のコードを任意のページやフォームに追加するだけで、オプトイン式の同意管理ツールを設置でき、GDPRに対応できます。

(2) サイト訪問者ごとにパーソナルデータの同意状態を安全に管理

 APIで「webtru」と「SPIRAL® ver.2」を連携することで、本来はサイト訪問者のブラウザのローカルストレージに保存されるパーソナルデータの同意状態を堅牢な「SPIRAL® ver.2」で安全に保存、管理することが可能です。サイト管理者は、サイト訪問者ごとにパーソナルデータの同意状態を把握できるため、サイト訪問者から苦情やパーソナルデータに関する問い合わせがあった際に、「SPIRAL® ver.2」の管理画面から原因を究明でき、サイト訪問者への状況説明が可能になります。
 また、「SPIRAL® ver.2」で作成した多言語対応のお問い合わせフォームから登録された問い合わせ情報も同一プラットフォームで管理できるため、サイト訪問者のパーソナルデータの同意状態と問い合わせ情報を一元管理でき、煩雑化しやすいデータ管理業務の効率化が期待できます。

 今後もパイプドビッツは、高セキュリティなデータ利活用環境を追求し、お客様の業務効率化、開発生産性向上に寄与できる安全・安心な開発プラットフォームの提供に努めてまいります。

「SPIRAL® ver.2」とは

 Webサイトの作成から登録データの運用までワンストップでできる機能を揃えたローコード開発プラットフォームです。国際化対応はもちろんのこと、業務担当者様にもご利用いただける管理画面だけでなく、開発会社が必要とするウェブアプリやサイト運営に必要なコンポーネントが揃っているため、プログラミング知識がなくても、自社専用のウェブアプリケーションがマウス操作で手に入ります。
URL:https://spiral.pi-pe.co.jp/

株式会社DataSign 概要

会社名 株式会社DataSign
所在地 東京都港区南青山2-13-2 サンライズ青山203号
代表者 代表取締役 太田 祐一
事業内容 ・プライバシーテック・スイート「webtru」の開発
・PDS内蔵の情報銀行「paspit」の開発
・企業様向けのOEM版「paspit for X」の開発
Webサイト https://datasign.jp/

株式会社パイプドビッツ 概要

会社名 株式会社パイプドビッツ
所在地 東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル
代表者 代表取締役社長CEO 林 哲也
事業内容 情報資産プラットフォーム事業、SaaS事業、ソリューション事業
Webサイト https://www.pi-pe.co.jp/

報道関係者様お問い合わせ先

パイプドHD株式会社 https://www.pipedohd.com/
コーポレート・コミュニケーション部:久保、宮古
TEL:03-6744-8039 FAX:03-3585-0620
E-mail : pr@pipedohd.com

※「SPIRAL」は株式会社パイプドビッツの登録商標です。
※内容は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

CONTACT USお電話・フォームからお気軽に
お問い合わせください