NEWS ARTICLE お知らせ記事
パイプドビッツからのお知らせ

パイプドビッツ、住信SBIネット銀行の顧客向けターゲティング配信を「スパイラル®」で効率化~ EBMとAPI連携、業務効率が飛躍的に向上し月間100時間超の作業を削減 〜

2016年3月25日

パイプドビッツ、住信SBIネット銀行の顧客向けターゲティング配信を「スパイラル®」で効率化
~ EBMとAPI連携、業務効率が飛躍的に向上し月間100時間超の作業を削減 〜

 株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、東証1部パイプドHDグループ<証券コード3919>、以下「パイプドビッツ」)は、住信SBIネット銀行株式会社(東京都港区、代表取締役社長 円山法昭、以下「住信SBIネット銀行」)が、メールマーケティングの効率化のために「スパイラル®」とEBM(※1)システムを専用APIで連携したインタビュー記事を、本日2016年3月25日に公開しましたので、お知らせいたします。

導入事例【住信SBIネット銀行株式会社様】
住信SBIネット銀行株式会社様ロゴ・キャプチャ

※1)EBM(Event Based Marketing):マーケティングのプロセスにおいてWebやメール、SNSなどを活用したアクションを自動化する「マーケティング・オートメーション(MA)」の一種で、顧客の行動を分析することで、顧客に起きる重要イベントを予想し、適切な商品や情報、サービスを提供して収益化するマーケティング

事例概要

~ 導入の経緯・決め手・導入効果・今後の展開など ~

 三井住友信託銀行とSBIホールディングスを出資会社とするインターネット専業銀行である住信SBIネット銀行は、250万を超える口座数を誇り、保有する膨大な情報資産である顧客データを利活用し、お客様が望む情報をタイムリーに提供するために、EBMシステムを導入しました。2007年の設立当初から「スパイラル®」を顧客向けメールマーケティング基盤に採用しており、EEBMと「スパイラル®」を専用開発したAPIでシステム連携しマーケティング・オートメーション化することで、大幅な業務効率化を実現しました。

 開発した決め手は、月間80通から100通にものぼるメールを毎日セグメントして配信するにあたり、膨大な時間と手間が生じていたことでした。従来は基幹システムの顧客データを手作業でデータベースから抽出し、表計算ソフト等でリスト化するまで半日を要する場合があるなど、多岐に渡る顧客関連データベースの対象顧客が数百万件に達すると、基幹システムからのダウンロードに数十分、書き出しに1時間超かかることもあり、さらには、複雑な抽出条件のリスト作成には経験とスキルが求められ、比較的属人的な作業になってしまっていることも課題でした。
 「スパイラル®」で、住信SBIネット銀行のセキュリティポリシーに則り、このリスト作成業務を自動化できたことをはじめ、パイプドビッツの開発力や技術力、サポートを高くご評価いただきました。「スパイラル®」のPaaSならではのカスタマイズ性については、「カスタマイズさえすれば、できないことはないのではないかと思えるほど」と評されました。

 導入効果については、何より業務を大幅に省力化できたことを挙げ、システム連携を手動で対応した場合、月間108時間かかる試算だったことを明かし、システム連携により、リスト作成時間分がまるまる削減でき、かなりの工数削減の実感を得ているとお話しいただきました。
 併せて、配信先抽出作業に時間がかかりタイミングを逃すことがなくなり、きめ細やかなセグメント及びタイミングでの配信を実現したことや、最適化された内容を送るため顧客満足度を維持し、オプトアウト防止が期待できること、さらには、システム自動化することでヒューマンエラーを最小化し、専門知識がなくとも対応できる環境を整備できたことなども挙がりました。

 今後の展望については、配信結果データを活用しマーケティング精度を向上させることや、お客様の絞り込みやタイミングなどの精度を上げるためチューンナップについてお話しいただきました。

 導入事例インタビューページには、住信SBIネット銀行の業務内容やミッション、システム連携以前に抱えていた課題、開発の工夫点、配信導入効果やセグメント分けの具体例など、詳細なインタビュー記事がございますので、是非併せてご覧ください。

インタビューページ【住信SBIネット銀行株式会社様】
EBMシステムとスパイラル(R)の連携の概要

住信SBIネット銀行株式会社様 概要

法人名 住信SBIネット銀行株式会社
本社所在地 東京都港区六本木1丁目6番1号 泉ガーデンタワー18階
代表者 代表取締役会長 藤田万之葉、代表取締役社長 円山法昭
業務内容 インターネット専業銀行
Webサイト
株主構成 三井住友信託銀行 株式会社 50%
SBIホールディングス 株式会社 50%

「スパイラル®」とは

 「スパイラル®」は、官公庁、金融、サービス、教育機関など、幅広い業種・業態のお客様にご利用いただいている国内最大規模の情報資産プラットフォームです。販売促進やCRMにおける顧客情報から、給与明細のような従業員情報まで、皆様からお預かりする様々な重要情報資産を安全なプラットフォームで管理しています。
 なお、「スパイラル®」はお客様ごとにCO2排出量をお知らせする唯一のASP・PaaS(クラウド)サービスであり、CO2排出量の可視化等の取り組みを通して地球環境保全の啓発にも貢献してまいります。

報道関係者様お問い合わせ先

パイプドHD株式会社 https://www.pipedohd.com/
広報部:久保、立花
TEL:03-6744-8039 FAX:03-3585-0620

記載された社名や製品名は各社の商標または登録商標です。

mautic is open source marketing automation
お問い合わせ

お役立ち情報 見テ知ル お役立ち情報 見テ知ル

パイプドビッツ採用情報

TOP TOP

お電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さいお電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さい

0120-935-463 受付時間|平日9:00~18:000120-935-463 受付時間|平日9:00~18:00
お問い合わせ お問い合わせ
認証・制度
ISO/IEC 20000-1:2011/JIS Q 20000-1:2012(ITMS 51319)認証の登録範囲は、スパイラル事業関連部門及びスパイラルEC事業関連部門における顧客向けプラットフォームサービスの提供をサポートするITサービスマネジメントシステムです。
パイプドビッツのマネジメントシステム
個人情報保護方針

プライバシーマーク ANAB SMP ANAB ASPSaaS IaaSPaaS