NEWS ARTICLE お知らせ記事
パイプドビッツからのお知らせ

東京ドーム約18個分の森林と同等のCO2排出量削減効果を実現~「スパイラル®」のカーボンニュートラル化を実施~

2010年4月21日

東京ドーム約18個分の森林と同等のCO2排出量削減効果を実現~「スパイラル®」のカーボンニュートラル化を実施~

 株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区 代表取締役社長兼CEO:佐谷宣昭 証券コード3831)は、2010年4月15日に、情報資産管理ASP・SaaS「スパイラル®」を構成するコンピュータと通信機器が2009年中に排出したCO2の全てをオフセットするカーボンニュートラル化を実施致しました。

 今回のオフセットにより、スパイラル®を利用している全てのユーザーは中国遼寧省の風力発電プロジェクトによるCO2削減活動に参加したこととなり、京都議定書における日本の達成目標値(90年比マイナス6%)に直接カウントされます。

 なお、パイプドビッツは、ユーザーが自社サーバー運用からスパイラル®の利用に切替えることによって93%のCO2排出削減効果が得られることを発表しています(2008年12月発表)。※1
この効果によれば、スパイラル®は、全てのユーザーの1年間の事業活動から排出されるCO2を約643トンから約45トンにまで削減する効果を生み出したことになります。今回削減された約598トンのCO2は、約77ヘクタールの80年生スギ人工林が1年間に吸収する量に相当します。

※1 スパイラル®のCO2排出量削減の効果について
パイプドビッツは、ユーザーが自社サーバー運用からスパイラル(R)の利用に切替えることによって、CO2排出量93%の削減効果があることを2008年12月に確認しました。詳細につきましては、下記Webサイトをご参照下さい。

http://www.pi-pe.co.jp/news/backnumber/20081212_02.html

背景

 インターネットを流れるデータ量が2025年には約200倍(2006年比)に達すると言われる中(経済産業省調べ)、ITサービス提供企業による温室効果ガスの削減活動は重要です。パイプドビッツはIT業界をリードする自社の責任として、継続的な設備・ソフトウェアの改善と、CO2排出量の可視化による顧客への意識付けを行うことで、2020年までに温室効果ガスの排出量を25%削減(1990年比)するという日本の中期目標に貢献致します。

株式会社パイプドビッツ代表取締役社長兼CEO 佐谷宣昭:
「クラウド型サービスが地球環境保全に貢献できる余地は大きいと考えています。パイプドビッツは、今回のカーボンニュートラル化にとどまらず、ユーザーがスパイラル®を利用することで生じたCO2排出量の可視化や、スパイラル®の活用シーンに応じたCO2排出量削減モデルの設計などの活動により、スパイラル®の利用による温室効果ガス削減を推進します。また、開発効率優先のソフトウェア開発現場の現状から脱却し、ソフトウェアの処理効率の最大化に向けての活動を通じて、地球環境に優しいサービス像を追求して参ります。」

カーボンオフセットとは

 カーボンオフセットとは、企業や個人の活動からやむをえず発生されてしまうCO2排出量を、別の場所で行われた再生可能エネルギープロジェクトなどによる削減量で埋め合わせることで、地球温暖化防止に貢献するという考え方です。
今回パイプドビッツは、カーボン・オフセット・プロバイダーであるジーコンシャス株式会社を通じて、スパイラル®が構成するコンピュータと通信機器が2009年1月から12月までに排出した45トン分のCO2排出権を取得し、日本政府に届け出ました。

オフセット内容

(1)オフセット量
45ton-CO2
(2)適用期間
2009年1月〜2009年12月
(3)適用年月日
2010年4月15日
(4)CO2算定根拠
・スパイラル®を構成するコンピュータ及び通信機器を対象機器として特定
・対象機器が設置された電力系統の電流を測定
・対象機器の定格電力と電流の実測値から稼働率を推計
・対象機器の定格電力と稼働率から消費電力量を推計
・消費電力量と電気事業者の平成20年度の電気事業者別実排出係数(調整後)からCO2排出量を算定
(5)引当クレジット
 
・クレジット種別
発行済京都クレジット/CER
・プロジェクト名
中国・遼寧省・彰武/26.5MW 風力発電プロジェクト
Liaoning Zhangwu 24. 65MW Wind Farm Project
・プロジェクト参照番号
0539
・プロジェクト詳細情報
http://cdm.unfccc.int/Projects/DB/DNV-CUK1154525743.09 
・クレジット識別番号
CN-000-000-001-273-001 CN-000-000-001-273-045

スパイラル®とは

 スパイラル®は、2010年2月末現在、官公庁、金融、サービス、教育機関など、幅広い業種・業態の1,702のお客様にご利用いただいている国内最大規模の情報資産管理プラットフォームです。
販売促進やIRにおける顧客情報から、給与明細のような従業員情報まで、企業が保有する様々な種類の重要情報資産をデータベース化して安全に管理するためのプラットフォームをインターネット経由(ASP・SaaS形式)で提供しています。


以上

株式会社パイプドビッツ
広報・事業戦略室 白澤・三枝
受付時間:平日10:00~18:00(12/28~1/3を除く)
TEL:03-5771-6931

mautic is open source marketing automation
お問い合わせ

お役立ち情報 見テ知ル お役立ち情報 見テ知ル

TOP TOP

お電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さいお電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さい

0120-935-463 受付時間|平日9:00~18:000120-935-463 受付時間|平日9:00~18:00
お問い合わせ お問い合わせ
認証・制度
ISO/IEC 20000-1:2011/JIS Q 20000-1:2012(ITMS 51319)認証の登録範囲は、スパイラル事業関連部門及びスパイラルEC事業関連部門における顧客向けプラットフォームサービスの提供をサポートするITサービスマネジメントシステムです。
パイプドビッツのマネジメントシステム
個人情報保護方針

プライバシーマーク ANAB SMP ANAB ASPSaaS IaaSPaaS