NEWS ARTICLE お知らせ記事
パイプドビッツからのお知らせ

パイプドビッツの地域密着型SNS「I LOVE 下北沢」、「下北沢カレーフェスティバル2015」で訪日観光客に対応~ スマホアプリとカレーMAPを多言語化 ~

2015年10月8日

パイプドビッツの地域密着型SNS「I LOVE 下北沢」、「下北沢カレーフェスティバル2015」で訪日観光客に対応
~ スマホアプリとカレーMAPを多言語化 ~

 株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 佐谷宣昭、東証1部パイプドHDグループ<証券コード3919>、以下「パイプドビッツ」)が運営する、地域密着型SNS「I LOVE 下北沢」は、いよいよ明日2015年10月9日から始まる「下北沢カレーフェスティバル2015(以下「カレーフェス」)」において、訪日観光客を対象としたイベント案内に取り組みますので、お知らせいたします。

iTunes App Store「I LOVE 下北沢アプリ」Ver.2.0.1
https://itunes.apple.com/us/app/i-love-xia-bei-zeapuri./id923453536?ls=1&mt=8
Google Play「I LOVE 下北沢アプリ」Ver. 2.0.1
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.love_shimokitazawa.customer
カレーフェスティバル:アプリの英語対応

1.「カレーフェス」における訪日観光客対応について

(1)背景

 昨秋、米ファッション誌VOGUEの「世界で最もクールな近隣15選」にて、トップ選出かつ日本で唯一「下北沢」が紹介されたほか、日本の観光地を紹介する「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン(改訂第3版、2013年)」での1つ星獲得、2015年2月の仏アシェット社観光ガイドブック「ギド・ブルー」での3つ星獲得など、下北沢は、異国情緒に溢れ、ニッチな日本文化が残るクールジャパンを体現する街であると、とりわけ審美眼や旅行先へのこだわりを持つ訪日観光客から熱い視線を集めています。
 下北沢は世界的に見ても類を見ない程に、狭いエリアに演劇や音楽の施設が密集し、かつニッチで1点モノの雑貨等を扱う個店がひしめき、素の日本に興味がある訪日観光客に印象深い体験を提供できるポテンシャルがあります。
 しかしながら、入り組んだ路地や隠れ家のような店舗がひしめき、個性的で多彩な文化が同居する下北沢の奥深い魅力は、日本人であってもビギナーは戸惑いやすく、ましてや訪日観光客にとっては下北沢を満喫するハードルは高いのではないかと推測されます。
 そこで、カレーフェスを共催する「I LOVE 下北沢」は、訪日外国人観光客にも、今や国民食とも呼ばれるカレーを下北沢の街ごと楽しんでいただくために、外国語対応を進めてまいります。

(2)概要
1)下北沢駅北口の案内所に英語を話せるスタッフを配置
 イベント期間中、下北沢北口のカレーフェス案内所に、英語を話せる案内スタッフを配置し、訪れた外国人観光客がスムーズにカレーフェスを楽しめるようご案内します。
2)5言語カレーマップを配布
 参加店舗情報が料理写真とともにマッピングされ、過去のカレーフェスにおいても高くご評価いただいた「カレーマップ」の英語版/韓国語版/繁体字版/簡体字版を作成し、日本語とあわせて5言語のラインアップにて案内所で無償配布します。
 なお、英会話カフェバー「LanCul」や、あずま通り商店街のダイニングバー「NEVER NEVER LAND」、インド料理店「モエツカリー」など、英語対応可能な店舗を中心に一部参加店舗でも配布する予定です。
 また、イベント公式サイトも、一部、英語/韓国語/繁体字/簡体字でもご案内します。
カレーフェス カレーマップ
【英語】
http://love-shimokitazawa.jp/curry2015/english.pdf
【韓国語】
http://love-shimokitazawa.jp/curry2015/korean.pdf
【繁体字】
http://love-shimokitazawa.jp/curry2015/hantai.pdf
【簡体字】
http://love-shimokitazawa.jp/curry2015/kantai.pdf
3)スマホアプリ「I LOVE 下北沢アプリ」の英語対応
 下北沢の魅力が詰まったAndroid/iPhone対応 地域密着型スマートフォンアプリ「I LOVE 下北沢アプリ」を本日2015年10月8日にver.2.0.1へとバージョンアップし英語対応しました。端末の言語設定が英語の場合、自動で英語表記に切り替わります。
 なお、カレーフェスでカレーを食べて「I LOVE 下北沢アプリ」にスタンプを集めるデジタルスタンプラリーでは、集めたスタンプ数に応じて、カレーフェスティバルオリジナルグッズやカレー関連グッズをプレゼントします。カレーマップでは、5言語ともスタンプラリー賞品や「I LOVE 下北沢アプリ」の使い方をご紹介しています。

2.「下北沢カレーフェスティバル2015」について

 「下北沢カレーフェスティバル2015」に関するプレスリリース(下記URL)をご参照ください。

プレスリリース:パイプドビッツの地域密着型SNS「I LOVE 下北沢」と下北沢東会(あずま通り商店街)、「下北沢カレーフェスティバル2015」を開催 ~秋の下北沢街ぐるみグルメイベント、4年目は128店舗参加~(2015年9月15日発表)

3.「I LOVE 下北沢」とは

 「I LOVE 下北沢」は、下北沢を愛している!盛り上げたい!好きだ!と言う人達を繋ぐ、地域密着型SNSです。下北沢の店舗情報や、街コンやカレーフェスティバル等イベント情報が満載です。

「I LOVE 下北沢」に関するお問合せ先

株式会社パイプドビッツ
カンパニー本部 下北沢事業部 担当:西山、阿部
受付時間:平日10:00~18:00(12/28~1/3を除く)
TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677

お問い合わせフォーム(「I LOVE 下北沢」Webサイト)

株式会社パイプドビッツ
経営企画室 広報担当 立花
受付時間:平日10:00~18:00
TEL:03-5575-6601

記載された社名や製品名は各社の商標または登録商標です。

mautic is open source marketing automation
お問い合わせ

お役立ち情報 見テ知ル お役立ち情報 見テ知ル

パイプドビッツ採用情報

TOP TOP

お電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さいお電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さい

0120-935-463 受付時間|平日9:00~18:000120-935-463 受付時間|平日9:00~18:00
お問い合わせ お問い合わせ
認証・制度
ISO/IEC 20000-1:2011/JIS Q 20000-1:2012(ITMS 51319)認証の登録範囲は、スパイラル事業関連部門及びスパイラルEC事業関連部門における顧客向けプラットフォームサービスの提供をサポートするITサービスマネジメントシステムです。
パイプドビッツのマネジメントシステム
個人情報保護方針

プライバシーマーク ANAB SMP ANAB ASPSaaS IaaSPaaS