お知らせ記事
パイプドビッツからのお知らせ

政治山、「『民泊』に関する有権者意識調査-認知度と導入への課題-」を公開

2015年12月17日

政治山、「『民泊』に関する有権者意識調査-認知度と導入への課題-」を公開

 株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、東証1部パイプドHDグループ<証券コード3919>、以下「パイプドビッツ」)が運営する、政治・選挙情報サイト「政治山(せいじやま)」は、2015年12月4日から12月7日にかけて、全国の20歳以上の男女を対象に、民泊に関する意識調査を実施し2,211名から回答を得ました。本日12月17日に「政治山」で調査結果のサマリー版を公開しましたので、お知らせいたします。

第34回政治山調査「『民泊』に関する意識調査-認知度と導入への課題」
http://seijiyama.jp/research/investigation/inv_34.html

1.調査ハイライト:空き物件の活用と宿泊施設不足の解消に期待

<グラフ>民泊の導入には、主にどのようなメリットがあると思いますか?

 民泊導入のメリットを問うと(3つまで選択可)、最多は「空き家・空き部屋の活用」40.2%、続いて「宿泊施設不足の解消」33.6%、「ホストの収入増」24.2%、「ゲストの負担減」22.5%、「ゲストとの文化交流の促進」20.6%となりました。

2.調査ハイライト:高いリピート率、利用を通じて懸念の解消も

 民泊利用者は男女ともに20代が最も多く、民泊の利用に最も消極的だったのは50代以上の女性という結果になりました。また、民泊利用者を利用したことのない人と比較すると、利用者は「ゲストとの文化交流の促進」や「資産価値の向上」をメリットに挙げた割合が多いほか、トラブルをデメリットに挙げた割合に減少傾向がみられました。なお、「また利用したい」と回答した利用者は8割超にのぼりました。

3.会員限定詳細レポート

 政治山会員限定で、本調査の詳細版を提供しています。レポートは、性別や年代、地域などの属性ごとに、各設問をクロス集計した分析と考察をしています。政治山会員未登録の方は、ぜひこの機会にご登録ください。

議員向け会員登録のススメ
http://seijiyama.jp/member/lp201503/
会員ページログイン
https://seijiyama.jp/Login/
ご参考:直近のレポート
・「改正労働者派遣法と働き方」に関する意識調査~認知と関心、ワークライフバランスとは~
・「監視カメラとプライバシー」に関する意識調査~設置目的と保存期間の許容範囲
・「デモと政治参加」に関する意識調査~参加者の意識と行動の評価~
・「ふるさと納税」に関する意識調査~利用者の属性と納税意識の変化~

4.調査概要

対象者 全国の20歳以上の男女
回答者数 n=2,211
調査期間 2015年12月4日~12月7日
設問内容
【全体集計結果】

・対象者属性(性別・年齢・都道府県・職業・未既婚・子供の有無・住居形態・個人年収・世帯年収)

Q1:民泊について、あなたはどのくらい知っていますか?
 <選択肢>知っていて利用したこともある/知っている/どちらかというと知っている/どちらともいえない/どちらかというと知らない/知らない
Q2:民泊について、あなたはどのように思いますか?
 <選択肢>賛成/どちらかというと賛成/どちらともいえない/どちらかというと反対/反対
Q3:民泊の導入には、主にどのようなメリットがあると思いますか?
 <選択肢>空き家・空き部屋の活用/宿泊施設不足の解消/貸す人(ホスト)の収入増/借りる人(ゲスト)の負担減/ゲストとの文化交流の促進/観光客の増加による活性化/グレーゾーンの合法化/資産価値の向上/その他/分からない・特にない
Q4:民泊の導入には、主にどのようなデメリットがあると思いますか?
 <選択肢>トラブル増加による治安悪化/ゲストと地域住民のトラブル/ホストとゲストのトラブル/施設やゲストの安全・衛生管理/目的外・ゲスト以外の利用/グレーゾーンの合法化/宿泊施設の稼働率が下がる/資産価値の下落/その他/分からない・特にない
Q5:民泊が利用可能となった場合、あなたは利用したいと思いますか?
<選択肢>ホストとして利用したい/ゲストとして利用したい/どちらでも利用したい/どちらでも利用したくない/その他
▼以下、民泊に賛成(どちらかというと賛成)の人を対象とした設問
  • Q6:あなたがそう考える理由を教えてください。(自由記述)
  • Q7:ゲストとして民泊を利用する際、何を重視して宿泊先を決めますか?(複数選択)
  • Q8:ゲストとして民泊を利用する際、主にどの情報を参考にして宿泊先を決めますか?(複数選択)
  • Q9:民泊には否定的な意見も少なくありませんが、どのようにすれば利用が広がると思いますか?(自由記述)
  • Q10:(利用したことがある人)民泊を利用して良かった点、悪かった点など感想をお聞かせください。(自由記述)
【クロス分析結果】
  • ・「性別/年代」、「職業」、「住居形態」、「個人年収」と、Q1~Q5との関連性
  • ・Q1の回答結果と、Q2~Q5との関連性
調査手法 インターネット調査(政治山リサーチ)
実施機関 株式会社パイプドビッツ

5.政治・選挙情報サイト「政治山」とは

 政治山は、政治行政の情報を収集し、市民が判断できる状態に整理して公開することで政治参加の格差を縮めることを目指して、2011年3月に誕生した政治・選挙情報サイトです。また、来たるべきネット投票の実現にむけて、政治活動と選挙活動におけるネット活用の普及に努めています。

「政治山」に関するお問合せ先

株式会社パイプドビッツ
政治山カンパニー 担当:市ノ澤、緑川
受付時間:平日10:00~18:00(12/28~1/3を除く)
TEL:03-5549-1740

報道関係者様お問い合わせ先

パイプドHD株式会社 https://www.pipedohd.com/
広報部:久保、立花
TEL:03-6744-8039 FAX:03-3585-0620

記載された社名や製品名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ
お問い合わせ

TOP TOP

お電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さいお電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さい

0120-935-463 受付時間|平日9:00~18:000120-935-463 受付時間|平日9:00~18:00
お問い合わせ お問い合わせ 無料トライアルにお申し込み 無料トライアルにお申し込み

一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は、03-5575-6601におかけください。(通話料金がかかります。)

認証・制度
パイプドビッツのマネジメントシステム
個人情報保護方針

プライバシーマーク ANAB SMP ANAB ASPSaaS IaaSPaaS