NEWS ARTICLE お知らせ記事
パイプドビッツからのお知らせ

パイプドビッツら7団体で構成する「松山 健康・観光街づくり事業コンソーシアム」、総務省「ICT街づくり推進事業」の委託先候補に選定~ 健康、観光、防減災にICTを活用する「スマイル松山プロジェクト」を推進 ~

2013年6月21日

パイプドビッツら7団体で構成する「松山 健康・観光街づくり事業コンソーシアム」、総務省「ICT街づくり推進事業」の委託先候補に選定
~ 健康、観光、防減災にICTを活用する「スマイル松山プロジェクト」を推進 ~

 株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:佐谷宣昭、証券コード3831、以下「当社」)は、松山市(愛媛県松山市、市長:野志克仁)を代表提案団体として、当社、株式会社電通西日本 松山支社(支社:愛媛県松山市、支社長:菊池三春)、株式会社愛媛新聞社(本社:愛媛県松山市、代表取締役社長:土居英雄)、株式会社大栄電機工業(本社:愛媛県松山市、代表取締役社長:大野栄一 )、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長:石井直)、イー・ビー・ヘルスケア株式会社(東京事業所:東京都港区、代表取締役:泉博史)で構成する「松山 健康・観光街づくり事業コンソーシアム」が、国立大学法人愛媛大学(愛媛県松山市、学長:柳澤康信)、公益財団法人松山市文化・スポーツ振興財団(愛媛県松山市、理事長:中山紘治郎)とともに提案した「スマイル松山プロジェクト」が、平成24年度総務省補正予算「ICT街づくり推進事業」の委託先候補に選定されましたので、お知らせいたします。

1.平成24年度総務省補正予算「ICT街づくり推進事業」について

 災害に強い街づくり、地域が複合的に抱える諸課題の解決、経済の活性化・雇用の創出、国際社会への貢献・国際競争力の強化等を可能とする「ICTスマートタウン(※)」の早期実現を図るため、センサーやクラウド等の最先端のICTを活用した新たな街づくりに関する実証プロジェクトを総務省の委託事業として実施するものです。
 公募期間(2013年3月14日~4月12日)に75件の提案があり、ICTスマートタウンプロジェクト会議における評価結果を踏まえ、当プロジェクトを含む21件の委託先候補が2013年6月7日に決定しました。

※「ICTスマートタウン」とは、「ICTを活用した街づくりとグローバル展開に関する懇談会」報告書において、ICTを活用した新たな街づくりの目指すべき姿として示されたもの。

2.松山 健康・観光街づくり「スマイル松山プロジェクト」について

(1)背景

 松山市は、四国唯一の50万人都市として地域経済の中心を担うとともに、年に520万人以上が訪れる全国で9つしかない「国際観光文化都市」としての顔を持っており、住民が住みよい街づくりと、観光客にとって魅力ある街づくりを同時に進めていく必要があります。

(2)概要

 「スマイル松山プロジェクト」は、松山市を中心とした「松山 健康・観光街づくり事業コンソーシアム」や愛媛大学など、産学官によるICTを活用した新たな街づくりを検証する地域実証プロジェクトです。 松山が、活力ある街であり続けるために不可欠な、住民課題(=健康づくり)、観光課題(回遊率・滞在率の向上)の解決を目指し、1)健康ICT事業(個人の健康状態の把握、一人ひとりに合わせた健康アドバイスや指導、街歩きサポート)、2)観光ICT事業(観光情報表示、街歩きルート表示、消費カロリー表示、俳句作成・投句・優秀作表示機能、観光者基礎情報の収集)、3)防災ICT(平時:街歩き、観光地図表示、避難所表示、緊急時:避難支援、安否確認)事業を実施します。
 ICTと街歩きによって、健康な住民、松山をより深く理解・関与する観光を実現し、住民も観光客も安全に避難支援、安否確認できる仕組みの確立を通して、市の掲げる将来都市像「人が集い笑顔広がる幸せ実感都市 まつやま」の実現を目指します。

(3)プロジェクト概略図
プロジェクト概略図

参考資料

松山市報道資料:平成24年度総務省補正予算「ICT街づくり推進事業」に係る委託先候補に松山市が代表提案団体となる産学官のコンソーシアムが選ばれました(2013年6月14日発表)
http://www.city.matsuyama.ehime.jp/hodo/201306/20130614.html
総務省報道資料:平成24年度補正予算「ICT街づくり推進事業」に係る委託先候補の決定(2013年6月7日発表)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin01_02000099.html
総務省報道資料:平成24年度補正予算 ICT街づくり推進事業に係る提案の公募(2013年3月14日発表)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin01_02000085.html

本件に関するお問い合わせ先

株式会社パイプドビッツ
オープンデータ推進事業部 営業部:出口
TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677

株式会社パイプドビッツ
社長室 広報担当 立花
受付時間:平日10:00~18:00
TEL:03-5575-6601

※記載された社名や製品名は各社の登録商標または標章です。

mautic is open source marketing automation
お問い合わせ

お役立ち情報 見テ知ル お役立ち情報 見テ知ル

パイプドビッツ採用情報

TOP TOP

お電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さいお電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さい

0120-935-463 受付時間|平日9:00~18:000120-935-463 受付時間|平日9:00~18:00
お問い合わせ お問い合わせ
認証・制度
ISO/IEC 20000-1:2011/JIS Q 20000-1:2012(ITMS 51319)認証の登録範囲は、スパイラル事業関連部門及びスパイラルEC事業関連部門における顧客向けプラットフォームサービスの提供をサポートするITサービスマネジメントシステムです。
パイプドビッツのマネジメントシステム
個人情報保護方針

プライバシーマーク ANAB SMP ANAB ASPSaaS IaaSPaaS