標的型メール攻撃の被害総数3,828件、想定被害額1億円超!<br>「標的型メール攻撃対応訓練サービス」</span>で万が一の対策を!

「情報資産の銀行」を理念に掲げ、S/MIME、DKIM など、高度なメールセキュリティを業界に先駆けて採用してきたパイプドビッツが、独自のノウハウを活かした、標的型メール攻撃への対応訓練サービスを開発。模擬訓練やアンケート分析による従業員のセキュリティ意識の改善で、標的型メール攻撃被害の予防対策を進めましょう。

※ 警察庁発表、平成27年標的型メール攻撃の件数

省庁・公的機関も採用 実践的で安全な対応訓練

実際のメール攻撃による実践的な対応訓練

従業員が実際に標的型メール攻撃を体験し、攻撃の手口や起こりうる被害、対処方法を認識することでセキュリティ意識が向上。攻撃の起点となる従業員パソコンのウイルス感染リスクを軽減できます。

訓練結果レポートで組織のセキュリティリスクを把握・改善

訓練後、従業員の情報セキュリティ理解度について、訓練結果(行動)とアンケート回答(意識)の両面から分析した訓練結果レポートを提出。組織の情報セキュリティ改善にお役立ていだだけます。

省庁・公的機関も採用 「SPIRAL®」で万全のセキュリティ

訓練システムに、情報資産管理プラットフォーム「スパイラル®」を利用することで、訓練対象者情報・訓練記録・アンケート結果等を安全に管理。
宮内庁様、産業技術総合研究所様など、セキュリティを重視する省庁・公的機関様に採用いただいています。

「標的型メール攻撃対応訓練サービス」基本プラン

価格100万円
対象人数~ 1,000名
メール送信1回
訓練後アンケート有り
訓練メール仕様URL 型もしくはMS-Wordによる添付ファイル
本文当社ひな形を提供。お客様にて編集も可能

お勧めプラン

より効果的な訓練とするためには、複数回の訓練の実施をお勧めします。アンケートの分析と合わせて、従業員への電子メールへの対処方法に関するセキュリティ意識の対応状況を、より正確に把握することができます。

サービス提供標準価格(1,000 名を対象に提供する場合):120 万円(税抜)

訓練実施の流れ

短期間でのサービス提供も可能

豊富な訓練オプションで 柔軟なカスタマイズ

お客様のご要望に合わせたオプションメニューを、多数ご用意しています。
複数回訓練の実施や部門による送り分けなど、多様な訓練方法に対応し、柔軟にカスタマイズすることができます。

※ お客様の電子メール環境等によっては、ご希望に沿えない場合があります。

オプション 料金 内容
添付ファイル種類追加 30万円~ ファイルタイプ、各種偽装への対応等
訓練対象者の追加(1,000名あたり) 20万円 合計メールアドレス数に応じて
ドメイン設定 10万円 メール送信元やURLリンク先として、ご希望のドメインを設定
メールの送り分け対応 20万円 部門ごとへの送信や複数回送信等
メール本文新規作成 10万円 ご要望に応じて、メール本文を作成
開封時コンテンツ新規作成 15万円〜 開封時のコンテンツを作成
解説ドキュメント新規作成 15万円〜 解説ドキュメントを作成
アンケート設問変更 15万円〜 アンケートの設問を変更
解説メール送信 15万円〜 解説メールを送信
再教育メール送信 20万円 開封者に対して、警告メールを送信
その他 応相談 やり取り型攻撃訓練、報告会の実施など

セミナー一覧

現在開催予定のセミナーはありません。