COMPANY INFO 企業情報

商標、ロゴ等の二次利用申請

当社保有の商標またはロゴデータの二次利用の申請を本フォームで承っております。
なお、個人の方からの利用申請は受け付けておりませんので、予めご了承ください。

Webからのお問い合わせ

お手数ですが、以下の必要事項を該当のフォームにご記入の上、「確認ページへ進む」ボタンを押してください。

申請者情報

会社名・組織名必須
部署名任意
氏名必須
 
E-mailアドレス必須
電話番号必須 - -

二次利用 申請内容

当社が保有する商標、ロゴの一覧をご確認の上、選択してください。

パイプドビッツ 商標、ロゴ一覧(新しいウィンドウに開きます)

使用を希望する商標必須 商標登録のある名称で使用したいものを選択してください。
なお、商標のない名称(SDPなど)のロゴデータのみ使用希望の場合は、「商標のない名称」を選択してください。
使用を希望するロゴデータ必須 ロゴデータが必要ない場合は、「ロゴデータの使用希望なし」を選択してください。
掲載媒体必須 商標またはロゴを掲載する媒体を選択してください。
掲載先詳細必須 掲載先のURLや資料の概要を記載してください。
資料任意 対象となるプレゼン資料、Webページなどのキャプチャがある場合は、添付してください。
複数ある場合は、zip形式で圧縮した上で添付してください。
その他連絡事項・補足任意

個人情報に関する内容

株式会社パイプドビッツ(以下、「当社」という)は、情報資産プラットフォーム事業者として個人情報保護の重要性を認識し、個人情報保護の方針を定めるとともに、スタッフ一体となり個人情報の適切な保護に努めます。

1 個人情報の収集目的について
当社は、ご提出頂く個人情報を以下の目的で利用いたします。
(1)当社の管理する商標、ロゴ等の二次利用申請に関する審査および審査結果の通達
(2)審査後の利用に関する各種連絡
その他の目的では使用致しません。
2 個人情報の管理について
ご提出頂く個人情報は、当社にて正確な状態に保ち、不正アクセス、紛失・破壊・改ざんおよび漏洩等を防止するための措置を講じます。
また、EEA(欧州経済領域)域内所在者の個人データを日本を含む域外へ移転する場合、当社は、EU一般データ保護規則(以下、「GDPR」という)に準拠した適切な保護措置を講じます。
3 個人情報の第三者提供について
ご提出いただく個人情報を、貴方の同意なく第三者に提供することはございません。但し、法令に基づく場合や、人の生命、身体、又は財産の保護のために必要がある場合であって本人の同意を得ることが困難であるときは、やむを得ず提供する場合がございます。
4 個人情報の外部委託について
利用目的の範囲内でご提出いただく個人情報の取扱いを一部、または全部を委託する場合、十分な個人情報の保護水準を満たしている者を選定する基準を確立、選定し、管理監督いたします。
5 個人情報の保存期間について
当社は、貴方の同意を得た収集目的に必要な期間に限り貴方の個人情報を保存します。
6 個人情報の開示等について
ご提出頂く個人情報について、貴方は利用目的の通知、内容の開示、訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止(以下「開示等」といいます。)を請求することができます。貴方ご自身の個人情報の開示等を請求される場合は、後述の消費者相談・苦情窓口にご連絡をお願いいたします。なお、本手続きにあたり、貴方がご本人であることを確認させて頂きますことをご了承下さい。
7 個人情報の処理に関する権利について
ご提出頂く個人情報について、開示等の権利に加えて、貴方は以下の権利を有します。
(1)取扱いの制限を要求する権利
(2)データポータビリティの権利
(3)異議を唱える権利
(4)同意を撤回する権利
(5)GDPRの監督機関に不服を申し立てる権利
8 個人情報提出の任意性及び当該情報を与えなかった場合に本人に生じる結果
当社は、当社が管理する商標、ロゴ等の二次利用申請の対応を行うにあたり、貴方の同意を得た場合に限り貴方の個人情報の収集を行います。但し、貴方の同意が頂けない場合は、当社が管理する商標、ロゴ等の二次利用申請への回答ができないことをご了承下さい。
9 個人情報に対する自動化された意思決定について
当社は、ご提出頂く個人情報について、プロファイリングを含む自動化された重大な影響をもたらす意思決定を行いません。
10 当社Web サイトでのクッキーの使用について
当社Webサイトでは、利便性の向上やページ閲覧動向の調査、ログイン状態の確認等のため、クッキーを利用することがあります。クッキーとは、WebサーバーがWebサイトにアクセスしたブラウザ(サイト閲覧ソフト)に対して送信するデータ及びその技術のことです。クッキーを利用することで、表示内容の最適化やサイトの改善、ログイン状態の維持等のサイト閲覧の利便性向上を目的としています。
お客様がブラウザの設定でクッキーの送受信を許可している場合、当社はお客様のコンピュータに保存されたクッキーを取得し、収集したページ閲覧動向と個人情報を紐付ける場合があります。 お客様はブラウザの設定によりクッキーの送受信に関する設定を「クッキーを拒否する」などから選択することでクッキーの送受信を拒否することができます。また、コンピュータに保存されたクッキーをいつでも削除することができます。なお、クッキーを拒否する設定の選択もしくは削除した場合は、当社の提供する一部サービスや機能が正常に動作しない場合がございます。
11 個人情報の取り扱いに関する消費者相談・苦情窓口
当社の個人情報の取り扱いについてのご意見・ご相談を受け付ける窓口として、消費者相談・苦情受付窓口を設置いたします。ご意見・ご相談等ございましたら、個人情報の取り扱い責任者である個人情報保護管理者宛もしくはデータ保護責任者宛にお問い合わせ下さい。
個人情報取扱事業者 株式会社パイプドビッツ
東京都港区赤坂 2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル
代表者 代表取締役社長 CEO 林 哲也
個人情報に関する消費者相談・苦情受付窓口 個人情報保護管理者
GDPR適用対象個人データに関するお問い合わせ窓口 データ保護責任者(DPO)
受付時間 平日10:00〜18:00(12/28〜1/3を除く)
TEL 03-5575-6601
E-mail メール

商標およびロゴ等使用ガイドライン

株式会社パイプドビッツ(以下、「当社」といいます)は、「明日の豊かな情報生活に貢献する」という経営理念を掲げ、この実現のために「情報資産の銀行」という事業コンセプトのもと、情報資産プラットフォームを中心とした製品、サービスを提供しています。そのため当社では、「スパイラル」をはじめとする当社の各商標およびロゴ等(ロゴ、イラスト、アイコン素材等、以下「ロゴ等」といいます。)を、安全で安心して情報を預けられるサービスの品質保証を表す重要な知的財産として位置付け、管理・保護しています、
 当社の商標やロゴ等を使用することで、皆様のビジネスに貢献できることは大変喜ばしいことではございますが、使用される皆様には、上記の考え方をご理解いただき、商標やロゴ等の適切な使用にご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

1.使用できる商標およびロゴ等について
 二次利用が可能な当社の商標およびロゴ等は、別表「当社の管理する商標およびロゴ等一覧」に定めるとおりとします。
2.二次利用の許諾について
 当社の持つ商標およびロゴ等を二次利用することをご希望の場合は、本ガイドラインをご理解いただいたうえで、「二次利用申請フォーム」から二次利用許諾申請を行ってください。 当社は受け付けた申請に対して内容および本ガイドラインの遵守状況を確認の上、使用許諾可否をご連絡します。使用先や目的等の申請内容が追加や変更になる場合は、再申請をお願いします。 本ガイドラインは、予告なく改定される場合がありますが、その場合は最新のものを遵守いただくようお願いします。
3.商標およびロゴ等の表示について
 当社の商標およびロゴ等をご使用の際は、以下のガイドラインに従ってください。ロゴ等の著作権は当社に帰属します。
  • (1)当社の商標およびロゴ等を表記する際は、掲載媒体の種類を問わず、文脈的に代表される位置に現れる商標に「®」のシンボルを付けてください。
  • (2)当社の商標およびロゴ等を表記するWebページには、当社の最も関連するWebページへのURLリンクを設定してください。
  • (3)当社の商標を正確に記載してください。無断で縮小、略記、他の文字との組み合わせといった変形を行わないでください。
  • (4)商標と他の語との間は空白文字で区切って表記してください。
  • (5)当社のロゴは指定された形態、配色、縦横比で表記してください。媒体による制限や、表現上の要請がある場合は、モノクロ表示でも使用できます。
  • (6)識別性を確保できる背景上にロゴを配置してください。
  • (7)ロゴを構成する要素の配置変更はできません。
  • (8)ロゴとその他のグラフィックや文字と一体的に組み合わせて使うことはできません。
  • (9)当社の登録商標をお使いになる場合には、以下のように帰属先を記述してください。(○○○○は使用する登録商標またはロゴ等の標章が入るものとします。)

    「○○○○は株式会社パイプドビッツの登録商標です。」
    「○○○○、○○○○、○○○○は株式会社パイプドビッツの登録商標および標章です。」

4.商標やロゴ等が保証する範囲について
 当社の商標やロゴ等が保証する範囲は、当社の製品とサービスに限られます。したがって、ご使用になる場合には、当社の商標やロゴ等が保証できる範囲を超えた表現をしないようにご注意ください。お客様の製品やサービスを支援、提携、認定しているかのような誤解を与える方法で、当社の商標やロゴ等を使用しないでください。
(附則)
平成27年8月14日制定
平成27年8月14日施行

セキュリティを確保するためSSL (Secure Socket Layer)によって暗号化された安全な通信によって情報が送信されます。