セミナー・イベント情報

新しい開発の選択肢。これからの内製化とは?

 コロナ禍を受けてデジタルトランスフォーメーション(DX)が本格化しています。
 ビジネス環境の変化が激しくなっており、競争力を高めるための迅速な対応力が求められるだけでなく、 少子高齢化や長時間労働が大きな社会問題となる中、社内外問わずに「生産性の向上」、「労働力の確保」も大きな課題となっています。
 このような背景から、ユーザー企業が主体となってシステム構築を実施する「内製化」が必要に迫られています。
 本セミナーでは、社内システムからアプリ作成まで、ローコード&高速開発ツール「SPIRAL ver.2」を活用して内製化を成功に導くためのポイントをご紹介します。

開催概要

開催名
新しい開発の選択肢。これからの内製化とは?
開催日
2022年7月6日(水)
時間
11:00 ~ 12:00
内容
司会進行
:株式会社パイプドビッツ
内製化支援事業本部 プランニング部 部長
黒岩 俊之
登壇者
:株式会社パイプドビッツ
執行役員 内製化支援事業本部 本部長
足立 孝行
 
 株式会社パイプドビッツ
第一カスタマーサクセス部 部長
横沢 綾子
 
 株式会社パイプドビッツ
内製化支援事業本部 プランニング部
桂嶋 彩

【第⼀部】:内製化とは?内製化の検討がすすむワケ

生産年齢人口の減少や働き方改革法の施行など、企業を取り巻く環境は劇的に変化しています。
このような環境の中において、企業は生産性を向上させ効率良く稼ぐことが大きな課題となっています。解決のヒントは「内製化」にあると考えます。
なぜ今内製化なのか?内製化すべき領域はどこか?などについて整理したいと思います。     

【第二部】:内製化ニーズはホントにあるの?現場の声をお届けするトークセッション

経営層の内製化ニーズが上昇している一方で、現場ではどのような捉え方をしているのでしょうか。
第二部では、実際に顧客と接している営業部門メンバーが、現場の内製化ニーズに対する本音をトークセッション形式でお届けします。

【第三部】:システムの内製化に向いているローコード開発プラットフォーム「SPIRAL ver.2」

これまで主力プラットフォーム「SPIRAL ver.1」で内製化を成功させてきたものの、内製化実現のハードルがありました。
「SPIRAL ver.1」の課題を踏まえて開発されたプラットフォーム「SPIRAL ver.2」のご紹介いたします。
また、「SPIRAL ver.2 ローコード開発支援プラン」について本パートでご紹介をさせていただきます。

最後に:内製化支援事業本部の取り組み

内製化支援事業本部の取り組みを本パートでご紹介をさせていただきます。

定員
120名
対象
・内製化の取り組みを開始される方、対応範囲の拡張を検討されている担当者様
・自社で業務オンライン化の企画、設計開発責任者様およびご担当者様
・営業、マーケティング、お客様サポート責任者様およびご担当様
参加費
無料
会場
Webセミナー(専用ページでの配信)となります。
参加URLはお申し込み後にメールにてご案内いたします。
お問い合わせ
株式会社パイプドビッツ セミナー事務局
TEL:0120-407-515(平日9:00~18:00)

申し込みフォーム

必須項目に入力いただき、
個人情報の取り扱いについて同意の上
お申し込みください。

企業名・組織名
部署名
役職名
氏名
氏名(ふりがな)
メールアドレス
電話番号 連絡のつきやすい電話番号をご入力ください
- -
郵便番号 -
都道府県
ご意見・ご要望

※ 個人情報の取り扱いについて

ご登録いただきました個人情報は、セミナー主催者である株式会社パイプドビッツがセミナーの出欠確認や今後のセミナー案内、及びサービス紹介のために使用させていただきます。詳しくは「個人情報の取り扱いについて(別ウィンドウが開きます)」をご覧いただき、同意の上、お申し込みください。

 上記個人情報の取り扱いについて同意する

その他ご不明な点がございましたら、
下記までお問合せください。
お問い合わせ先:株式会社パイプドビッツ セミナー事務局
TEL:0120-407-515(平日9:00~18:00)

ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、プライバシーマークやISO27001/JIS Q 27001, ISO27017, ISO20000-1, ISO9001などの認証を取得している株式会社パイプドビッツによる情報管理システム「スパイラル」で安全に管理されます。
一覧に戻る

CONTACT USお電話・フォームからお気軽に
お問い合わせください