Customer Case お客様事例

~ SPIRAL®の導入で、狙い通りのサービス提供が可能に ~
高いセキュリティ性能とメンテナンス性を両立した
パートナー企業向け会員サイトをわずか1カ月半で構築!

  • アンケート メール配信 会員サイト構築 顧客情報管理
導入会社
株式会社グロスディー
代表者
代表取締役社長 森田真也
本社
東京都品川区北品川5-9-11 大崎MTビル14F
業務内容
情報システム製品の販売
URL
http://www.growthd.com/
使用サービス
SPIRAL®
<br>技術マーケティング部部長 清水智満 氏<br><br>

技術マーケティング部部長 清水智満 氏

<br>スパイラル®を活用して構築されたパートナー企業専用サイト『Partners inDex(パートナーズインデックス)』

スパイラル®を活用して構築されたパートナー企業専用サイト『Partners inDex(パートナーズインデックス)』
課題
・従来の会員サイトでは情報の更新などが円滑に行うことができなかった ・従来の会員サイトはセキュリティに対する懸念があった
解決策
・サイト運営・管理の作業負担を低減するため、データ更新が簡単なスパイラル®を採用した ・高いセキュリティ性能を持つスパイラル®で重要情報を管理するシステムを構築した
選定理由
・スパイラル®はすぐに導入でき、メンテナンスに手間がかからないため ・スパイラル®のセキュリティ性能が高く、安心してデータを預けることができるため ・大きな初期投資が不要で、月額25,000円からのスモールスタートができるため
導入後の効果
・定期的なデータメンテナンス作業の負担が低減された ・セキュリティに関する懸念が払拭できた ・スパイラル®をメール配信やアンケート、セミナーの申し込み受付などにも活用し、お客さまに提供するサービスの幅が広がった

インタビュー

株式会社グロスディー 技術マーケティング部部長 清水智満 氏

株式会社グロスディーは、ハードウェア製品からソフトウェア製品までを幅広く取り扱う情報システムの総合ディストリビューターです。同社では、パートナー企業向けに新製品情報やキャンペーンなどの情報を発信するWebサービスを提供していましたが、従来のシステムは情報のメンテナンス性やセキュリティに課題を抱えていました。こうした課題を解決するため、スパイラル®を使ったシステムに刷新。その結果、データの安全性への懸念がなくなり、メンテナンスの作業効率の向上も実現しました。スパイラル®導入までの経緯や開発から運用までの詳細を技術マーケティング部部長・清水智満氏に伺いました。

G 株式会社グロスディー様 P パイプドビッツ

活用されていなかった会員サイトを一新。
真に必要とされる情報を発信するサイトへ進化

P
貴社の業務内容についてお聞かせください。
G
当社は2013年10月に設立された、主に情報システム製品の販売を行う企業です。2015年10月でスタートから2年とまだ若い会社ですが、ゼロから立ち上げた会社ではなく、トッパンエムアンドアイ株式会社(現:TMIソリューションズ株式会社)のパートナー事業を分離するかたちで、IBM製品を販売する指定ディストリビューターとして設立されました。現在は、IBM製品を中心に、他メーカーの製品も含め、マーケットの要求に応じて幅広い製品を取り扱っており、今後も取り扱い商材を拡大させていく予定です。
P
その中で、技術マーケティング部のミッションはどのようなものですか?
G
技術マーケティング部には、パートナー様に技術支援サービスを提供する部門と、マーケティングを担当する部門があります。いずれもセールス活動を支援することを目的とした部門です。
技術支援サービスを提供する部門は、パートナー様に対するハードウェア製品の構成作成のご支援や技術的な質問にお答えするといった業務を行っています。一方、マーケティングを担当する部門は、新製品の情報やセミナー開催のお知らせなどの他、キャンペーン・オファリングなどの営業情報をタイムリーにご案内するとともに、ビジネスオポチュニティを創造するための共同マーケティングのご支援を行います。
P
今回、スパイラル®を活用して構築したパートナー様専用サイトの概要と、構築理由を教えてください。
G

2014年7月に稼働を開始したパートナー様専用サイト『Partners inDex(パートナーズインデックス)』は、“パートナー様にタイムリーに、かつ分かりやすく必要な情報をお届けする”というコンセプトのもとに作られた会員向けクローズド情報コミュニケーションサイトです。
当社はパートナー様に向けてビジネスをしています。このため、パートナー様に必要な情報をいかにしてお届けするかは大きなテーマです。『Partners inDex』は、会社設立時から持っていたさまざまなアイデアを実現させたものになっています。
『Partners inDex』では、パートナー様ごとの契約更新情報やキャンペーン・オファリング情報、IBM製品発表レター、IBM重要技術情報、セミナー/イベント情報などを提供しています。また、技術支援メニューをご用意し、パートナー様が必要な技術支援をWebサイト上から直接依頼できるという仕組みも作りました。
会社設立以前もパートナー様へ向けたWebサイトはありましたが、残念ながら利用者が少なく、活用されていたとは言えない状況でした。そこで、会社設立を機にパートナー様に必要な情報をご提供するというコンセプトに立ち返って、サイトを一新することにしたのです。

スパイラルを活用して構築されたパートナー企業専用サイト「パートナーズインデックス」

サイトの運営・管理の作業負担を低減し、
安心して重要情報を管理できるシステムは?

P
以前のサイトはどのような運用をしていましたか?その際、どのような課題や問題があったのでしょうか?
G
以前のWebサイトは、スパイラル®のような社外のシステムを利用したものではなく、すべて手作業で開発し自社で運用していました。担当者も1人しかおらず、情報の更新やプロモーションもうまくできたとは言えません。
また、パートナー様のユーザーIDやパスワードも自社保有のサーバ内に保有していたので、セキュリティに対する懸念がありました。さらに、現在のサイトでは契約情報などのパートナー様固有の情報をお届けしていますが、旧来のサイトではやはり安全面に不安がありこうした情報はご提供できていませんでした。
今回、堅ろうなセキュリティ対策が施されたスパイラル®に認証データなどを預けることが可能になり、安心して運用できるようになりました。
P
新サイトのシステムにスパイラル®を採用するまでの経緯を教えてください。
G
『Partners inDex』構築に際し、自社の要員が限られていることもあり、メンテナンスの手間やコストを最小化するために、できるだけPaaSのようなすぐに使用できて保守に手間がかからないソリューションとすることを基本方針としていました。
システムを選定する際、数社から提案をいただきました。その中で、最も方針に合致したスパイラルを利用する提案を採用し、「有限会社シーエムパンチ」さんに開発をお願いしました。
P
スパイラル®導入を決めたポイントは何でしたか?
G
決め手は、まず、スパイラル®が高いセキュリティ性能があり安心してデータを預けることができること。さらに、先ほど触れたように、ユーザーIDと連動したパートナー様だけの情報をご提供するという要件を満たすシステムであるという点です。また、大きな初期投資が不要で、月額25,000円からのスモールスタートが可能ということも大きな魅力の1つでした。

1カ月半で希望通りのサイトを構築。
セキュリティも向上し、メンテナンスの負担も低減

P
導入を決定されてから実際にサービス開始まではどのくらいの時間がかかりましたか?その際、問題やトラブルはありませんでしたか?
G
『Partners inDex』は、2014年6月に構築作業を始め7月中旬にオープンしました。構築期間は約1カ月半です。途中、パートナー様のユーザー登録処理やデータベースの設定などの面で多少、問題はありましたが、全体としてはスムーズに進んだと思います。
開発をご担当いただいたシーエムパンチさんのご尽力もあり、短期間で必要な要件を満たしたサイトをオープンすることができ満足しています。
P
スパイラル®は、狙い通りの効果を発揮しましたか?
G
データの安全な保管という課題は狙い通りに解決されました。それ以外では、スパイラル®は思った以上にいろいろなことができることが分かり、広範囲に活用させていただいています。
例えば、スパイラル®のCSV形式のファイルによるデータの一括登録機能を利用することで、定期的なデータメンテナンス作業の負担が低減されました。また、当初はスパイラル®の使用を想定していなかったメール配信やオンラインアンケート、セミナーの申し込み受付にも活用しています。これらの機能もあらかじめスパイラル®に用意されたものを利用していますので、非常に簡単に作ることができて助かっています。
P
パートナー様の評判はどうですか?
G
お陰様で、現在は約70社350名程度のお客さまにご登録いただいており、日々の情報発信にはなくてはならない存在となってきました。デザインをシンプルにするという方針に沿ってシーエムパンチさんに作成いただいたおかげで、ご利用いただいている方からは分かりやすいとご評価いただいています。

パートナー企業向けサイト「Partner inDex」の構成

ますます重要になってくるWebチャネル。
スパイラル®を活用し、より高機能なサービスへ

P
パイプドビッツやスパイラル®でお気づきの点やご意見はありますか?
G
現状でスパイラル®に特に大きな不満は感じていません。強いて挙げるとすれば、新しい機能などを実装する際に、事前に検証するテスト環境があるといいですね。また、今後はこれまで以上にさまざまなデータをスパイラル®に蓄積していきたいと考えているのですが、その際に、“すぐには使わないけれど、いずれ活用するので保存しておきたい”データが数多く発生します。これらはやはり、ローカルではなくスパイラル®に置いておきたい。このため、こうしたアクティブでない保存データに適した料金体系やサービスがあればいいと思います。
P
機能以外でのご要望などはありますか?
G
現在行われているスパイラル®セミナーだけでなく、もう少し進んだその他の機能の紹介や使い方セミナーを開催していただきたいと思っています。当社ではまだ、スパイラル®の持つ一部の機能しか使用できていません。メールやデータベースについての基本的な機能の使用に留まっていますし、ガジェットなどその他の機能については、まったく手つかずです。せっかくこうした機能があるので、今後はもっとそれらを有効活用していきたいと思っています。
P
貴重なご意見ありがとうございます。改善点として今後、検討させていただきます。最後に、今後のWebサービスについて計画やビジョンがあればお聞かせください。
G
Webというチャネルは今後、当社にとってますます重要になってきます。今後さらに『Partners inDex』を拡充していき、お客さまのお役に立ちたいと思っています。現在は、情報提供という一方通行のサービスですが、より迅速に、手間をかけず、かつ正確にご注文をいただけるように受発注の仕組みを取り入れていきたいと考えています。
P
本日はありがとうございました。

  • アンケート
  • メール配信
  • 顧客情報管理
  • ベトナム航空日本支社

  • Web開発
  • メール配信
  • 株式会社ガリバーインターナショナル / 朝日火災海上保険株式会社

関連のある記事

  • サワカミトウシン
    「SPIRAL®シャリーン」で、QRコードを使ったスムーズな受付を実現
    導入会社
    さわかみ投信株式会社
    用途
    アンケート セミナー メール配信 顧客情報管理
    サービス
    SPIRAL®
    掲載日
    2014年11月27日
    インタビュー内容を見る
  • ベトナムコウクウ
    多設問、複雑なアンケートでも工夫次第で高い回答率を実現
    導入会社
    ベトナム航空日本支社
    用途
    アンケート メール配信 顧客情報管理
    サービス
    SPIRAL®
    掲載日
    2015年01月15日
    インタビュー内容を見る
  • ミツビシジショレジデンス
    〜SPIRAL®の活用範囲を広げアンケートシステムを刷新〜
    導入会社
    三菱地所レジデンス株式会社
    用途
    Web開発 アンケート 顧客情報管理
    サービス
    SPIRAL®
    掲載日
    2014年10月20日
    インタビュー内容を見る
mautic is open source marketing automation
お問い合わせ

お役立ち情報 見テ知ル お役立ち情報 見テ知ル

パイプドビッツ採用情報

TOP TOP

お電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さいお電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さい

0120-935-463 受付時間|平日9:00~18:000120-935-463 受付時間|平日9:00~18:00
お問い合わせ お問い合わせ
認証・制度
ISO/IEC 20000-1:2011/JIS Q 20000-1:2012(ITMS 51319)認証の登録範囲は、スパイラル事業関連部門及びスパイラルEC事業関連部門における顧客向けプラットフォームサービスの提供をサポートするITサービスマネジメントシステムです。
パイプドビッツのマネジメントシステム
個人情報保護方針

プライバシーマーク ANAB SMP ANAB ASPSaaS IaaSPaaS