Customer Case お客様事例

導入のポイントはリスクへの対応と使い勝手。

  • 広報メール
導入会社
株式会社リコー
URL
http://www.windriver.com/japan/
使用サービス
SPIRAL®

操作が簡単なので、面倒な配信業務の引き継ぎができる

リコー 西田氏

現在は広報でスパイラル®を利用してメールを配信しています。メール ニュース自体は1998年の7月頃から配信していました。

当時はインターネットユーザの間でメーリングリストが普及していました ので、メールの活用法は簡単にイメージできました。

配信には私が改造したメーリングリスト用のソフトを使ってました。その後、HTMLメールも発信するようになったのですが、 こちらはHTMLのメール本文を作っておいて、データーベースからメールアドレスのデータを引き抜いて来て、それからメールの本文をバッチのコマンドに渡すという手順で配信します。

さすがにコマンドラインの操作は技術者じゃないとできませんよね。後任に引き継ごうと思っても引継げなくて。スパイラル®なら誰でも操作できるので引き継げると考えました。

導入のポイントはリスクへの対応

スパイラル®導入のポイントはやはり、外部のサービスを使うことによるリスクへの対応がしっかりしているかどうかですね。

あとは使い勝手、特にマルチパートのメールを配信したかったので、対応しているかどうかとかが必須条件でした。

パッケージソフトのSI(システム・インテグレーション)ではなく、サービス型の提供であるという点については、社内で様々な議論がありましたよ。 でも、全部自前でなければならない、というのは理想論でしかないと思ってましたので、理想や建前に走らないように注意しながら議論しました。その結論としてASPを選択しました。

安全なフォームを専門知識なしで作成

リスクへの対応ということでは、具体的には、個人情報の取扱への対応ですね。例えばWeb上の入力フォームの情報をどうするか、ということでしょうか。

今までは、Web上のフォームに入力された情報が平文のメールで飛んでくるような仕組みが多かったんです。これでは個人情報が丸見えになっていて危険なので、Web上のフォームから安全に情報を収集できる仕組みを探したことがありました。ところが、丁度良いものが無かったので、結局私が作って対応してましたが、フォーム周りに関しても、スパイラル®を導入することで私がわざわざプログラムを組まずに済むようになりました。

  • メールマガジン
  • 芝浦工業大学

  • B2Bメールマガジン
  • 三井住友ファイナンス&リース株式会社

関連のある記事

mautic is open source marketing automation
お問い合わせ

お役立ち情報 見テ知ル お役立ち情報 見テ知ル

パイプドビッツ採用情報

TOP TOP

お電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さいお電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さい

0120-935-463 受付時間|平日9:00~18:000120-935-463 受付時間|平日9:00~18:00
お問い合わせ お問い合わせ
認証・制度
ISO/IEC 20000-1:2011/JIS Q 20000-1:2012(ITMS 51319)認証の登録範囲は、スパイラル事業関連部門及びスパイラルEC事業関連部門における顧客向けプラットフォームサービスの提供をサポートするITサービスマネジメントシステムです。
パイプドビッツのマネジメントシステム
個人情報保護方針

プライバシーマーク ANAB SMP ANAB ASPSaaS IaaSPaaS