Customer Case お客様事例

『デニーズ』のマーケティング戦略を支えるパイプドビッツの運営支援サービス

  • Webマーケティング Web開発 顧客情報管理
導入会社
株式会社セブン&アイ・フードシステムズ
代表者
代表取締役社長 大久保 恒夫
本社
東京都千代田区二番町8番地8
業務内容
レストラン事業、ファストフード事業、給食事業
URL
http://www.7andi-fs.co.jp/7fs/
使用サービス
SPIRAL®
販売促進部 小形章一氏<br><br>
販売促進部 小形章一氏

株式会社セブン&アイ・フードシステムズが運営する公式サイト
株式会社セブン&アイ・フードシステムズが運営する公式サイト
課題
・モバイル会員へのサービスを、より集客力が高く影響力のあるものにしたい ・会員向けの情報発信方法を見直し、CSを向上させたい
解決策
・数々の運営支援実績があるパイプドビッツに、アプリの企画・開発からコンテンツの作成・配信、会員獲得・管理といった「デニモバクラブ」運営業務をワンストップで委託 ・CSを向上させるため、独自メール配信システムを持つスパイラル®を導入 ・パイプドビッツと協力し、ネットを活用した新しい取り組みを開始
選定理由
・スパイラル®のセキュリティやシステム面での信頼性が高く、低コストだった ・アプリ開発からスパイラル®の設定・管理、コンテンツの制作や更新といった運営業務をワンストップで依頼できた ・アプリを使った新しい取り組みに対する運営体制やサポート体制があった
導入後の効果
・会員からのクレームが減少し、CSが向上した ・会員登録数が飛躍的に向上し、クーポン利用者が増加した ・迅速かつ効果的なコンテンツ配信を実現

関連情報


♪Astro

本動画は、パイプドビッツ・アドバイザリークラブ(PAC)のWEB動画マガジン「佐谷フルスイング」のコンテンツです。
株式会社セブン&アイ・フードシステムズ様を担当させていただいているパイプドビッツ社員が導入時のポイントやイベント当日の様子などをご紹介しております。

インタビュー

セブン&アイ・フードシステムズ 販売促進部・小形章一様

ファミリーレストラン『デニーズ』を展開する株式会社セブン&アイ・フードシステムズは、レストラン事業やファストフード事業、給食事業を手がけるフードサービス企業です。同社では2013年、『デニーズ』の会員サービス「デニモバクラブ」をリニューアルし、スマートフォン対応およびスマートフォンアプリの提供を開始しました。パイプドビッツではスパイラル®を活用し、この「デニモバクラブ」の運営業務全般を担っています。セブン&アイグループがネットを活用した新しい取り組みを推進する中、会員数57万人を突破するなど、好調な「デニモバクラブ」を展開する同社のモバイル戦略や会員サービス施策などについて、販売促進部・小形章一様にお話を伺いました。

S セブン&アイ・フードシステムズ様 P パイプドビッツ

スマホアプリならではのコンテンツで、
「楽しさ」と「おいしさ」を感じていただく。

P
貴社の事業内容と販売促進部の業務についてお聞かせください。
S
当社は、『デニーズ』などのレストランを展開する「レストラン事業」、軽食オープンキッチンなどを展開する「ファストフード事業」、そして社員食堂の運営などを展開する「給食事業」の3事業を基本としたフードビジネス全般を手がける企業です。
私が所属している販売促進部は『デニーズ』をはじめとする店舗にご来店いただくための情報発信や販促施策全般を担う部署です。中でも「デニモバクラブ」の運営に関しては、「2015年2月までに会員数100万人」を目標に注力しています。
P
「デニモバクラブ」の概要を教えてください。
S
「デニモバクラブ」は、8年前の2006年にスタートしました。現在は、スマートフォン(以下、スマホ)アプリやフィーチャーフォン向けサイトから利用でき、2014年4月現在で約57万人の方にご登録いただいています。若い方からご年配の方まで、いろいろな方々に有意義な情報をお届けし、楽しみながら『デニーズ』にご来店いただきたいというスタート当初の目的は今も変わりません。レストランですので「メニューの“おいしさ”を伝えたい」という思いで運営しています。
「おいしさ」を伝えるために最も意識しているのは、「食べたい」と思っていただけるメニュー写真を用意することです。フェアメニューの写真は、アプリのメインイメージになるので、特に力を入れて撮影しています。
会員向けに発行しているクーポンは、「楽しさ」を持たせるように工夫していきたいと考えています。
『デニーズ』店舗

スマホに対応し、アプリを導入したことで、
CSと集客効率が格段に向上。

P
「デニモバクラブ」のスマホへの対応やアプリの活用に取り組まれたのはなぜですか?
S
移行する前は、スマホがまだ普及していないこともあって、フィーチャーフォン向けのサイトでした。その頃は、低コストで携帯向け会員制サイトを構築するためにASP型のシステムを利用していました。しかし、そのシステムは登録したお客様に当社以外の広告メールが送信される仕組みだったため、その広告に関してお客様から店舗へクレームが入ることがあったのです。今後、このサービスをさらに発展させていくにあたって、お客様からのクレームをなくし、会員にしっかりしたサービスを提供できる運営を行う必要があります。
このような背景もあり、これまでのシステムを見直すことにしたのです。
P
その結果、どのような効果がありましたか?
S
大きな成果としては、会員数が短期間で大幅に増えました。以前のASP型システムを使っていたときの登録会員数は、約7年間でおよそ28万人でした。しかし、2013年夏のリニューアルからわずか8ヶ月で、新規会員登録がほぼ同数の28万人を超えました。
そして、もう1つ、広告メールがなくなったので、お客様からのクレームが減ったという効果があります。これは、お客様満足度という点で非常に価値があることだと捉えています。
P
お客様の利用状況はいかがですか?
S
クーポンの利用数が会員数に比例して増えました。毎週配信している「100円OFFクーポン」は、非常にご好評をいただいています。特にクーポンの効果を感じたのは、スペシャルクーポンを配信したときでした。「パンケーキプレゼント」というキャンペーンを実施した際は、フィーチャーフォン向けを含め平常時の2.5倍ほどのクーポン利用があり、その集客力を実感しました。
また、店舗アンケートの「新メニューを知ったきっかけ」では、1位は「店頭」でしたが、「デニモバクラブで知った」という方が僅差の2位になり、「デニモバクラブ」の告知効果を知ることになりました。
社内でも、「デニモバクラブ」の告知・集客効果が高いと認知されてきたので、これからもいろいろな種類のクーポンやコンテンツを配信して、どういう効果があるかテストしていきたいと思っています。
P
「デニモバクラブ」として他にどのような取り組みをお考えですか?
S
先行20店舗で実施したモニター制度があります。これは、会員から希望者を募って、フェア用のメニューを食べて改良点を挙げていただき、それを全店で展開する際のレシピに反映するというものです。現在、モニター募集を全店に拡大しております。
「デニモバクラブ」は、「お客様の立場に立って考える」という方針に基づき、今後もお客様とのつながりをさらに強化していけるよう取り組んでいきます。
セブン&アイ・フードシステムズ様 アプリ画面

パイプドビッツに運営業務を委託。
スピーディーかつ柔軟な対応に満足。

P
スパイラル®を採用されたきっかけや、その理由などをお聞かせください。
S
きっかけは、お取引先様からの紹介です。同様のサービスベンダーを複数検討しましたが、スパイラル®のコストが低かったことと、セキュリティやシステム面での信頼性が抜群に高かったため、採用を決めました。
もう1つ大きな理由としては、アプリ開発からスパイラル®の設定・管理、コンテンツの制作や更新までをお任せできることでした。さらに、会員の獲得や管理といった「デニモバクラブ」の運営業務までをワンストップで依頼できる点も大きかったですね。
P
弊社の運営支援サービスはいかがでしょうか?
S
チーム体制がしっかりされているな、という印象です。ほぼ毎日1回は連絡をさせていただいていますが、情報共有もしっかりしていますし、非常にスムーズな運営をしていただいていると感じています。
また、対応がスピーディーです。「デニモバクラブ」のメルマガは号外配信が多く、急遽、原稿を作成して配信することも多いのですが、これにも迅速に対応いただいています。加えて、最近では、多くを語らずとも当社の意図を理解して的確に対応していただける点が非常に助かっています。
これらのことは今後、「デニモバクラブ」を中心としたマーケティング戦略を進めるうえでも、心強い部分です。
P
本日はありがとうございました。
パイプドビッツの運営支援サービス内容

  • 給与明細書電子化
  • 株式会社ミネルヴァ インテリジェンス

  • 顧客情報管理
  • 日本大学 学務部教育推進課国際交流室

関連のある記事

  • PIPEDBITS(パイプドビッツ)
    お客様とのコミュニケーションを改革するサイトリニューアル
    導入会社
    株式会社パイプドビッツ
    用途
    Webマーケティング
    サービス
    SPIRAL®
    掲載日
    2017年04月05日
    インタビュー内容を見る
  • カーコンビニクラブ
    ~基幹DBをそのままにWebマーケティングに必要な情報を  リアルタイムに活用~
    導入会社
    カーコンビニ倶楽部株式会社
    用途
    Webマーケティング ソーシャルメディア
    サービス
    SPIRAL®
    掲載日
    2012年07月13日
    インタビュー内容を見る
mautic is open source marketing automation
お問い合わせ

お役立ち情報 見テ知ル お役立ち情報 見テ知ル

パイプドビッツ採用情報

TOP TOP

お電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さいお電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さい

0120-935-463 受付時間|平日9:00~18:000120-935-463 受付時間|平日9:00~18:00
お問い合わせ お問い合わせ
認証・制度
ISO/IEC 20000-1:2011/JIS Q 20000-1:2012(ITMS 51319)認証の登録範囲は、スパイラル事業関連部門及びスパイラルEC事業関連部門における顧客向けプラットフォームサービスの提供をサポートするITサービスマネジメントシステムです。
パイプドビッツのマネジメントシステム
個人情報保護方針

プライバシーマーク ANAB SMP ANAB ASPSaaS IaaSPaaS