メールフォームのメリットとは?フォーム設置のコツを紹介

掲載日:
2019/01/18
更新日:
2019/03/01

ソリューション

Webフォーム作成

企業のウェブサイトにはメールフォームが設置してあるところが少なくありませんが、それによってどんな効果が期待できるのでしょうか?メールフォームのメリットから設置方法について解説します。メールフォームの導入や改善の際に参考にしてください。

ビジネスで必須のメールフォーム

メールフォームは企業サイトにとって必須といえる機能です。メールフォームの特徴と、企業サイトでの活用法について見ていきましょう。

メールフォームとは?

メールフォームは、ホームページに埋め込まれた入力欄に情報を記入し、直接送信できる仕組みです。ユーザーがメールフォームに入力した情報は、まずサーバーに届けられます。そして、サーバーに設置されているプログラムでメールの形に整えられ、指定のメールBOXに届きます。

この仕組みを利用すると、ユーザーが入力した情報を使いやすく整理して利用できます。例えば、情報を表にまとめて出力したり、テキストのままサーバーに保存したりすることも可能です。

企業サイトでの活用

企業サイトに設置したメールフォームは、ユーザーからの問い合わせを増やすのに役立ちます。より手軽に問い合わせをしてもらえるためです。

サイトを通じての代表的な連絡手段はメールです。しかし、メーラーを起動してメールで問い合わせをするのは、ユーザーの手間になります。メールフォームであれば、その手間がかかりません。

また、メールアドレスを企業サイトで公開していると、スパムメールの原因になる可能性があります。メールフォームならメールアドレスを公開しないので、スパムメール対策にもなります。

メールフォームは設置した方が良い?メリットや作成方法のまとめ

メールフォームのメリット

メールフォームの設置には、機会損失を防ぐ・必要な情報を入力してもらえる・問い合わせの管理がしやすい、といったメリットがあります。

いつでも受付ができるため機会損失を防げる

メールフォームは24時間受付しています。メールの自動返信機能を利用すれば、ユーザーの一次対応まで自動化することができます。そのため、ユーザーは自分の都合に合わせて、いつでも問い合わせができます。

受付時間が限られる電話と比較して、機会損失をより少なく抑えられます。結果として、問い合わせ件数を増やすことにつながります。

必要な情報を入手することができる

メールフォームは入力項目を設定できるため、企業にとって必要な情報をもれなく記入してもらえます。

メールでの問い合わせの場合、基本的にはユーザーが自由に記述することになります。そうなると、必要な情報が漏れていたりするので、その後のやり取りがスムーズにいかない可能性があります。

メールフォームなら、必要項目を事前に決めて設定できるので安心です。ただし、項目数が多かったり、回答方法が複雑になったりすると、ユーザーが回答しにくくなるので注意しなければいけません。必要最低限の項目をきちんと考えて設定すること、回答方式を工夫することが大切です。

問い合わせ数や内容を管理しやすい

メールフォームを利用すると、問い合わせ数やその内容の管理がしやすくなります。送信完了ページを設置してアクセス解析をすれば、どれだけのユーザーが問い合わせをしたのか、簡単に確認できるのです。

成果の出る企業サイトを運営していくには、常に改善していくことが大切です。そのためには正確な数字を知ることが大切です。

メールフォームの成果を正しく把握することで、より大きな売上につながる施策を考え、実行できます。

メールフォームサービスとは?特徴や機能の違いなどを紹介

メールフォーム設置のポイント

メールフォームを設置するときには、売上アップにつながる工夫をすること・回答しやすいシンプルな項目にすること・自作もしくはサービスを利用するか選択すること、がポイントです。それぞれについて解説します。

フォーム改善で売上アップも

企業サイトに設置したメールフォームを改善すると、結果として売上アップにつなげることができます。ちょっとした工夫でユーザーの反応が変化します。

工夫 具体的な内容
シンプルなレイアウトにする ・メールフォームのまわりにあるリンクを削除
・シングルレイアウトに変更
・ユーザーがメールフォーム以外のものに気を取られないようにする
回答しやすくする ・入力中に間違いを指摘する仕組みにする
・半角・全角など細かな指定をなくす
・必須か任意かを記号ではなく文字で記載する
スマホでも使いやすくする ・レスポンシブデザインに対応する
・ボタンや入力箇所をタップしやすいサイズにする
・ワンタップで電話をかけられる機能も活用する

入力項目をシンプルに

メールフォームは、入力項目をできるだけシンプルにしましょう。項目は必要最低限にします。項目数が少ない方が、ユーザーが入力しやすいためです。

また、回答方式に選択肢を活用したり、記述式なら回答例を記載したり、ユーザーが入力しやすい工夫をすることも大切です。

まずは最初のコンタクトを取ってもらうことを目的に、できるだけ気軽に入力できるメールフォームにしましょう。

自作かサービス利用か

メールフォームを設置するためには、HTMLやCSSなどのWeb言語で自作するか、メールフォーム作成サービスを利用します。自社のリソースや活用方法に合わせて、最適な方法でメールフォームを作りましょう。

自作の場合、専門知識が必要です。その代わり、自由なカスタマイズができるので、自社で使いやすいメールフォームを作れます。ただし、社内に専門知識を持った人材がいない場合には外注することになるため、時間とコストがかかります。

メールフォーム作成サービスを利用すれば、簡単な操作でメールフォームを作れます。専門知識が不要なので、すぐにメールフォームを設置したいときに向いています。また、無料で利用できるフォーム作成サービスもあるのでコスト削減にもなります。

メールフォームの作り方テンプレート。基本構成や作り方の雛形まとめ

まとめ

メールフォームを企業サイトに設置すると、ユーザーからの問い合わせを増やすことができます。その結果、売上アップにつなげることもできます。

企業サイトの成果アップにメールフォームを活用するなら、ユーザーが回答しやすいメールフォームを設置しましょう。シンプルで見やすいフォームに、厳選した項目のみを設定することが大切です。

メールフォームの特徴とポイントを押さえ、メリットを最大限に活かしましょう。

この記事に関連するソリューション

Webフォーム作成

詳しく見る

お問い合わせ
お問い合わせ

TOP TOP

お電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さいお電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さい

0120-935-463 受付時間|平日9:00~18:000120-935-463 受付時間|平日9:00~18:00
お問い合わせ お問い合わせ 無料トライアルにお申し込み 無料トライアルにお申し込み

一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は、03-5575-6601におかけください。(通話料金がかかります。)

認証・制度
パイプドビッツのマネジメントシステム
個人情報保護方針

プライバシーマーク ANAB SMP ANAB ASPSaaS IaaSPaaS