メール配信スタンドとはどんなもの?メリットや選び方のまとめ

掲載日:
2019/01/18
更新日:
2019/07/26

ソリューション

メール配信

メールは、宣伝や告知媒体として非常に優秀なツールと言えるでしょう。メールをビジネスにより活かすために、メール配信スタンドを使ってみてはいかがでしょうか。メール配信スタンドのメリットや選び方について解説します。

メール配信スタンドとは

メール配信スタンドとは、メールマガジンなど企業の情報をメールで発信・発行するためのシステムのことです。

メールによるビジネス活動は、企業だけではなく、個人でもアフィリエイトや広告収入を得るために利用する人が増えています。

メール配信スタンドがどのような役割を担っているか、具体的に見ていきましょう。

効率良く配信できるサービス

メール効果を上げるためには、さまざまな工夫が必要です。

例えば、主婦層をターゲットにした商品の宣伝であれば、主婦層が食いつきやすいダイエットや家事のための電子機器を厳選したり、主婦層がもっとも暇になりやすい午後の時間にメールを配信したりするなどです。

ターゲットによってメールの選定や、配信時間を意識することで、メール1通あたりの効果も上がります。

しかし、そのためにずっとPCの前に張り付いているわけにもいきません。大量のメールを手動で配信するのであれば、メールの作成と送信だけで1日が終わってしまいます。

メール配信スタンドは、こうした問題に備え、メールを効率的に自動配信できるような機能を備えているのです。

メール配信スタンドのメリット

メール配信スタンドを利用することで、利用者は多くのメリットが得られるでしょう。メールの効果を向上させることも含めて、どんなメリットがあるのかご紹介します。

大量配信とコスト削減

メールマガジンを配信するにあたって、個人のサーバーから大量のメールを配信しようとすると、プロバイダーからブロックされたり、自分が利用しているメールサーバーから利用制限を受けてしまうことがあるようです。

メール配信スタンドを利用すれば、こういった心配がなくなり、大量配信が安全に行えます。

また、無料で利用できる配信スタンドも多く、送受信や文面作成を補助してくれるサービスもあります。そういった配信スタンドを選ぶことで、人件費をはじめとするコストの削減も見込めるでしょう。

効果測定

メール配信スタンドには、効果測定を行う機能がついているものもあります。

効果測定とは、相手の受信箱にきちんと届いたかの割合である『到達率』、相手がメールを開いたかどうかの『開封率』や、メール内のリンクを踏んだかどうかの『クリック率』などを測る機能です。

通常のメールソフトにはこのような機能はありませんが、メール配信スタンドにはこれらの効果測定を行い、業務改善に役立てることもできます。

マーケティングへの活用

ただメールを配信するだけでは、マーケティング効果は見込めません。

段階を踏んだステップメールの配信や、受信者の好みに合わせたジャンルのメールを配信するセグメント分析機能など、メール配信スタンドにはマーケティングに活用できる機能が盛り込まれています。

機能はメール配信スタンドごとに違うので、自分が利用したい機能を持った配信スタンドを選ぶことが大切です。

メール配信のメリットについて詳細を知りたい方は「メール配信システムの仕組みとは。タイプや利用形態、選び方を紹介」をご覧ください。

メール配信スタンド選びのポイント

メール配信スタンドは、色々な事業者が提供していますが、その中から自分のビジネススタイルに合ったものを選ぶためには、どのような基準で選べば良いのでしょうか。

ここからは、メール配信スタンドの選び方について説明します。

アドレスなどの管理機能

メールマガジンなどの機能を利用するためには、ただ大量に送信するだけでなく、送信先であるアドレスなどの管理機能も必要です。

送信先の顧客の年齢や性別、好みなどの情報に備えて管理し、メール内容によって送信先を選ぶセグメント機能があれば、メールをさらに効率的に配信できます。

これらの管理機能をどこまで備えているのか、しっかり比較して見極めていきましょう。

ステップメール対応

ステップメールとは、メールを送るシナリオを作成して、段階的にメールを送っていく方法のことです。

例えば、ダイエット商品を販促したい場合、最初のメールで肥満の危険性や、ダイエットの失敗例などを紹介し、次にダイエット方法を解説、最後に商品紹介をするといったメールを段階的に分けて配信する手法です。

ステップメールを手動ではなく自動で行う機能があれば、メールの効率はさらに向上するでしょう。ステップメールに対応しているかどうかは、サービスを選ぶポイントの1つです。

限度数や到達率

メールを月のどの程度の数を出せるかは、配信スタンドによって異なります。数百、数千の配信スタンドもあれば、数万以上配信できる配信スタンドもあるようです。

配信数は、ただ多ければ良いというものではありません。限度数が多いと、それだけ費用も高くなります。メール配信の上限数は配信数を想定した上で検討しましょう

また、到達率も重要な指標です。大量のメールを送っても、それが受信箱まで届かなければ意味がありません。到達率を公表している配信スタンドも多いので、到達率を比較した上で、より良い配信スタンドを選びましょう。

まとめ

メール配信スタンドを利用することで、メールの配信作業だけでなく、効果測定によるメール内容の改善や、マーケティングのためのステップメールなど、メール配信業務におけるさまざまなメリットが得られるでしょう。

メール配信スタンドは、多くの種類がありますので、自社の適正にあったものを選び、ビジネスに活かしていくことが求められています。

メール配信の活用方法について知りたい方は、「メール配信サービスの活用で効率アップ。メリットや注意点のまとめ」をご覧ください。

CONTACT USお電話・フォームからお気軽に
お問い合わせください