メール配信代行サービスとは?サービスの内容や選び方を紹介

掲載日:
2019/01/18
更新日:
2019/07/26

ソリューション

メール配信

メール配信代行サービスは、どのようなサービスが受けられるのでしょうか?また、どのように選ぶのがいいのでしょうか?代行サービスに依頼できることと、選び方について解説しています。導入の際の参考にしましょう。

メール配信の基礎知識

メール配信代行サービスのご紹介の前に、メール配信サービスの基礎知識と、メール配信の担当者が苦労しやすい点、アウトソースしたいと思うことをご紹介します。

メール配信サービスについて

メール配信サービスとは、大量のメールを一斉送信するサービスです。メールの一斉送信を大量に速く行うのは、実は難しい技術なので、確実に実行するためにはメール配信サービスの利用が欠かせません。

利用シーンは多岐にわたります。例えば、企業が顧客に対してのアンケートをとる、クーポンを配布する、といったケースです。企業間であれば、セミナーの集客や見込み客の掘り起こしにも利用されています。

さらに、開封率やクリック率など、配信したメールの効果測定ができるのも特長のひとつです。そのため、マーケティングの施策にも向いているサービスと言えます。

メール配信サービスってどんなもの?内容やメリットを紹介

メール配信担当者が苦労すること

メール配信のためには様々な業務がありますが、メール配信担当者が苦労する代表的な例をご紹介します。皆さんの中にも、同じお悩みの方がいるのではないでしょうか?

  • リストの管理が煩雑

新規登録者の追加や配信停止の依頼があったものの削除、未達になってしまったメールアドレスの削除など、手作業でのリスト管理は煩雑で担当者を悩ませるものです。

  • メール配信が初めてなので、どのようなコンテンツを作ればよいかわからない

メール配信が初めての場合、どんな内容のメールを送ればよいのか、開封してもらいやすいタイトルはどのように作るのか、メール本文のURLをクリックしてもらうにはどのような工夫が必要なのか、といったコンテンツに関する悩みが多いようです。また、HTML形式でのメール作成となると、更に難易度が高いと感るようです。

  • 効果測定の方法、改善方法がわからない

何が重要な指標となるのか、どのくらいの数値であればメール配信の効果があったと言えるか、といった効果測定についても、これからメール配信を始めようという担当者にとっては、悩みの種のようです。また、指標が基準値を下回っていた、ということがわかってもメール配信の何をどう変えればそれが改善するか検討もつかない、ということも多いでしょう。

  • 担当者が忙しく、メール配信が滞ってしまう

実作業の悩みではありませんが、メール配信担当者が専任ではなく、他の業務と兼任で担当している場合、本来の業務の忙しいとメール配信が滞ってしまうということもあるようです。

メルマガ配信は何が期待できるの?効果や方法についてのまとめ

代行サービスで受けられること

先程ご紹介したメール配信担当者のお悩みは、配信代行サービスを利用することで解決できる場合があります。配信代行サービスではどのようなことを行ってくれるのか、みていきましょう。

配信業務

メール配信代行サービスでは、リストの作成から配信業務までを行ってくれます。配信を代行サービスに任せれば、担当者の負担が減り、より効果的なメール配信につながります。

また、代行サービスに配信業務をお願いすることで、作業ミスを減らすことにもつながるでしょう。代行サービスならではの、これまでの経験を活かしたチェックシートや、ダブルチェックなどにより、うっかりミスを防ぐことができるのです。

ライティング業務

いいコピーが書けない・顧客の心に刺さるコンテンツづくりができない・文章をうまく書けない、といったお悩みはライティング業務の代行で解決できます。

開封率やクリック率をあげたいといった、ニーズに合わせたライティングの依頼もできますので、文章を改善したいけれど、どうすればいいか分からない、といった場合に向いています。

また、執筆したメール原稿の見直しも依頼できます。より効果的なメールになるよう添削してもらうことで、ユーザーの心を動かすようなメールが作成可能です。

コンサルティング業務

メール配信後の効果測定から、改善すべき点をアドバイスしてくれるコンサルティング業務もあります。配信業務やライティング業務の中に改善のためのアドバイスが含まれているサービスもあれば、配信結果を見てアドバイスのみするというサービスもあります。各社のサービスで具体的にどのようなことまで行ってもらえるか、提案を受ける際に確認しましょう。

自社運用のためのサポート

メール配信の成果を得るためには、長く続けることが大切です。そしてそのためには、メール配信をする企業が、自社で運用できることが重要と言えます。しかし、メール配信について何も知らない状態で始めても、長く続けることは難しいものです。

代行サービスでは、メール配信を自社でできる体制づくりのサポートも行っています。メール配信の仕方から、丁寧に教えてもらうことが可能です。メール配信サービスのシステムが分からなくて不安でも、サポートを受けることで自社運用ができるようになります。

メールマガジンの配信はどうすれば良い?効果や方法についてのまとめ

代行サービスの選び方

メール配信代行サービスは、どのような点を重視して選ぶべきでしょうか?代行サービスの選び方について解説します。

セキュリティやコストパフォーマンス

代行サービスを利用する際は、メールアドレスや氏名など顧客の個人情報を渡すことがありますので、セキュリティ面で安心感のある会社を選びましょう。

セキュリティがしっかりしている代行サービスかどうか見極めるには、プライバシーマーク(Pマーク)を取得している事業者であることを確認しましょう。プライバシーマークは個人情報に対するセキュリティを適切に行っている事業者に与えられるマークです。日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が推進しています。

また、同時に意識すべきなのがコストパフォーマンスです。代行サービスはさまざまなサービスを利用すればするほど高額になります。代行サービスに頼みたいことを明確にしたうえで、過不足ないサービスを選びましょう。

提案力

メルマガの企画から運営まで、全て代行サービスにお願いすることもできます。その場合に大切なことが、代行サービスの提案力です。提案力を知りたい場合には、「売上につなげたい」「多くの人に知ってほしい」など、メール配信の目的と予算を伝え、複数社を比較すると各社の違いがわかりやすいでしょう。イメージだけだと想像しにくい部分もありますので、どのようなコンテンツを作成してくれるのか、サンプルを提示してもらうのも良いでしょう。

まとめ

メール配信代行サービスは、配信やライティングを代行してくれます。また、企画から運営まで全てを任せることも可能です。自社に最適な代行サービスを利用するために、メール配信の目的を明確にし、セキュリティがしっかりしているサービスを選びましょう。

CONTACT USお電話・フォームからお気軽に
お問い合わせください