メールマガジン配信はASP型が良い?オンプレミスとの比較について

掲載日:
2019/01/18
更新日:
2019/03/01

ソリューション

メール配信

メールマガジンの配信を効率的に行う方法としてメール配信システムはよく利用されるサービスです。導入形態は複数ありますが、この記事ではASP型のメール配信システムについて説明していきましょう。そもそも、ASP型とは『Application Service Provider』の略称で、業務用のツールをネットワークを介して利用するサービスのことです。それではどのような特徴があるのでしょうか。

メール配信システムが活用される理由

メールマガジンなど、大量にメールを配信するにはシステムの利用が不可欠です。メール配信システムとは設定どおりに実行、分析、リスト管理までしてくれるシステムで業務を効率的、且つ効果的に行えるのが魅力です。

メルマガ配信は何が期待できるの?効果や方法についてのまとめ

ASPとオンプレミス

メール配信システムの利用形態は、大きくわけて『ASP型』と『オンプレミス型』があります。

ASP型は事業者のサーバーにインストールされたアプリケーションをレンタルし、インターネット経由で使用する方式です。厳密には異なる概念ですが、クラウドやSaaSと同じくインターネットを通じて利用できるサービスを指す言葉として使用されることが多いです。

一方、オンプレミス型は自社専用にシステムを構築するサービスです。

メール配信のサーバーはASP型?導入型? 特徴や違いを解説

ASPについて詳細を知りたい方は「メール配信のASPサービスでは何ができる?メリットや選び方を紹介」をご覧ください。

配信の手法

配信についてはいくつかの手法があります。

一斉配信(大量配信型)

その名の通り大量メールの一斉配信をするタイプで、メールの配信日時指定などが可能です。各ユーザーに合った情報を提供するという目的には弱く、メールマガジンなど同じ情報を大量に配信する目的で利用されます。

セグメント型

ユーザー属性に合わせたメール配信を行えるのが特徴です。年齢や性別などの属性に合わせて、メール配信をします。
また、もっと掘り下げてECサイトで過去の購入履歴やお気に入り登録をもとに、おすすめの商品情報をメールで配信する<パーソナライズ配信も効果的といわれています。

ステップメール

あるタイミングを起点として、事前に設定されたシナリオに沿ってメールが配信される設定のことです。
シナリオがしっかりと作れれば、見込み顧客を逃さず自動でフォローできるので成果につながりやすいとされています。

ASPとオンプレミスの比較

それでは本題のASPとオンプレミスをさまざまな面から比較してみましょう。

機能面

ASPは契約した事業者で提供されている機能のみが利用可能です。どの事業者も基本的な機能は備わっていますが、独自の内容を盛り込みたい場合、希望の内容があるか事前に確認するとよいでしょう。
また、バージョンの更新やアップデートなどはおまかせできるため自社で管理する必要はありません。

オンプレミスの場合、自社にシステムを構築するためカスタマイズしやすく他のサービスとの組み込みも可能になることが特徴です。必要な機能を全て持たせられますが、運用保守は自社で実行になります。

セキュリティやサポート

メール配信システムは、メールアドレスなどの情報を管理しているためセキュリティ対策は重要なポイントです。
ASPの場合、その事業者で定められたセキュリティレベルに合わせて利用します。
オンプレミスの場合は自社のセキュリティレベルに合わせてシステムを構築することが可能です。

サポートに関しては、ASPでは事業者ごとに差はありますが、一般的にはサポート専用の窓口がありトラブルには迅速に対応してもらえます。もちろん、非常時にどのくらいの時間で対応できるかは契約前に確認しておきましょう。

オンプレミスの場合は、自社での管理になるのでどのような体制を取れるかによってトラブルへの対応時間は大きく違ってきます。

コスト

ASPとオンプレミスでは、コストにも大きな違いがあります。

ASPは、当初のサーバーやアプリケーションの導入費用が必要ないため初期費用が比較的安価です。利用開始後は、利用する機能に応じた利用料金を継続的に支払うことになります。

オンプレミスは、最初にサーバーなど新規構築・導入入費用などが必要です。初期費用は数十万円~数百万、あるいは規模によってそれ以上と高額ですが、導入後の管理を自社で行えば運用コストは抑えられるかもしれません
しかし、利用しているアプリケーションのバージョンアップなどがある場合にはそのコストがかかる点に注意が必要です。

メール配信のサーバーはASP型?導入型? 特徴や違いを解説

ASP型の費用目安

どのくらいの費用がかかるのでしょうか。初期費用と月額費用の目安を紹介します。

初期費用

ASP型のメール配信システムでかかる初期費用は、事業者によって異なりますが、無料~10万円程度が目安でしょう。事業者による違いが大きいため、利用できる機能差が初期費用に反映されているところもあります。

また、同じ事業者でも登録できるリスト数によって初期費用に差がでるケースもあります。初期費用は半額キャンペーンなどを実施する事業者もあるので気になるサービスがあれば情報を常にチェック初期費用を抑えることが可能です。

月額費用

ASP型のメール配信システムを利用する際にかかる月額費用の目安は、数千円~数万円です。月額費用は主に登録メールアドレス数とメールマガジンの配信数の上限によって差があります。

メール配信サービスの料金はどのくらい?料金体系や目安のまとめ

まとめ

ASPはオンプレミスに比べ、比較的初期費用をかけずにスタートできるメール配信サービスです。社内でアプリケーションを管理する必要がないため、導入後の管理も楽になります。

事業者によって、提供されている機能や使い勝手には違いがあるため、無料トライアルを活用するなどして、適切なサービスを見つけましょう。

CONTACT USお電話・フォームからお気軽に
お問い合わせください