会員制サイト構築のメリットは?方法やポイントのまとめ

掲載日:
2019/03/07
更新日:
2019/05/21

ソリューション

会員サイト構築

顧客との関係性を築ける会員制サイトは、どのように作るのでしょうか?会員制サイトとマッチしやすいサービスや、作り方について解説します。目的に合った機能を備えた会員制サイトを作り、顧客管理に活かしましょう。

会員制サイト構築のメリット

会員だけが閲覧できる会員制サイトは、優良顧客である会員とのコミュニケーションツールとして役立ちます。具体的にどのようにコミュニケーションができ、顧客との関係性が深まっていくのか解説します。

関係性

顧客との関係は、突然縮まることはありません。ほとんどの顧客が、最初はライトユーザーで、徐々にファンになっていくのです。

その過程で大切なのが、個人を特定したコミュニケーションです。『お客様』として扱うのではなく、『〇〇さん』として扱うことで、特別感が出ます。

会員登録したサイトにログインすると「〇〇さん、こんにちは!」といった表示が出ることがありますが、これだけでも特別感の演出ができるのです。

また、表示させるページの内容も、お客様全員に向けたものとは区別し、顧客だけの特別な内容にします。

顧客とより密な関係を築ける結果、商品やサービス・コンテンツの追加購入や継続購入につながりやすいですし、ファンになる顧客が増えるのです。

限定コンテンツ

会員向けの限定コンテンツを最小の手間で届けられるのも、会員制サイトのメリットです。独自のノウハウを動画や文章にまとめてファイル化しておけば、会員制サイトで簡単に販売できます。

会員登録時には必ず会員登録フォームに必要事項を入力しますが、このときにクレジット決済機能を加えておくのです。すると、限定コンテンツの販売が、より手間なくできます。

定期購読や定期購入の仕組みを導入すれば、申し込み自体も自動化できます。個人情報やカード情報の入力をしなければいけないのを面倒に感じる人も多いでしょう。そうした顧客の手間を最小にする仕組みは、顧客にとってもメリットといえます。

継続率

見込み客から、有料会員登録をする顧客にステップアップするまで、商品やコンテンツの購入を継続してもらいやすくなるのも、会員制サイトのメリットです。

上述したように、会員制サイトにクレジット決済機能をつけておけば、会費の支払いを自動化できます。その結果、継続率が上がるのです。

そうして継続してもらえると、会員はサイト内のさまざまなシステムに慣れ親しんでいきます。慣れたシステムは使い勝手がよいですし、安心感もあるものです。その結果、見込み客から優良顧客へのステップアップがスムーズに行われると考えられます。

会員制サイトを使ったビジネスモデル

限定コンテンツや使い勝手のよいシステムで、顧客との関係性を深められる会員制サイトは、具体的にどのように活かせるのでしょうか?ビジネスモデルの具体例を挙げて解説します。

コンテンツやツールの提供

会員制サイトとコンテンツやツールの販売は、相性がよい組み合わせです。どちらも販売に配送コストがかかりませんし、インターネット上のみで完結できます。

コンテンツであれば、動画・電子書籍・音声ファイルの形にして販売しましょう。会員制サイト内で購入したコンテンツを閲覧できるようにすれば、購入後すぐに顧客に見てもらえます。

ツールの場合には、毎月の利用権を販売する形式です。会員制サイトに決済機能をつけておけば、毎月の支払いを自動化でき利便性の高いツールが提供できます。

商品やサービスの提供

定期的に必要な商品・サービスを販売するのにも、会員制サイトは向いています。決済機能をつければ、定期的な支払いの自動化も可能です。すると、顧客は必要なものの買い忘れを防げますし、会員制サイトの運営側は安定した収益につながります。

こうした販売モデルに向いているのは消耗品です。プリンターのインク・ウォーターサーバーの水・サプリメント・ペットの餌などが挙げられます。

また、一定期間定額でサービスを提供する契約にも向いているでしょう。たとえば、税理士の顧問契約・コンサルティングの顧問契約・定額制のエステなどがそうです。

コミュニティ形成やファンクラブ

会員制サイトを、コミュニティ作りやファンクラブ作りに役立てることもできます。

コミュニティ形成は、会員同士が関係性を持った方がより深く学べる、といったときに有効なモデルです。

同じ目標を持つ仲間と、アドバイスし合ったり励まし合ったりできるのは、大きな力になるでしょう。そうした会員同士でやり取りできること自体が、魅力につながることもあります。

芸能人やアーティストのファンクラブを会員制サイトで作れば、限定グッズの販売やコンサートチケットの先行販売・会誌の発行などが可能です。ファンにとっては、直接アーティストを応援している、というつながりを実感できる場にもなります。

会員管理システムはどのような場面で有効?特徴や機能とともに紹介

会員制サイトを作る方法

一般的なサイトではできない特別なつながりを作れる会員制サイトは、どのようにすれば作れるでしょうか?会員制サイトの作り方としてメジャーな2種類の方法を紹介します。

ASPサービスの利用

ASPサービスは、インターネット経由でソフトを使えるサービスのことです。ASPサービスには会員制サイトを構築するためのソフトがありますので、それを利用します。

ASPサービスのメリットは、簡単に使える・高度な会員管理が可能・比較的安価、という点です。会員制サイト作り専用のサービスなので、使いやすさは各社とも工夫をこらしています。操作に迷わないよう設計やデザインがされているのです。

自社で作るのは大変な、会員管理の仕組みも整っています。会員のランクづけ、支払い状況の把握、などが簡単な操作でできるのです。

また、自社でサーバーを用意する必要がないので、コストが比較的安いのも魅力といえます。月々の定額払いというケースが多いので、予算が立てやすいのもうれしいポイントです。

会員管理システムはクラウドが良い?メリットとデメリット両方知ろう

WordPressなどのCMSの活用

既にWordPressなどのサイト構築システム(CMS)を使ったサイトがあるなら、プラグインを導入して会員制サイトを作れます。

この方法のメリットは、ASPサービスよりさらに安いという点です。既存のシステムをフル活用するので、余計なコストがかかりません。

ただし、ある程度の専門知識が必要になる、という点には注意しましょう。まったくの初心者がいきなり挑戦すると難易度が高く感じられるかもしれません。

フリーテーマだとデザイン性が低いというのも、デメリットでしょう。会員制サイト構築を安くできる分、デザインには別途費用を設けるのが得策といえます。

作る際のポイント

会員制サイトを作るときには、どんな目的で作るのかをよく考えて導入しましょう。会員制サイトでなく、もっと手軽な方法で代用できる可能性もあります。必要性をよく考えて作ることが、顧客に役立つ会員制サイト作りにつながるのです。

本当に必要か

会員制サイトは管理に手間とコストがかかります。それでも本当に必要でしょうか?まずはその点を考えましょう。

会員制サイトでやりたいことが、無料メルマガの配信・コンテンツの販売・配送を伴う物販という場合、ほかのやり方の方が効率的です。

無料メルマガならメルマガシステムの利用が、コンテンツ販売ならコンテンツマーケットへの参加が上げられます。配送を伴う物販ならショッピングカートの利用が、それぞれ便利に使えます。

会員制サイトが向いているのは、ファイル形式のコンテンツ販売、月額課金サービスの販売、コミュニティ機能などを目的として運営したい場合です。

会員制サイトでやりたいことは何か考え、本当に会員サイトでなければいけないのかをはっきりさせましょう。

目的

会員制サイトの運営は、目的をはっきりさせてから行います。

無料登録者のフォローがしたい、定期購読の仕組みを作りたい、ダウンロード販売がしたい、コミュニティの運営がしたいなど、それぞれ目的があるでしょう。それをまずははっきりさせてください。

会員制サイトの目的によって、便利な形態は違います。

ユーザーにとって使い勝手のよい会員制サイトを作るためにも、まずは目的を明らかにして構築に取り組みましょう。

求める機能

会員制サイト運営に必須の基本的な機能は主に5つに分類できます。

まず必要なのが、会員制サイトに入る前段階のシステムです。ログインページ、ID・パスワード忘れ対策ページ、プライバシーポリシー、特定商取引ページなどがそれにあたります。

次に必要なのが登録フォームと、会員制サイト本体です。これだけあれば、ユーザーの目に触れる部分が揃います。

ほかにも、管理者のためのシステムを用意しましょう。会員のデータ管理システムや、問い合わせに対応するためのシステムです。ここに、決済機能を持たせるシステムを連携させれば、会員制サイトの運営に必要な機能は一通り揃ったことになります。

あとは、必要に応じて、それぞれのシステムに機能を追加していきましょう。

会員制サイト構築のメリットは?方法やポイントのまとめ

ASPサービスの選び方

ASPサービスは、インターネットにつながっているパソコンがあれば、いつでもどこでも会員制サイトの運営や管理ができます。コストも比較的低く抑えられるASPサービスは、何を基準に選ぶのがよいでしょうか?

機能

ASPサービス選びで最も大切なのは、会員制サイトの目的に合った機能が使えるかどうかです。

同じ機能が備わっていたとしても、基本機能なのか有料の拡張機能なのかによって使い勝手が変わります。運営する会員制サイトにぴったりの機能を持ったASPサービスを選びましょう。

たとえば、会員制サイトにマイページを設置するとします。その場合、会員サイト管理・会員データベース管理・管理者権限設定・アクセスログといった機能が使えるか確認が必要です。

セキュリティ

セキュリティは顧客情報を預かる会員制サイトの運営で、最も重視しなければいけません。顧客情報の流出は会社の信頼を揺るがす一大事だからです。

そのため、ASPサービスで提供されるツールが、どのようなセキュリティ対策をしているか、きちんと確認しましょう。セキュリティがしっかりしたサービスを利用し、情報流出のリスクを抑えます。

また、管理者権限の設定ができることも大切です。誰でも自由に会員情報にアクセスできる状態だと、ヒューマンエラーによる情報流出の可能性が高まります。

もしものときの責任の所在を明らかにするためにも、管理者権限の設定をして、顧客情報へのアクセスを制限しましょう。

料金

料金の費用対効果を検討することも、ASPサービスを選ぶ際には大切です。料金に対して効果が低いようであれば、会員制サイトを作ってもコストだけかかる結果になってしまいます。

会員制サイトでより効果的な顧客管理をするには、適切な料金であることが大切です。

そのためには、必要最小限の機能のみを備えたサービスを選ぶことです。多機能のASPサービスもありますが、機能が多くなればなるほど料金が高くなります。

会員制サイトの運営目的に合わなかったり、使いこなせない機能があったりするサービスは除外して、適切な料金で運営できるサービス選びをしましょう。

会員サイトをASPサービスで作る。作成ポイントやサービスの選び方

WordPress利用の際に必要なもの

会員制サイトはWordPressなど、サイト構築するためのシステムを使って作ることもできます。WordPressを使った会員制サイトでは、何が必要なのでしょうか?用意すべきものを紹介します。

ドメイン

WordPressを利用するときには、ドメインが必要です。ドメインはサイトの住所のようなもので、URLの『http://』以下の部分のことを指します。

住所が書いていない郵便物を配達員が届けられないのと同じで、ドメインがなければインターネット上にサイトがあっても見つけだせません。

ドメインは、インターネット上のサイトを探し出すために必要なのです。WordPressでサイトを作るときには、必ずオリジナルのドメインを取得しましょう。

レンタルサーバー

次に必要なのがレンタルサーバーです。

ドメインが住所ならサーバーは土地といえます。WordPressのサイトという家を建てるためには、土地が必要なのです。サーバーは自社で用意することもできますが。まずはレンタルサーバーを利用するのが手軽でおすすめです。

WordPressプラグイン

ドメイン(住所)・レンタルサーバー(土地)・WordPress(家)が揃ったら、プラグインでWordPressをカスタマイズしていきます。

家であれば、使い勝手がよくなるように、リフォームしたり家具を配置したりします。WordPressでそれをするのがプラグインというわけです。

会員制サイト作成用のプラグインを導入すると、WordPressサイトが会員制サイトの機能を持ちます。あとは、デザインを調整し、使いやすく仕上げれば完成です。

会員制サイトをWordPressで作成。手順やプラグインの選び方

WordPressプラグインの選び方

会員制サイト作成用のプラグインは複数あります。最適なプラグインを選ぶには、どういった基準で選ぶのがよいでしょうか?

目的

まず大切なのは、目的に合ったプラグインかということです。代表的なプラグインの特徴を知り、最適なものを選びましょう。

プラグインの種類には、会員限定ページを作るシンプルな会員制サイトに向いているタイプ会員を分類して管理できるタイプなどがあります。分類して管理するタイプは、会員にランクづけして専用の特典をつける、といった場合に便利です。

また、SNS機能で会員相互のコミュニケーションを可能にしたい場合に適しているタイプもあります。たとえば、社内SNSとして活用する、といった使い方が可能です。

拡張機能

プラグイン選びは『拡張機能』も大切なポイントです。

どんな機能を拡張機能として使えるのか、標準機能にどんな機能が備わっているのか、プラグインの機能を比較しましょう。目的に合った機能が過不足なくついているプラグインであることが重要です。

デザイン

WordPressを使って会員制サイトを作る場合、デザインもポイントの1つです。無料で使えるテーマのまま会員制サイトのプラグインを追加すると、デザインが安っぽいサイトになってしまいます。

そのため、WordPressで作る会員制サイトは、デザイン用の予算を別途確保するのがおすすめです。

また、テーマがプラグインに対応しておらず、うまく機能しないということもあります。テーマとプラグインの相性も考慮して選びましょう。

まとめ

会員制サイトを作るには、ASPサービスを利用する方法と、WordPressサイトにプラグインを導入する方法があります。

より手軽に会員制サイトを作るならASPサービスが向いていますし、既存のWordPressサイトがあるならプラグインの利用がおすすめです。

会員制サイトをどういった目的で運営したいのかも考えましょう。目的をはっきりさせることで、最適な機能を備えた会員制サイトを作れます。よりよい顧客管理に、会員制サイトを役立ててください。

この記事に関連するソリューション

会員サイト構築

詳しく見る

お問い合わせ
お問い合わせ

TOP TOP

お電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さいお電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さい

0120-935-463 受付時間|平日9:00~18:000120-935-463 受付時間|平日9:00~18:00
お問い合わせ お問い合わせ 無料トライアルにお申し込み 無料トライアルにお申し込み

一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は、03-5575-6601におかけください。(通話料金がかかります。)

認証・制度
パイプドビッツのマネジメントシステム
個人情報保護方針

プライバシーマーク ANAB SMP ANAB ASPSaaS IaaSPaaS