会員サイトをASPサービスで作る。作成ポイントやサービスの選び方

掲載日:
2019/03/07
更新日:
2019/05/21

ソリューション

会員サイト構築

ASPサービスはインターネット上で提供される、さまざまなシステムのことです。会員制サイト作り専用のASPサービスを使えば、簡単に会員制サイトが作れるでしょう。サービス選びやサイト作りのポイントを解説していきます。

会員サイトを作る方法とは

顧客との関係性を深めるのに役立つ会員制サイトは、どのように作るのでしょうか?ここでは、作りやすい2種類の方法を紹介します。自社の運営体制に合ったベストな方法で会員制サイトを作りましょう。

ASPサービスを利用する

会員制サイトを制作する目的で作られたASPサービスを使えば、比較的簡単にサイトの構築ができます。専用のシステムならではの使いやすい操作画面で、構築も運営もストレスなく行えるのです。

またASPサービスは、インターネットを通じて使えるサービスなので、自社でサーバーを用意しなくてよいというのも魅力です。

サーバーを管理する人材がいなくても運営できますし、インターネットにつながるパソコンさえあれば、時間や場所を問わず管理できます。

CMSにプラグインを導入する

WordPressなど、サイト作り専用のシステム(CMS)を使って自社サイトを作っているなら、プラグインを導入して会員制サイトを作る方法もあります。

今あるものを活用して会員制サイト作りができるので、導入コストが非常に安価です。

会員制サイトを作るための専用プラグインには、さまざまなものがあります。無制限に会員グループを作れるものや、WordPressで作成したコンテンツの販売ができるプラグインなどです。

それぞれ機能に特徴があるので、会員制サイトの目的に合わせたプラグインを選びましょう。

CMSを使った会員制サイト作りでは、フリーテーマとプラグインの相性に注意が必要です。組み合わせによってはうまく機能しないことがあるので、プラグインが機能するテーマを選んでください。

会員管理システムはクラウドが良い?メリットとデメリット両方知ろう

会員サイトを作るメリットとは

会員登録した顧客のみに閲覧を制限する会員制サイトには、どんなメリットがあるのでしょうか?会員制サイトでできることについて解説します。

顧客との関係性を作る

顧客との関係性を深めることは、すぐにできることではありません。徐々に親密度を増していくのです。

会員制サイトは、顧客との親密度を増していく過程でとても役立ちます。たとえば、ログインしたときに「〇〇さんこんにちは」というあいさつを表示するだけで、お客様全員ではなく特定の個人へ向けた特別感のあるメッセージになるのです。

通常のサイトとは違う、コアなメッセージを掲載することや、会員限定キャンペーンすることも、会員登録した顧客だけに届けられる特別なメッセージになるでしょう。

このように、顧客に対して優遇する個別の対応ができるため、顧客が単なるお客様ではなく、ファンになっていきやすいのです。

限定コンテンツの提供

会員だけに特別なコンテンツを届けられるのも、会員制サイトのメリットです。

会員登録への特典としてプレゼントするのはもちろん、クレジット機能をつけて限定コンテンツの販売もできます。

定期的に決まった金額が決済されるシステムにすれば、有料メルマガなど定期配信のコンテンツ販売も可能です。ファイル形式になっているテキストや動画なら、会員制サイト内で閲覧できる仕組みも作れるので、購入後すぐに見てもらえるでしょう。

継続率の向上

顧客が商品やサービスを継続的に利用するのにも、会員制サイトは役立ちます。

継続利用しやすい形態のサービスを提供できること、顧客の喜ぶサービスを提供することで、継続率を高めるのに役立つのです。継続率を高めると、ライフタイムバリュー(LTV)も高まります

LTVは、顧客が特定の企業やブランドの商品・サービスなどを購入し始めてから購入しなくなるまでに、どれだけ利益をもたらすか計算したものです。

そのため、会員制サイトは、顧客の利用を継続させるのに役立ち、それは利益にもつながる、といえます。

会員制サイト構築のメリットは?方法やポイントのまとめ

会員サイト作りで考えること

構築にも運営にも手間と時間のかかる会員制サイトは、よく考えてから作らなければいけません。どういった目的でどんな機能を利用するのかはもちろん、そもそも必要性があるのかという検討も必要です。

会員制サイトの必要性

まず考えるべきなのは、会員制サイトが本当に必要かどうかです。

会員制サイトを作るべきなのは、『コンテンツ購入者との長期的関係構築を目指す』『月額課金サービスの提供』『会員同士のコミュニティ機能を持たせる』という場合です。

会員制サイト以外のサービスで代用できるケースもあります。

無料メルマガの配信がしたいなら、メルマガシステムの方が運営しやすいでしょう。単発のコンテンツ販売なら、コンテンツマーケットの利用も検討してみましょう。また、配送を伴う物販は、ショッピングカート機能を持ったシステムの方がマッチします。

上記の例を参考に、今一度、本当に会員制サイトでなければいけないのか、よく考えてみましょう。

起ち上げるサイトの目的

どのような目的で会員制サイトを起ち上げるのか、はっきりさせることも大切です。目的によって必要な機能が違いますし、それによって最適なサービスも変わります。

同じ会員制サイトでも、無料登録者のフォローが目的であるのと、会員同士のコミュニティ作りが目的であるのとでは、内容が違ってくるのです。

そのため、目的をはっきりさせてから作り始めましょう。

運営上で求める機能

会員制サイトは、システムを組み合わせることで機能しています。運営上必要な最低限の機能は、主に6種類です。

顧客から見える部分は、会員サイトに入るためのシステム・登録フォーム・会員サイトそのものがあります。管理者のための部分は、会員データ管理・管理者向け機能です。

ここに、決済のためのシステムを組み合わせると、基本的なシステムを持った会員制サイトができあがります。

より使い勝手がよく目的に合ったサイトにカスタマイズするには、それぞれのシステムにログインページ・ダウンロードページなどのさまざまな機能を組み合わせていきましょう。

会員管理システムの基礎を押さえよう。特徴や種類、選び方のまとめ

ASPサービスの選び方

会員制サイトを作るためのASPサービスはたくさんの種類があります。サービスによって利用できる機能やセキュリティが違うので、必要に合わせて最適なサービスを選びましょう。

基本機能

最初から備わっている基本機能は、会員制サイトの運営に必要不可欠な機能と言い換えられます。一方、拡張機能は、追加することでより目的に沿った会員制サイト作りができる機能です。

たとえば、イベント・セミナー管理、定期的な決済の管理システムなどの拡張機能があります。こうした拡張機能を必要に応じて選ぶと、会員制サイトのカスタマイズができるのです。

ASPサービス事業者によって、基本機能と拡張機能で用意されているシステムが違います。使いたい機能を事前にピックアップし、必要な機能が使えるサービスを選びましょう。

セキュリティ対策

ASPサービス選びでは、セキュリティ対策をチェックすることも大切です。

会員制サイトでは会員の個人情報を預かります。大切な個人情報の流出を避けるためにも、万全のセキュリティ対策が必要なのです。

セキュリティ対策では、まず責任の所在を明らかにしましょう。そのためには、データの閲覧や編集の権限設定ができることがポイントです。

また、不正アクセス・不正プログラムから守るための仕組みも欠かせません。SSLの導入で通信が暗号化されているかもチェックしましょう。

個人情報の漏洩は、企業の信頼を失う一大事です。万全のセキュリティで事前に対策してください。

まとめ

ASPサービスを使うと、会員制サイトを手軽に作れます。インターネット環境があればどこでも利用できますし、使いやすいよう工夫された操作画面だからです。

便利なASPサービスはさまざまな種類があるので、必要な機能を備えセキュリティ対策が行われているものを選択してください。

紹介した方法で、ぜひASPサービスを使った会員制サイトを導入してみましょう。

この記事に関連するソリューション

会員サイト構築

詳しく見る

お問い合わせ
お問い合わせ

TOP TOP

お電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さいお電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さい

0120-935-463 受付時間|平日9:00~18:000120-935-463 受付時間|平日9:00~18:00
お問い合わせ お問い合わせ 無料トライアルにお申し込み 無料トライアルにお申し込み

一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は、03-5575-6601におかけください。(通話料金がかかります。)

認証・制度
パイプドビッツのマネジメントシステム
個人情報保護方針

プライバシーマーク ANAB SMP ANAB ASPSaaS IaaSPaaS