セミナーのアンケート項目サンプル。最低限設けておきたい質問とは

掲載日:
2019/01/18
更新日:
2019/08/08

ソリューション

セミナー・イベント管理

自社でセミナーを行い、その感想や評価をアンケートとして入手することは、今後のセミナーの企画運営や顧客管理に役立ちます。積極的に活用したいところですが、最低限設けておきたい質問とはどのようなものがあるのでしょうか。

セミナーアンケートの作り方

アンケートは答える側の手間にもなるので、できる限りシンプルな、質問の少ない内容が理想です。A4の用紙1枚におさまるよう、今後の企画運営に必要な設問だけを記載しましょう。

また、回収率や回答率を上げるためには、いくつかのコツが必要です。どうしたらより具体的な回答が得られるのかを解説します。

答えたくなるタイトルをつける

単に『アンケート』という名前にするよりは、『セミナー振り返りシート』や『ご意見シート』など、切り口を変えたほうが回収率は上がりやすくなります。これはアンケートと聞くと、書かなくても良いものと認識されがちになるためです。

相手の負担を考慮し、『ご意見を伺い、今後より良いセミナーを開催するためにご協力ください』など、一言添えておくのも有効です。参加者が答えたくなる体裁を整えることが、良いアンケートと言えます。

知りたいことから設問し、質問は絞る

セミナーの開催後、自社で欲しいデータはどんなものでしょうか。セミナーの内容によっても変わってきますが、優先度の高いものから知りたいことを設問に入れましょう。

セミナーの感想なのか、顧客の情報なのかなど、選択肢は多くにあります。余計な設問を入れることなく、今後セミナー企画、運営をする上で有益な情報を手に入れましょう。

セミナーアンケートの作成方法については、「セミナーアンケートの作り方。事前準備から項目作成までの流れ」をご一読ください。

顧客の情報に関する項目サンプル

アンケートの肝は『何を何のために質問するのか』です。ただ単に感想を書くだけのシートを作り、自己満足してしまっては意味がありません。あくまでも攻めのツールです。

アンケートで得た情報は、次のセミナーに活かすべきため、いくつか必須の項目があります。その中でも、参加者に関する情報は貴重です。しっかりと設問に入れましょう。

氏名と会社名、連絡先を記入してもらう

アンケートの下部には、参加者の氏名・会社名・連絡先を記載してもらうスペースを確保しましょう。書いてもらえれば次回以降のセミナーの案内を出せるほか、やりとりも円滑になります。

これは参加者から顧客へと変えていくために、とても大切な項目です。セミナーの内容に興味を持ってもらえればビジネス上の関係が発生します。ほぼ必須項目と考えていいでしょう。

チェックボックスで顧客の属性が一目瞭然

質問をチェックボックス式にするのも有効です。記入する側の手間も軽減できますし、集計することによって参加者、顧客の属性がはっきりとわかります。質問も作りやすくなるでしょう。

チェックボックスと自由回答スペースを併用した設問も有効です。たとえば業務上の悩みがあるか聞き、あると回答した人にはその内容を記載してもらう、といったものです。

どうしたらより答えやすいか、回答者の立場に立って設問しましょう。

セミナーの参加動機に関する項目サンプル

どのようなプロセスで、セミナーに参加したのかを聞くことも重要です。ある程度偏りは出てきますが、今後の宣伝告知の参考になります。加えて、参加動機がどこにあるかも調査しましょう。

知ったきっかけをチェックボックス式で設問

テレビ、新聞ラジオ、インターネット広告、ダイレクトメールなど、宣伝する媒体は数多く存在します。その参加者が何を見聞きして参加に至ったのか把握して、今後の告知に活かしましょう。

設問はチェックボックス式で作成し、さらに、重要な項目なのでアンケート上部に記載することが望ましいです。宣伝活動は集客に大きな影響を及ぼすので、忘れないようにしましょう。

どんなこと困っているかを聞く

セミナーの参加者は、多くの場合ビジネスにおいて困っていることがあります。あるいは、自社の経営、運営に改善の余地があると思っています。その内容について聞けるか どうかも重要です。

それほど広いスペースでなくてもかまわないので、自由に記載できる場所を作りましょう。悩みを共有することによって、アフターケアが可能になりビジネスチャンスが生まれます。

セミナーの内容に関する項目サンプル

もちろん、セミナーそのものに関する設問も必要です。このセミナーを通して何を得られたか、話の内容はわかりやすかったかなど、今後に活かせる情報がたくさん引き出しましょう。

満足度の回答欄に5段階のレベルを設定

『セミナーの満足度』『話の内容やわかりやすさ』などを、5段階にして設問すると全体的なセミナーの質が見えてきます。満足・まあまあ満足・普通・やや不満・不満などの選択肢を用意しましょう。

自由回答形式で意見や要望を聞く

最後に入れておきたいのが、自由回答形式で意見や要望を書けるスペースです。参加者のより具体的な考えを取り入れることで、次回以降の企画の参考にできます。

すべてのコメントに目を通すのは手間がかかりますが、その分有益な情報を得られるというメリットがあります。貴重な意見として今後のセミナー開催に活かしましょう。

セミナーアンケートの質問例については、「セミナーアンケートのテンプレートをエクセルで。作成方法と質問例」をご覧ください。

まとめ

アンケートは、セミナー参加者の考えを知ることのできる貴重なツールです。ここで有益な情報を手に入れて始めて、セミナーを成功させることができます。アンケートをうまく活用し、マーケティングに活かしましょう。

シンプルな設問、魅力のあるタイトルなど、良いアンケート作りのために考えなければならないことは沢山あります。完璧なアンケートは存在しませんが、良いセミナー開催の一部と考えて、しっかりと準備しましょう。

セミナーアンケートの回答例と選択肢。答えたくなる工夫で回答率UP

お問い合わせ
お問い合わせ

TOP TOP

お電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さいお電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さい

0120-935-463 受付時間|平日9:00~18:000120-935-463 受付時間|平日9:00~18:00
お問い合わせ お問い合わせ 無料トライアルにお申し込み 無料トライアルにお申し込み

一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は、03-5575-6601におかけください。(通話料金がかかります。)

認証・制度
マネジメントシステム
個人情報保護方針

プライバシーマーク ANAB SMP ANAB ASPSaaS IaaSPaaS