SPIRAL ソリューション

オムニチャネル化ソリューション

オムニチャネル化ソリューション

最近の研究成果

サービス連携 プライベートDMPのパーソナライズメール配信機能をスパイラル®により強化
~「R∞(アールエイト)」と「スパイラル®」が連携開始~
株式会社デジミホ(以下、デジミホ)は、WebとITの活用により企業のマーケティングコミュニケーション活動をサポートするマーケティング企業だ。企業のプロモーションからCRMまでの戦略立案やPDCA運用、・・・。

詳細を見る

オムニチャネルとは

一般的に「オムニチャネル」とは実店舗やオンラインショップなどの様々な販売チャネルや流通チャネルを統合し、
顧客がどのチャネルからでも同じように購入できる状態を指します。
インターネットの普及やスマートフォン、タブレットなどのモバイル端末の利用拡大を受け、
現在、消費者の購買行動や売り手の販売チャネルが多様化しています。
この状況から「いつでも」「どこでも」同じ品質のサービスが受けられるという新しい小売の在り方が注目され、
「オムニチャネル化」へ向けた取り組みを行う企業が増えています。

実店舗 コーポレートサイト カタログ コールセンター ECサイト

オムニチャネル化を進める上での課題

企業と顧客の接点や関係性において、O2Oやオムニチャネルなど売上増加や顧客増加の新しい取組みが登場していますが、
有識者やリソースの不足などにより、実践できない企業も多数存在しています。

また、O2Oやオムニチャネルなどをすでに取り入れている企業においても、
成功事例がまだまだ少ない今日、他社と比較した自社の成功度合いを分析することや
コストに見合う成果を挙げているのか測定することは困難であり、
ましてや、効果の高い施策を将来に渡って設計することは非常に難しい側面があります。

とりわけオムニチャネルに関しては、その有用性は認知されつつあるものの、
ベストプラクティス、設計や構築ノウハウがまだ確立されておらず、過渡期にあるといわれています。

  • 有識者・リソース不足
  • コストと成長のバランス
  • ベストプラクティス・ノウハウ不足

わたしたちが提供するオムニチャネル施策

スパイラル®オムニチャネルソリューション

パイプドビッツでは、これらの解決策として販売チャネルや流通チャネルを統合する「オムニチャネル化」を実践しています。
オムニチャネル化を進めていくことで、顧客がどのシーンにおいても同じように商品を購入できる環境を目指し、
顧客拡大や購買促進につなげていきます。

顧客情報の統一管理
実店舗、オンラインショップ、サポートセンターなどでそれぞれ独自に管理している顧客情報を連携し、一人の顧客をひとりとしてみるための、顧客情報の統一管理を行います。
顧客の属性や行動情報の整理
実店舗とオンラインショップで相互活用ができてない商品や購買の情報、行動についてのログなどを今後の購買予測に使えるデータへ整理を行います。
顧客対応を統一するための支援
実店舗と、オンラインショップ、Webフォームなど、顧客へのタッチポイントの整理を行い、チャネルにより対応が異なることがないよう、顧客対応統一化のための支援を行います。

私たちはマルチクラウドによりオムニチャネル化施策を提供します。

オムニチャネル化施策の領域

実践研究成果

ユーザ導入事例
Coming soon
サービス連携
DIGIMIHO Do something unexpected. 100万人の顧客に100万通りのタイミング×施策
プライベートDMPのパーソナライズメール配信機能をスパイラル®により強化
〜「R∞(アール・エイト)」と「スパイラル®」が連携開始〜
報告・レポート
Coming soon

ソリューショントップに戻る

mautic is open source marketing automation
お問い合わせ

お役立ち情報 見テ知ル お役立ち情報 見テ知ル

TOP TOP

お電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さいお電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さい

0120-935-463 受付時間|平日9:00~18:000120-935-463 受付時間|平日9:00~18:00
お問い合わせ お問い合わせ
認証・制度
ISO/IEC 20000-1:2011/JIS Q 20000-1:2012(ITMS 51319)認証の登録範囲は、スパイラル事業関連部門及びスパイラルEC事業関連部門における顧客向けプラットフォームサービスの提供をサポートするITサービスマネジメントシステムです。
パイプドビッツのマネジメントシステム
個人情報保護方針

プライバシーマーク ANAB SMP ANAB ASPSaaS IaaSPaaS