SPIRAL®マルチデータ活用アプリ作成クラウドツール

  • SPIRAL EC TOP
  • 特長
  • 機能
  • LINE連携
  • 決済
  • SPIRAL EC® API
  • アップデート
  • セキュリティ

BaaS製品概要

バックエンドはSPIRAL®におまかせ。
SPIRAL®をBaaSとして利用しスマホアプリを開発しよう。

PUSH MAIL GPS DB API

スマートデバイス向けアプリの開発、運用に必要な
サーバー機能を提供するプラットフォーム「BaaS」

スマホアプリ開発のニーズから生まれたBaaS

スマートフォン、タブレットなど、スマートデバイスの普及が進んでいる現在、ソーシャルゲームなどのスマホアプリ開発のニーズが高まっています。このスマホアプリ開発は、フロントエンド側(ユーザーと直接やり取りするソフトウェア)の開発とバックエンド側(DBサーバーやWebアプリケーションサーバーなど)の開発が必要になります。

しかし、スマホアプリ開発会社の中には、バックエンド側の開発を担うエンジニアがいない、またはインフラエンジニアがいないためにサーバーの運用ができないという場合があります。このような場合、開発会社はフロントエンド側の開発は自社で行い、バックエンド側の開発は外注することになり、コストと時間がかかってしまいます。さらに、変化が早いスマホアプリの世界で求められるスピーディな開発が難しくなります。

これらの問題の解決策として、スマホアプリの開発、運用に必要なサーバー機能に特化したBaaS(Backend as a Service)という形態のクラウドサービスが生まれました。

主なクラウドサービスの形態と概要

SaaS アプリケーション(ソフトウェア)を提供
BaaS スマホアプリの開発・運用に必要なサーバー側の機能を提供
PaaS アプリケーションを稼働するための基盤を提供
IaaS サーバー、CPU、ストレージなどのインフラの仮想化

BaaSを利用するメリット

BaaSの利用には、開発、運用の面で、大きく2つのメリットがあります。

1)スピード開発
バックエンド側の開発、管理作業を行う必要がなくなるため、フロントエンド側の開発にリソースを集中させ、開発スピードを上げることができます。
2)コスト削減 
スマホアプリの開発・運用には、冗長化したWebサーバーやDBサーバー、負荷分散等を管理するサーバーなどが必要になります。IaaSや自社サーバーなどを利用する場合は、 利用者が減ってきた際にこれらのサーバーの管理コストが問題になります。 BaaSであれば、複数企業・アカウントがサーバーを共有しているため、管理コストを低く抑えられます。
また、サーバー整備に必要な人員コストの圧縮、スピーディな開発による工数短縮などのコストメリットもあります。

  フロントエンド バックエンド
IaaS、
自社サーバー
セッティング メンテナンス 保守人員
BaaS SPIRAL®

スマホアプリ開発におけるサーバー構築方法の違いによる比較

項目 自社サーバー 一般的なIaaS 一般的なPaaS SPIRAL®
コスト 初期コスト
運用コスト
作業負担 OS・ミドルウェアの導入
・管理
バックエンド機能開発 なし
スケールアップ/アウト

スパイラル®はBaaS機能を強化し、
「スマホアプリ開発に最適な環境」を提供します。

スパイラル®で各種設定を行い、スパイラル APIを呼び出すだけで、サーバー側のコードを書かずに必要なサービス構築が完了します。 スパイラル®では、認証・ユーザー管理、ファイル管理、プッシュ通知、位置情報など、UIを除いた、バックエンド側の機能をAPIを通じて提供します。

会員情報等のDBの機能
59種類のフィールドから自由にDBを発行。APIでデータの登録、変更、削除が行えます。
ログイン認証機能
用途、目的に合わせた5種類の認証機構をご用意しています。
ソーシャル連携
APIを通じて、Twitter、Facebook等のソーシャルサービスと連携できます。
ファイルストレージ
テキストはもちろん画像データを登録できます。
ロケーション
位置情報を取得し、登録できます。
プッシュ通知
メール配信
スマホへのプッシュ通知、各種デバイス、キャリアへのメール配信に対応しています。
キャッシュ機能
PHP用のキャッシュライブラリをご用意しています。
分析機能
DBに登録されたデータを集計し、表やグラフとして出力できます。
スケジュール実行
スケジュールを設定し、登録したプログラムを実行。定期的なバッチ処理も行えます。
API開発
スパイラル®にプログラムを設置し、独自APIを作成することができます。

SPIRAL®の優位性

実績豊富なメール配信機能

実績豊富なメール配信機能

携帯、スマートフォンへのメール配信は、各携帯キャリアごとに最適な配信を行う必要がありますが、スパイラル®は独自のMTAを実装し、10年以上の実績・ノウハウをもとに「届く」メール配信を提供しています。
また、高速配信、送り分け、コンテンツ差し替えなど豊富な配信機能を備えています。

Passbook対応パス発行

Passbook対応パス発行

Passbook※1に対応したパスを簡単に発行できます。
スマホアプリと連動したO2Oソリューションなどに活用できます。

豊富なコンポーネント

豊富なコンポーネント

スパイラル®は、PaaSとして様々なコンポーネントを用意しており、コンポーネントの組み合わせで、さまざまなWebアプリケーションを構築できます。
スマホアプリを運用していく上では、さまざまなWebサービス(会員限定サイトやメールマガジンなど)をともないますが、スパイラル®ならワンストップでこれらを用意することができます。

※1 PassbookはApple Inc.が提供するデジタルクーポン管理アプリです。Passbookは、米国Apple Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。

プッシュ通知、メール、2通りの連絡手段を用意し、
スマホユーザーへの情報伝達力を高める。

プッシュ通知とメール配信では、情報伝達の場面でそれぞれ特徴があります。 両方の手段を使えるようにすることで、送信者が最適な手段を場面場面で選択できるのはもちろん、受信者であるスマホユーザーも好ましい手段を選択することができます。

項目 プッシュ通知 メール配信 補足説明
オプトインのしやすさ プッシュ通知はアプリ起動時にワンクリックでオプトインできる。
通知の視認性 ポップアップするプッシュ通知の方が高い。メール配信でもローカルプッシュ設定をしている場合は高い。
メッセージの文字数と表現 プッシュ通知は面表示できる文字数が少ない。
メールはHTMLで表現力を高めることができる。
メッセージの保存 × メールはメーラーにメッセージが保存できるため、検索することができる。
セグメント配信 プッシュ通知は多様な属性を取得するにはアプリとの連動が必要。メールは登録時にエントリーに取得が可能。
信頼性 プッシュ通知は規約により信頼性を保証されていない。メール配信はキャリアブロックに対応できる仕組みを実装していれば安定した配信が期待できる。
SPIRAL®でプッシュ通知、メール配信を実現した場合のフロー例
mautic is open source marketing automation
お問い合わせ

お役立ち情報 見テ知ル お役立ち情報 見テ知ル

パイプドビッツ採用情報

TOP TOP

  • SPIRAL EC TOP
  • 特長
  • 機能
  • LINE連携
  • 決済
  • SPIRAL EC® API
  • アップデート
  • セキュリティ

お電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さいお電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さい

0120-935-463 受付時間|平日9:00~18:000120-935-463 受付時間|平日9:00~18:00
お問い合わせ お問い合わせ
認証・制度
ISO/IEC 20000-1:2011/JIS Q 20000-1:2012(ITMS 51319)認証の登録範囲は、スパイラル事業関連部門及びスパイラルEC事業関連部門における顧客向けプラットフォームサービスの提供をサポートするITサービスマネジメントシステムです。
パイプドビッツのマネジメントシステム
個人情報保護方針

プライバシーマーク ANAB SMP ANAB ASPSaaS IaaSPaaS