SPIRAL®マルチデータ活用アプリ作成クラウドツール

API

広がる表現・安全な認証・自由な連携

スパイラル®APIを利用することで、スパイラル®へ外部システムからアクセスすることが可能になり、会員や顧客の大切な個人情報を管理しやすくなります。

外部システムと自由に連携

SPIRAL® APIで、外部システムとも自由に連携。お客様のニーズにあわせて、柔軟でセキュアなシステム設計が可能になります。

特長
CMS連携からMAまで

独自CMSやマーケティングオートメーションツールなど、これまで実現が難しかった複雑な業務アプリケーションを自由に構築。

利用ケース
開発言語に依存しない

データフォーマットはJSONでご提供しています。 そのため、開発言語に依存せずにご利用いただけます。

API仕様

APIへ戻る

特長

全体像

スパイラル®APIを利用することで、スパイラル®へ外部システムからアクセスすることが可能になり、会員や顧客の大切な個人情報を安全なスパイラル®のDBに預け、管理しやすくなります。また、APIを通して、スパイラル®で設定したWebコンテンツを外部システムに出力したり、外部システムからメール配信操作を実行したりといった機能を活用し、柔軟なアプリケーション構築が可能になります。

スパイラル®APIでビジネスロジックを実現

一覧表や集計表機能でビジネスロジックを実現。 業務フローにあったアプリケーションを構築するためには、認証や権限管理、データ抽出・検索など、ロジックが必要です。このようなアプリケーション構築の場面でも、スパイラル®のWebパーツ機能やトランザクションDBを活用すれば、簡単に業務フローのロジックを構築し、APIで利用できます。ロジック部分をプログラムとして開発する必要がなく、開発コード量を最小限に抑えた短期間での開発が可能になります。

アプリケーション構築をより自由に

DB操作・メール配信・マイエリア(認証)・一覧表・集計表と、各種機能のAPIを取り揃えているので、外部システムと連携しながら、業務フローにあわせたアプリケーションを自由に構築できるようになります。例えば、CMSとスパイラル®をAPIでつなげて、会員サイトを構築したり、スパイラル®のDBから商品の情報を出力し、FacebookなどのSNS上に表示したりといったことができます。

安心のセキュリティ 二重のガードでデータを守る

スパイラル®APIを利用するには、APIトークンとAPIトークンシークレットの発行が必要です。
APIトークンとAPIトークンシークレットは、操作画面で入力した任意のキーワードをもとに自動生成されます。
APIトークンとAPIトークンシークレットで、利用ユーザーを特定し、第三者が勝手にAPIを利用できないようにします。APIトークンとAPIトークンシークレット、二重のガードでデータを守ります。

オープンAPIで自由自在なシステム設計

ver.1.11.2(2012年7月24日リリース)から、「オープンAPI」が追加されました。
これにより、スパイラル®APIのカスタムプログラムへの接続は「セキュアAPI」と「オープンAPI」の2種類となります。
従来のスパイラル®APIは、DBや配信などを操作するためにセキュリティの高い「セキュアAPI」ですが、新たにpasskeyとsignatureを必要としない「オープンAPI」を追加し、JavaScriptやスマホなど任意のクライアントプログラムから、誰からもアクセスできるスパイラル®のカスタムプログラムに対して容易にアクセスできるようになりました。
スパイラル®には、データを正規化できる「トランザクションDB」、PHPプログラムを実行できる「カスタムプログラム」に加え、今回の「オープンAPI」を拡張した「スパイラル®API」など、開発者がお客様のニーズにあわせて自由自在にシステム設計できる環境があります。

APIへ戻る

利用ケース

CMS用のDBプラグインを開発して、会員型CMSの独自パッケージを開発

スパイラル®とCMSをAPIで連携して会員サイトを構築しましょう。 スパイラル®のプラットフォームを利用することで、会員登録、登録情報の変更、会員ページへのログインなど、会員管理の仕組みを自由に設計・構築できま す。登録する会員情報を案件に応じてカスタマイズできます。認証に使うパスワードの保管方法(暗号化方式)も指定可能です。また、会員を管理するための基本的なプログラムをCMSにプラグインとして組み込めば、案件毎に新規開発することなく、会員サイトを簡単に構築できるようになります。

スパイラルとCMSで独自の顧客管理システムを構築

スパイラル®のプラットフォームを利用することで、CMSだけでは難しかった複雑な業務アプリケーションを自由に構築できるようになります。
例えば、顧客管理システムの場合、スパイラル®APIによるDB操作、配信操作を組み込むことで、システムへのログイン、顧客情報や対応履歴の登録・更新・削除、顧客へのメール配信などを実装した独自のシステムを構築できます。さらに、顧客管理システムからスパイラル®の安全なDBから顧客情報を取得し、メーラーのインターフェースのような操作感覚でメールを送れるようにするなど、クライアントの運用に合わせたUIを開発することも可能です。

フィードもツイートもメルマガも、一つのアプリケーションで配信、管理

ニュースを効果的に広めるために、オフィシャルサイトや各種SNS、twitter、メールマガジンなど、多数の媒体を活用するケースが増えています。しかしながら、利用する媒体が増えるごとに、担当者の作業は増えていきます。スパイラル®APIをSNS、twitterなどのAPIと組み合わせ、 「ニュース掲載用アプリケーション」を開発すれば、1度の投稿で、SNS、twitterへ自動投稿しながら、スパイラル®からメールニュースを送ることが可能になります。

成約につなげる行動ターゲティングメール

自動車販売店では、試乗目的で来店したお客様にメールマガジンの会員登録を促し、新型車の情報やキャンペーン情報を配信していることがあります。メールマガジンの目的は見込客を成約客に育てることですが、メールから誘導したページの閲覧状況など、アクセス解析データを取得していても、データの分析や充分なフォローにはなかなか手が回りません。

スパイラル®のオープンAPI、カスタムプログラムを使えば、一般的なアクセス解析データを取得するだけでなく、メールマガジン会員が閲覧したWebページに合わせてターゲティングメールを送ったり、購入確度の高いお客様が良く閲覧するページを閲覧した場合、営業へ電話アプローチを促す通知メールを送ったりすることができます。簡単なルールを定め、カスタムプログラムで実装するだけで、成約につなげる施策を実施できます。

APIへ戻る

API仕様

API仕様

機能 【DB】
(1)DB操作
【Web】
(1)マイエリア(認証)
(2)一覧表・単票
(3)集計表・グラフ
【メール】
(1)一斉配信
(2)レコード指定配信
通信 JSON
戻り値 JSON

提供メソッド

DB
DB操作の提供メソッド
INSERT レコードの登録
UPDATE レコードの更新
DELETE レコードの削除
SELECT レコードの検索
メール
DB操作の提供メソッド
REGIST 配信設定の登録
UPDATE 配信設定の更新
CANCEL 配信設定の削除
LIST 配信設定一覧の取得
SAMPLING 配信設定のサンプリング配信
SEND レコードを指定した配信
Web
マイエリア操作の提供メソッド
LOGIN マイエリアにログイン
LOGOUT マイエリアからログアウト
STATUS ログイン状態の確認
セション有効期間の延長
MYPAGE マイエリアのカスタムマイページのURLを取得
 
一覧表操作の提供メソッド
DATA 一覧表データを取得する
 
集計表操作の提供メソッド
DATA 集計表データを取得する

mautic is open source marketing automation
お問い合わせ

お役立ち情報 見テ知ル お役立ち情報 見テ知ル

パイプドビッツ採用情報

TOP TOP

お電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さいお電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さい

0120-935-463 受付時間|平日9:00~18:000120-935-463 受付時間|平日9:00~18:00
お問い合わせ お問い合わせ
認証・制度
ISO/IEC 20000-1:2011/JIS Q 20000-1:2012(ITMS 51319)認証の登録範囲は、スパイラル事業関連部門及びスパイラルEC事業関連部門における顧客向けプラットフォームサービスの提供をサポートするITサービスマネジメントシステムです。
パイプドビッツのマネジメントシステム
個人情報保護方針

プライバシーマーク ANAB SMP ANAB ASPSaaS IaaSPaaS