Customer Case お客様事例

〜 業務効率化と高セキュリティ化を図り、新たな顧客開拓も 〜
契約時のサインを画像データとして管理するシステムを開発
SPIRAL®でクレジット契約のペーパーレス化を実現

  • Web開発 アンケート 顧客情報管理
導入会社
ライフティ株式会社
代表者
代表取締役社長 馬場 智
本社
東京都新宿区歌舞伎町 2-46-5 KM 新宿ビル 5F
業務内容
キャッシング(貸金)事業、クレジット(信販)事業
URL
http://www.ryfety.co.jp/
使用サービス
SPIRAL®
<br>代表取締役社長・馬場 智氏<br><br>

代表取締役社長・馬場 智氏

<br>ライフティ株式会社のホームページ

ライフティ株式会社のホームページ
課題
・業務効率化とセキュリティ向上のため、クレジット契約時の書類のやり取りをWebシステム化したかった
解決策
・セキュリティ性能が高く、契約申し込みフォームから顧客情報管理、メール配信までをワンストップで実現できるスパイラルを採用した
選定理由
・導入コストが低廉で、システムの汎用性も高かったため ・パイプドビッツが金融機関や官公庁などと取引があり、セキュリティ性能で安心感があったため
導入後の効果
・書類のWebシステム化により業務効率化と高セキュリティ化を実現できた ・本人確認書面(自筆)も含めてWebフォームに入力するだけなので契約書類の時よりもミスが減った ・書類以外にWebシステムでの契約手法が確立されたため、今まで取引がなかった業界から声がかかるなど、ビジネスの幅が広がった

インタビュー

ライフティ株式会社

ライフティ株式会社は、Webを通じたキャッシング事業とクレジット事業を展開する金融会社です。同社はこのほど、加盟店様を通じて個人のお客様に提供する割賦取引サービスの申し込みフローにスパイラル®を活用したWebシステムを導入。これまで書類を取り交わしていた契約業務のペーパーレス化を実現しました。これにより、業務の効率化と、書類管理をなくしたことによるセキュリティの向上を同時に達成しました。今回は、業界で前例がないシステムとなるためさまざまな困難があったものの、わずか1カ月でのシステム開発を実現しています。企画からシステム開発までの詳細を代表取締役の馬場智氏に伺いました。

R ライフティ株式会社様 P パイプドビッツ 

“紙”の業務フローをWebシステムへ刷新。
費用、セキュリティ、汎用性でスパイラル®を採用。

P
貴社の業務内容についてお聞かせください。
R
1991年に創業した当社は「コンシューマー・ファイナンス・サービス」をテーマに、主にクレジットとキャッシングサービスを提供しています。Webを中心とするビジネスモデルによって多角的な金融サービスをお客様にお届けしてきました。現在は、クレジット部門にスパイラル®を導入し、活用しています。
P
スパイラル®のご利用状況を教えてください。
R

当社はご契約していただいている加盟店様の商品を購入されるお客様へ、割賦取引サービスを提供しています。このクレジット契約はこれまで、すべてのフローに紙の書類を使っていました。この度、一連のフローの中で、お客様のクレジット申し込みから口座引落の決裁までのフローをWeb上で行えるようにしたのですが、このシステムにスパイラル®を使用しています。
加盟店様を通してお客様とクレジット契約を結ぶ際には、従来は申込用紙に記入いただいていましたが、この作業をタブレットなどの画面で入力できるようにしたシステムです。必要事項はその場でフォームに入力していただき、印鑑の代わりにタブレットの画面上でサインをしてもらいます。サインは画像データとして、その他のデータとともにデータベースに格納されます。また、申し込みと同時に確認メールが送信されるなどの機能もあります。

ライフティ様システム管理画面(お申込み情報)
お申し込み情報の管理画面。「サイン」も確認することができます。
P
スパイラル®の導入前は、どのような運用をしていましたか? また、その時はどのような課題がありましたか?
R
今回のシステムは2015年4月半ばから稼働しています。それまでは、クレジット申し込みのすべてのフローを書類で行っていました。現在でも、社内での一部の作業フローで書面でのやり取りは残っていますが、業務効率化という面では大幅に改善されています。
今回のシステム導入は主に、加盟店様の作業を電子化することが目的でした。ただ、訪問販売などを行っている加盟店様では、どうしても紙の契約書が中心になります。このため、書類での手続きを希望される加盟店様もいるので、あえて書類のフローも残しています。
しかし、書類だとどうしても、整理や保管など手間の問題の他、セキュリティ上のリスクが高くなってしまいます。特にブースや小規模店などではリスクと負担が大きくなります。電子化することでこうした課題を解決できると考えました。
P
今回のWebシステムにスパイラル®を選んだ理由は何ですか?
R
システム開発に際し、今回は3社から見積もりを出していただきました。その中でスパイラル®は、費用とセキュリティ、さらにシステムの汎用性などを総合的に判断して選びました。また、パイプドビッツさんの取引先に金融機関や公官庁も多いことを知り、そうした面も決め手になりました。特に、金融庁とお取引があったのが大きかったですね。

参考にするものがなく仕様検討に苦戦。
しかしシステム開発はわずか1カ月で完了。

P
導入を決定してから、実際に運用を開始するまではどのくらいの時間がかかりましたか? その間、問題や課題は発生しましたか?
R
最初にご相談したのが2014年12月で、2015年1月に見積もりや提案をいただきました。契約を締結して開発に取り掛かったのが1月下旬くらいです。4月半ばに運用を開始したのでので、決定から運用開始までは3カ月程度になります。
一番時間がかかったのが、システム開発前の仕様を決める作業です。加盟店様側からさまざまな要望をいただいた他、法的な整合性などを調整する必要があったこともあり、かなり時間がかかっています。その間、毎日のようにパイプドビッツさんとミーティングを実施しました。1月下旬から2月いっぱいくらいは仕様検討に費やしたと思います。このため、実際に開発に取り掛かったのは3月に入ってからなので、システム開発は実質1カ月程度ということになります。
業界でもあまりない試みでしたので、課題はところどころにありましたが、迅速に解決策をご提案いただき、全体としてはスムーズに進めることができたと思っています。
P
導入までの過程で、ご苦労された点や工夫された点などがあれば教えてください。
R
もともと私達の業界にこうしたシステムが見当たらなかったため、参考するものがなかった点が大変でした。ベースになるものがない状態です。これは、仕様検討に時間がかかった一因でもあります。
システム面でも法律や営業面でも参考にするものがないということは逆に、関連する人が言いたいことが言えてしまう状況です。さまざまな意見と法的な制約などを集約して、落とし所を探っていく作業が一番苦労した点かもしれません。
システム開発時にいくつか課題になったのは、署名データをいかに書きやすいものにするか、管理画面上で運用担当者がストレスなく利用することができるかなどの他、iPadで半角カナ入力ができないことなどです。ただ、毎日のように仕様検討を行っている中で、技術的な部分で改善をいただいたり、システム上で厳しい面は違和感・ストレスなく運用でカバーできるようなご提案をいただいたりして解決していきました。

利用者に好評なシステムで新たな顧客開拓も。
「狙い通り」の効果を発揮。

P
Webシステム導入後、利用は広がっていますか?
R

今まで書類のフローしか選べなかった状態だったのが、現在ではWebシステムも選べるようになったので、加盟店様としては選択肢が広がったと言えます。4月以降に契約した新規の加盟店様は、ほとんどWebシステムを選択しています。このため、新しい加盟店様を開拓すると必然的にWebシステムの利用比率が増えてきます。特に、もともとWebを使ったビジネスに力を入れている加盟店様に受け入れていただきやすい仕組みです。
既存の加盟店様へは現在、システムへの切り替えを順次、働きかけている段階で、2015年度末には逆転し、Webシステムの利用の方が多くなると考えています。

クレジット申し込みWebシステムの概要
P
スパイラル®は狙い通りの効果を発揮しましたか?
R
まだ運用を始めたばかりですし、第2フェーズの開発も始まっているので、現時点で具体的に数字で示せるような評価はできていません。ただ、この仕組みができたので、今までお取り引きがなかった業界に食い込んでいけるという手応えを感じています。実際、すでに新規の業界から声をかけていただいています。そういう意味では「狙い通り」と言っていいかもしれません。
P
加盟店様の評価はいかがですか?
R
導入済みの加盟店様はもちろん、導入提案をさせていただいている加盟店候補様からも非常に好印象をいただいています。加盟店様としても、業務効率化につながりますし、電子化によって個人情報などが記載された重要な書類を保管・管理する必要がなくなったことも大きいようです。
また、お店の販売員さんが若年層の場合、紙の書類の作成を覚えてもらうより、タブレットにフォームを用意していれば間違いも少なくなるので、結果的に正確性も向上し、業務も効率化するという効果があるようです。
P
弊社の業務クオリティ、対応スピート、提案力などはいかがでしたか?
R
非常に素晴らしいと思っています。今回は、パイプドビッツの担当さんには、法的な側面も理解したうえで、さまざまなご提案や解決策を提示していただき非常に助かりました。運用面でも小さな修正などにも対応いただいており、大変助かっています。また、開発の面でもパイプドビッツさんと共同で開発にあたっていただいた(SDP会員の)株式会社ジェニュインコーポレーションさんに大変お世話になり、感謝しています。
P
本日はありがとうございました。

資料(PDF)ダウンロード

  • Web開発
  • メール配信
  • 株式会社ガリバーインターナショナル / 朝日火災海上保険株式会社

  • Web開発
  • メール配信
  • 顧客情報管理
  • 株式会社 CA Tech Kids

関連のある記事

  • CA Tech Kids(シーエーテックキッズ)
    カード決済サービスとのシステム連携で、継続率が大幅アップ
    導入会社
    株式会社 CA Tech Kids
    用途
    Web開発 メール配信 顧客情報管理
    サービス
    SPIRAL®
    掲載日
    2015年08月25日
    インタビュー内容を見る
  • Item Link(アイテムリンク)
    迅速に『ポケモンGO』ブームに対応
    導入会社
    株式会社アイテムリンク
    用途
    Web開発 会員サイト構築 顧客情報管理
    サービス
    SPIRAL®
    掲載日
    2016年10月11日
    インタビュー内容を見る
  • ヴィレッジヴァンガードコーポレーション
    応募作品が倍増しても最短スケジュールの運営を可能に
    導入会社
    株式会社ヴィレッジヴァンガードコーポレーション
    用途
    Web開発 フォトコンテスト 顧客情報管理
    サービス
    SPIRAL®
    掲載日
    2015年12月18日
    インタビュー内容を見る
mautic is open source marketing automation
お問い合わせ

お役立ち情報 見テ知ル お役立ち情報 見テ知ル

パイプドビッツ採用情報

TOP TOP

お電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さいお電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さい

0120-935-463 受付時間|平日9:00~18:000120-935-463 受付時間|平日9:00~18:00
お問い合わせ お問い合わせ
認証・制度
ISO/IEC 20000-1:2011/JIS Q 20000-1:2012(ITMS 51319)認証の登録範囲は、スパイラル事業関連部門及びスパイラルEC事業関連部門における顧客向けプラットフォームサービスの提供をサポートするITサービスマネジメントシステムです。
パイプドビッツのマネジメントシステム
個人情報保護方針

プライバシーマーク ANAB SMP ANAB ASPSaaS IaaSPaaS