Customer Case お客様事例

『雑貨大賞』の作品応募から投票・審査システムまでをSPIRAL®を活用して、わずか3日でスピード構築!
〜応募作品が倍増しても最短スケジュールの運営を可能に〜

  • Web開発 フォトコンテスト 顧客情報管理
導入会社
株式会社ヴィレッジヴァンガードコーポレーション
代表者
代表取締役社長 白川篤典
本社
愛知県名古屋市名東区上社1丁目901番地
業務内容
書籍、SPICE(雑貨類)、ニューメディア(CD・DVD類)を融合的に陳列して販売する小売業
URL
http://www.village-v.co.jp/
使用サービス
SPIRAL®
数多くのクリエーターが参加した 『第2回 雑貨大賞』<br><br>
数多くのクリエーターが参加した 『第2回 雑貨大賞』

『雑貨大賞』の Web ページ
『雑貨大賞』の Web ページ
課題
・ 『雑貨大賞』にWeb投票システムを短期間で実装したかった ・ 応募受付に関わる手間を削減したかった ・ セキュリティの高いシステムで個人情報を管理したかった
解決策
・ 期間でシステムを構築するため、作品の応募受付フォームからWeb投票、社内審査フローをPaaSによりワンストップで実現でき、個人情報も安全に管理できるスパイラル®を採用
選定理由
・ マイナンバー管理にも使われるセキュリティ性能の高いスパイラル®が応募受付フォームや投票システムを低コストで実現可能なことが分かったため
導入後の効果
・ 前回開催に比べ応募作品の数は倍増したにもかかわらず、社内審査の手間を大幅に削減することができた ・ 遠隔地の社内店舗スタッフが社内審査に参加できるようになった

インタビュー

株式会社ヴィレッジヴァンガードコーポレーション

株式会社ヴィレッジヴァンガードコーポレーションは、全国に書籍や雑貨を販売する店舗を展開する小売業の大手企業です。同社では2014年から、クリエイターの発掘を目的に『雑貨大賞』というイベントを開催しています。1回目は一般の方が審査に参加できるWeb投票の機能がなかったことから、今回はWeb投票システムを導入し、審査・集計のフローもシステム化することを決定。これらを低コストで実現し、応募者や投票者の個人情報を管理する高いセキュリティ性能を持ったサービスとしてスパイラル®を採用していただきました。ここでは、『雑貨大賞』のプロジェクトを担当したマーケティング本部店舗戦略部ストアプロモーション課の小堀聡子氏に、スパイラル®導入の経緯や利用状況などを伺いました。

V 株式会社ヴィレッジヴァンガードコーポレーション様 P パイプドビッツ 

スパイラル®の導入でWeb投票を実現。
審査フローにも活用するなど、システムを一新

P
貴社の事業内容と、『雑貨大賞』をご担当された部署の業務内容についてお聞かせください。
V
当社は、「遊べる本屋」をキーワードに、書籍や雑貨類、CD・DVDなどを融合的に陳列して販売する店舗を全国展開するとともに、オンランストアを運営する企業です。店舗は、直営とフランチャイズを合わせ394店舗(2015年12月現在)になりました。

『雑貨大賞』は、2015年7月から11月にかけて募集した次世代のクリエイターを発掘するためのイベントで、応募いただいた雑貨やアイテムに対し、審査員と一般投票による審査を実施、表彰するというものです。

この『雑貨大賞』は社内プロジェクトとして、部署横断で担当していました。私が所属するマーケティング本部はメディア取材依頼の対応の他、商品情報の情報発信や店舗イベントブッキング・企画運営・プロモーションといった広報業務がメインのため、他の業務と兼務で『雑貨大賞』を今年度から担当することになりました。

P
『雑貨大賞』の概要と、今回どのようにスパイラル®を利用されたのかを教えてください。
V
『雑貨大賞』は、当社が個人のクリエイターを応援・支援し、一緒にものづくりを活性化させていくための取り組みです。2014年から開始し、今年は2回目となります。2014年はコンソーシアム形式で運営していましたが、2015年からは当社が単体で企画・運営しています。
スパイラル®は、『雑貨大賞』のWebページにおいて、クリエイター作品の応募を受け付けるフローと、当社内で作品を審査するフロー、一般の方が行う審査投票のフローの3つに利用しています。

P
スパイラル®のご導入前は、どのような運用をしていたのでしょう?
V

前回は、作品の応募はWebフォームから行えたのですが、Web投票を実施しておらず、社内審査は審査用紙を回覧するかたちで運用していました。また、審査に関わる手間が多く、この部分の業務効率化とスピードアップも課題になっていました。
さらに、一般から投票を受け付ける際、組織票のような重複投票を防ぐために個人情報の取得が必要なのですが、オンラインで取得した個人情報の適切な管理と運用が課題となり、また、Web投票システムを実現するためのコストもネックになっていたため、実現に至りませんでした。

『雑貨大賞』の作品応募から審査・投票までのフロー

セキュリティと低コストが採用の決め手。
3営業日のスピード開発を実現!

P
その課題解決にスパイラル®を選んだ経緯や理由、目的を教えてください。
V
1回目の『雑貨大賞』はネットニュースなどに取り上げられ、大きな話題になりました。今回は前回以上に注目が集まることが予想され、さらによりよいものにするためにも、Web投票は実現したいと思いました。また、一般の方々が参加できるWeb投票システムを利用することで、SNSなどでの拡散の期待もありました。
そこで、応募受付フォームや投票システムを実現できるサービスを探していたところ、スパイラル®を知りました。厳格な情報管理が求められるマイナンバー管理サービスを提供するパイプドビッツさんのシステムであれば、個人情報も安全に管理できるうえ、投票システムも低コストで実現可能なことが分かり、導入を決めました。
P
導入を決定されてから、実際に導入するまではどのくらいの時間がかかりましたか?
V
今回は、非常に時間がない中での開発となりましたが、スピーディーに対応いただきました。企画が決まってから2週間で要件をまとめ、3営業日で設定までを完了しました。
直前までいろいろな事が決まらず、要件が定まるのに時間がかかりましたが、スピーディーに構築でき、遅れていたスケジュールも巻き返すことができました。
P
開発に際し、工夫された点やこだわった点などがあれば教えてください。
V
今回工夫したのは、一般の投票者の方々にすべての作品を見てもらいたかったので、投票ページを見やすいデザインや構成となるようにしました。作品の詳細を見られるページを個々に設けたり、部門別に投票する仕様にした点などはこだわった点です。

応募作品倍増でもスムーズに処理。
社内審査も全国のスタッフが参加可能に

P
スパイラルで構築したシステムは狙い通りの効果を発揮しましたか?
V
応募作品は、昨年が約800点だったところ、今年は2倍弱の約1,500点の応募がありました。これは、前回のような紙での審査ではあり得ないボリュームです。しかし、システムによって一次審査や審査通過の処理が円滑に進めることができ、応募締め切りから投票開始までを昨年より短いスケジュールで実現できました。

一般の方からの投票は約2,000件。一次通過したクリエイターさん達のSNS発信が増えたのも投票増加の要因だと思います。社内審査は20名で行ったのですが、今年はWebを利用し遠隔地の社内店舗スタッフも審査に参加することができました。
また、一般の方からの問い合わせが少なくなったことも効果の1つです。スパイラル®はデザインがカスタマイズでき、希望のデザインに仕上げることが可能なため、分かりやすいデザインや構成にすることができた結果だと思っています。

P
実際に運用してみて問題はありましたか? また、次回以降に向け開発の予定などはありますか?
V
イベント期間中に大きな問題はありませんでした。次回以降は、スパイラル®の活用範囲をもっと広げていきたいと考えています。今回、時間がたりなかったこともあり、スパイラル®をどこまで活用できるか深く考えないままにスタートしてしまいました。今になって考えると、社内審査会への応用など、最初の設計次第でもっと活用できる部分があったように思います。スパイラル®の活用方法や運用方法について社内周知と共有ができてなかったのが改善ポイントですね。
今後の開発として、店舗ヒアリングアンケートや他のイベントへの応用も検討していきたいと考えています。2015年11月26日~12月23日に開催する『みうらじゅん ボク宝総選挙』にもスパイラル®を活用する予定です。
P
弊社の対応やサポートはいかがでしたか?
V
非常にタイトなスケジュールの中、予定通りに進行することができました。また、運用面の不明点やサポートも電話などで適宜対応していただき助かりました。
P
パイプドビッツやスパイラル®に期待されることやご要望などはありますか?
V
当社では、社内アイデア募集や投票・アンケートをよく実施しているのですが、現在はGoogleスプレッドシートなどを利用しています。しかし、スパイラル®の方がセキュリティや機能が充実しているため、今後は切り替えも検討していきます。社内でさまざまな企画が急に決まることが多いのですが、スパイラル®を社内で使いこなせるようになれば、対応していけそうです。
要望としては、スパイラル®の管理画面は、もっと分かりやすく簡単にしてほしいですね。
P
本日はありがとうございました。

  • Web開発
  • メール配信
  • 顧客情報管理
  • 株式会社 CA Tech Kids

  • Web開発
  • 会員サイト構築
  • 顧客情報管理
  • 株式会社九州インターメディア研究所

関連のある記事

  • HAKUTEN(ハクテン)
    博展オリジナル イベント参加登録・管理システム『EXPOLINE entry』
    導入会社
    株式会社博展
    用途
    Web開発 セミナー マーケティング メール配信 会員サイト構築 顧客情報管理
    サービス
    SPIRAL®
    掲載日
    2017年04月05日
    インタビュー内容を見る
  • セブン&アイ・フードシステムズ
    ~スマホアプリと店舗をつなぎ急拡大を続ける会員組織の運営をサポート~
    導入会社
    株式会社セブン&アイ・フードシステムズ
    用途
    Webマーケティング Web開発 顧客情報管理
    サービス
    SPIRAL®
    掲載日
    2014年05月27日
    インタビュー内容を見る
  • ミウラインサツ
    「スパイラル®があったからサービスを始めた」
    導入会社
    三浦印刷株式会社
    用途
    Web開発 キャンペーン メール配信 顧客情報管理
    サービス
    SPIRAL®
    掲載日
    2016年09月27日
    インタビュー内容を見る
mautic is open source marketing automation
お問い合わせ

お役立ち情報 見テ知ル お役立ち情報 見テ知ル

パイプドビッツ採用情報

TOP TOP

お電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さいお電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さい

0120-935-463 受付時間|平日9:00~18:000120-935-463 受付時間|平日9:00~18:00
お問い合わせ お問い合わせ
認証・制度
ISO/IEC 20000-1:2011/JIS Q 20000-1:2012(ITMS 51319)認証の登録範囲は、スパイラル事業関連部門及びスパイラルEC事業関連部門における顧客向けプラットフォームサービスの提供をサポートするITサービスマネジメントシステムです。
パイプドビッツのマネジメントシステム
個人情報保護方針

プライバシーマーク ANAB SMP ANAB ASPSaaS IaaSPaaS