メール配信システムの機能とは。システムでできることや選び方

掲載日:
2019/01/18
更新日:
2019/07/26

ソリューション

メール配信

メール配信システムは、手動でメール配信するのと何が違うのでしょうか?また、導入するときにはどんな基準で選べばいいのか迷う方も多いようです。メール配信システムとその選び方について知り、最適なサービスを選びましょう。

メール配信サービスとはどんなもの?

メール配信サービスを使うと、どのようなことができるのでしょうか?詳しく解説します。

一斉配信サービス

メール配信サービスは、大量のメールをスピーディーに一斉配信できるシステムです。機能が限定されたものであれば無料で使えるサービスもありますので、手軽に導入できます。メール配信サービスの活用シーンは、次のように様々です。

  • メルマガ配信
  • 顧客アンケート
  • クーポンの配布
  • 見込み客の育成
  • 集客

配信したメールの開封率・クリック率・コンバージョン率を調べられるので、効果測定もできます。そのため、マーケティングツールとしての活用も可能です。

システムのタイプ

メール配信サービスには『大量配信型』と『セグメント型』の2種類のシステムのタイプがあります。

『大量配信型』は、多くのユーザーに素早くメール配信するのが得意なシステムです。ユーザーの多いメルマガの配信や、自治体・学校などで使われています。配信数やユーザー数によって価格が変わりますが、1,000円~1万円ほどで利用可能です。

『セグメント型』は、ユーザーを属性分けして最適なメール配信ができるシステムです。ユーザーの興味に合わせた配信ができるので、マーケティングに利用できます。ECサイトなど、商品を販売するサービスとの相性がいいシステムです。

利用形態

メール配信サービスの利用形態には『クラウド型』と『オンプレミス型』があります。

『クラウド型』は、インターネット上でログインして使えるサービスです。パソコンにインストールする必要がないので、端末や作業場所を限定せずに使えます。初期費用や月額料金などコストが安いのも魅力でしょう。

『オンプレミス型』は、パソコンやサーバにインストールして使うサービスです。目的に合わせて機能をカスタマイズできるのが、1番のメリットといえます。ただし、その分導入コストは高めですし、使いこなすための知識も必要となります。

メール配信システムの仕組みとは。タイプや利用形態、選び方を紹介

メール配信システムでできること

メール配信システムを使ってできることについて、解説します。

メールのカスタマイズ

メール配信システムを使うと、難しいメールのカスタマイズが簡単にできます。例えば、HTMLメールのテンプレートやエディター機能を提供しているサービスを使うと、HTMLが分からなくてもHTMLメールの配信ができるのです。

また、パーソナライズ化したメールを作ることもできます。『〇〇様』と名前が入っているなど、一斉配信と思われにくい特別感のあるメールが簡単に送れるのです。

他にも、誕生日メール・ポイント通知メールなどが自動的に送れます。ステップメール機能があるサービスなら、ストーリー性のあるメールで、成約まで結びつける流れを作ることも可能です。

大量の一斉配信や自動配信

メールを送るというと簡単なことのように思えます。しかし実際には、大量のメールを確実に届けるのは難しいことなのです。

メールが届かない原因は色々あります。プロバイダからのブロック・迷惑メールへの振り分け・エラーアドレスの存在などが代表的です。メール配信システムでは、メールが届かない原因に対処して、確実にメール配信できるようにします。

例えば、エラーアドレスを自動的に選り分けて、クリーニングするのです。手動では手間がかかり難しい作業を自動化することで、効率的にメールの到達率を高めます。

メールやリストの管理

メール配信システムでは、メールやリストを扱いやすく管理します。マーケティングに便利なように、ユーザーの属性や効果測定の結果ごとの管理が可能です。

また、リストの適切な管理によって、エラーアドレスの整理や、重複アドレスへの二重配信予防ができます。

メールやリストの管理では、セキュリティも大切です。個人情報の漏洩というトラブルを防ぐためにも、セキュリティ対策をしているメール配信システムを利用しましょう。セキュリティ対策については『プライバシーマーク』を取得している事業者かどうかが一つの判断ポイントとなるでしょう。

効果測定

メール配信は目的によって目標とする指標が変わります。例えば、確実な情報提供が目的であれば到達率が、ECサイトの販売促進が目的であればクリック率やコンバージョン率が指標となるでしょう。

メール配信システムでは到達率やクリック率、コンバージョン率といった指標となる数値を計測できるので、メール配信の効果測定ができます。配信結果を分析することで、より効果的な施策を選ぶことができます。

メルマガ配信システム導入のメリットとは。おすすめ機能の紹介も!

メール配信システムの選び方

数あるメール配信システムから、利用するシステムを選ぶとき、何を基準にするのがいいのでしょうか。メール配信システムの選び方について、ポイントを解説します。

目的から必要な機能を洗い出す

メール配信の目的によって、システムに求める機能が変わります。情報発信が目的であれば、HTMLメールが作成できる機能は不要かもしれません。売り上げを上げることが目的であれば、ステップメールやレコメンドメールの機能があるとよいでしょう。
高機能であることはいいことかもしれませんが、過剰な機能がついているため、システムを使いこなせないというようでは意味がありません。まずは必要な機能を洗い出しましょう。

配信数や到達率

メール配信システムを選ぶとき、まずチェックするのは、配信数の上限です。配信数は申し込むプランによって上限が違います。配信するボリュームが現状ではどのくらいあるのか確認した上で、ぴったりのプランのあるシステムを選びましょう。

メールの到達率も大切なポイントです。到達率の低いメール配信システムからの配信だと、迷惑メールに振り分けられてしまう可能性が高まります。そのため、優良配信者と認定されているシステムを選びましょう。

サポート体制

メール配信システムを初めて使う、使い方がわからないといった不安がある方は、サポート体制があるか確認しましょう。電話やチャットでいつでも質問ができるサポート体制があると、安心してメール配信ができるでしょう。
使い方だけでなく、メール文面の作成や配信代行を行ってくれるサービスもあります。こちらは有料の場合が多いですので、どんな内容のサポートを受けたいか、内容を決めておきましょう。

対応する端末

メール配信システムが対応している端末が何かをチェックすることも大切です。端末にはさまざまな種類がありますが、パソコン・スマホ・フィーチャーフォンなど、端末ごとに読みやすい表示の仕方が違います。

パソコン用のメールをスマホで表示してしまうと、表示が崩れてしまう場合があり、読みにくいため最後まで読んでもらえない可能性が高まるのです。多くの人に読んでもらえるメールを目指すためにも、対応する端末を確認して、システム選びをしましょう。

メルマガ配信システムを使うメリットとは。仕組みや選び方のまとめ

まとめ

メール配信システムには、大量のメール配信が強みのものや、カスタマイズの柔軟性が強みのものなど、製品によってさまざまな特徴があります。高機能だから、という理由だけで選ぶと、費用対効果が合わない、機能が多すぎて使いこなせないといった課題も出てくるでしょう。

自社に合うシステムを見つけるためには、まずメール配信の目的、想定の配信量を決め、システムに求める条件を明確にしましょう。そのうえで、メール配信システムの機能を理解し、複数製品を比較、検討しましょう。

CONTACT USお電話・フォームからお気軽に
お問い合わせください