NEWS ARTICLE お知らせ記事
パイプドビッツからのお知らせ

パイプドビッツ、LM推進地議連とマニフェスト大賞実行委員会が主催する研修会「ネット選挙解禁で政治はよくなるのか? ~ネット選挙の先の可能性を探る~」に登壇~議員立法を提出した議員、総務省、ヤフー、早稲田大学などが、講演や議論~

2013年5月10日

パイプドビッツ、LM推進地議連とマニフェスト大賞実行委員会が主催する研修会「ネット選挙解禁で政治はよくなるのか? ~ネット選挙の先の可能性を探る~」に登壇
~議員立法を提出した議員、総務省、ヤフー、早稲田大学などが、講演や議論~

 政治・選挙プラットフォーム「政治山」を運営する株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区 代表取締役社長CEO:佐谷宣昭 証券コード3831、以下「パイプドビッツ」)は、政策立案を行う「政策型議員」を目指す地方議員らで構成される「ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟」(事務局:東京都新宿区 共同代表:上村崇、阿部善博、斎藤直子、以下「LM推進地議連」)と、地方自治体や首長、議会などの先進的な活動や優れた取り組みを表彰する「マニフェスト大賞」を運営する「マニフェスト大賞2013実行委員会」が、2013年5月16日に早稲田大学日本橋キャンパス(コレド日本橋内)で主催する研修会、「ネット選挙解禁で政治はよくなるのか?~ネット選挙の先の可能性を探る~」にて、パイプドビッツのオープンデータ推進事業部長 市ノ澤充が「政治山調査から見える有権者意識~選挙では何が注目されているか~」を講演いたしますので、お知らせいたします。

 本研修会は、議員立法を提出した、福田峰之氏(自民党衆議、自民党ネットメディア局次長)と、鈴木寛氏(民主党参議、民主党広報委員長)のセッションのほか、総務省自治行政局選挙部による総務省見解、ヤフーや「政治山」などネットメディアの講演、さらに、早稲田大学マニフェスト研究所による問題提起や地方議員とのパネルディスカッションなど、ネット選挙解禁を通して政治が良くなるのかをテーマに、産官学がそれぞれ地方議会はどう変わるのかを議論や講演いたします。是非ご参加ください。

開催概要

名称 ネット選挙解禁で政治はよくなるのか? ~ネット選挙の先の可能性を探る~
日時 2013年5月16日(木)13:00~17:45(開場12:30)
会場 早稲田大学ファイナンス研究科 日本橋キャンパス
東京都中央区日本橋1-4-1 日本橋一丁目ビルディング5F(コレド日本橋)
※東京メトロ銀座線・東西線・都営地下鉄浅草線「日本橋」駅出口直結
プログラム
※敬称略
13:00~14:00 【国会議員セッション】
「ネット選挙解禁法案成立の意義と目指す政治の姿」
福田峰之(自民党衆議院議員、自民党ネットメディア局次長)
鈴木寛(民主党参議院議員、民主党広報委員長) 
14:00~14:30 【総務省見解】
「法案内容と選挙管理委員会の対応」
総務省自治行政局選挙部選挙課
14:45~15:15 【ネットメディア提言】
「選挙運動のインターネット利用で何が変わるか?」
別所直哉(ヤフー株式会社 社長室長)
15:15~16:00 【ネットメディア調査・分析】
「政治山調査から見える有権者意識~選挙では何が注目されているか~」
市ノ澤充(株式会社パイプドビッツ オープンデータ推進事業部長)
16:00~16:15 【問題提起】
「地方議員の活動は、ネット選挙解禁でどう変わるのか」
早稲田大学マニフェスト研究所 ※変更の可能性がございます
16:30~17:45 【パネルディスカッション】
「ネット選挙解禁で地方議会をこう変えろ!~オープンガバメントと新しい議会の姿~」
北川正恭(早稲田大学マニフェスト研究所所長)
高木聡一郎(株式会社NTTデータ 企画調整室IT政策推進グループ/国際大学GLOCOM客員研究員)
上村崇(民主党京都府議会議員、LM推進地方議員連盟共同代表)
草間剛(自民党横浜市会議員、LM推進地方議員連盟事務局長補佐)
※「日の出TV」で第6回マニフェスト大賞最優秀コミュニケーション賞受賞
北村純一(鳥羽市議会事務局)
※鳥羽市議会で第7回マニフェスト大賞審査委員会特別賞受賞
参加方法 ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟のお申込みフォームからご登録ください。
お申込みフォームURL: http://www.local-manifesto.jp/gikaigiin/event/130516.html
対象 地方議員、一般
定員 100名(先着順)
参加費 LM会員 3,000円、一般 5,000円 ※事前振込
運営 主催:マニフェスト大賞2013実行委員会、ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟
後援:ローカル・マニフェスト推進首長連盟、ローカル・マニフェスト推進ネットワーク
協力:早稲田大学マニフェスト研究所

政治・選挙プラットフォーム「政治山」とは

 「政治山」は、情報資産プラットフォーム「スパイラル®」を中心とするクラウドサービスの豊富なノウハウを有するパイプドビッツが、全国の自治体や議会、政党や政治家の政策や行政の情報をストックし、官公庁、自治体、政党などがそれぞれ所有、管理する政治情報を一元化することで、有権者の政治参画の利便性の向上を目指して、2011年3月に誕生した政治情報や選挙情報のプラットフォームです。
 今後も「政治山」が発信する情報が市民と政治の距離を縮め、地方自治や政治などへの関心や参加意欲を高めるきっかけとなることを目指した活動を展開してまいります。
 なお、「政治山」は、「スパイラル®」を用いて開発、運用しております。

LM地議連研修会に関するお問い合わせ先

早稲田大学マニフェスト研究所
担当:永尾、中村
TEL: 03-6214-1315

お問い合わせフォーム(ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟Webサイト)

株式会社パイプドビッツ
社長室 広報担当 立花
受付時間:平日10:00~18:00
TEL:03-5575-6601

※記載された社名や製品名は各社の登録商標または標章です。

お問い合わせ
お問い合わせ

TOP TOP

お電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さいお電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さい

0120-935-463 受付時間|平日9:00~18:000120-935-463 受付時間|平日9:00~18:00
お問い合わせ お問い合わせ 無料トライアルにお申し込み 無料トライアルにお申し込み

一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は、03-5575-6601におかけください。(通話料金がかかります。)

認証・制度
パイプドビッツのマネジメントシステム
個人情報保護方針

プライバシーマーク ANAB SMP ANAB ASPSaaS IaaSPaaS