SEMINARS&EVENTS セミナー・イベント情報

観光産業WEBご担当者様向け 今さら聞けない!明日から実践出来るSNS活用術

観光産業における「集客」「顧客の育成」「顧客満足」の向上は、部門関係をなくして注力する基盤が必要となります。
今回のセミナーでは、当社観光産業ソリューション事業部が考えるSNS集客・エンゲージメント(気持ちの繋がり)の向上について、事例も交えながら基礎からご案内いたします。

特にWEBを活用した集客・来店・来館誘導にお困りのご担当者様、奮ってご参加ください。

開催概要

開催名
【業界別事例セミナー】
観光産業WEBご担当者様向け
今さら聞けない!明日から実践出来るSNS活用術 開催のご案内
開催日
2017年5月12日(金)
時間
14:00 ~ 15:00[開場 13:30より]
内容
【第1部】SNS集客の基礎知識

1:SNSとは?(特徴・目的のまとめ)
2:SNSの使われ方(ゴールのまとめ)
3:SNSの注意点(リスクの種類・リスク対策の方法・ガイドラインの策定)

観光産業ソリューション事業部
藤倉 泰志

【第2部】訪日インバウンド顧客のファン化とCS向上

エージェント経由での集客から脱却し直接ご予約を下さるゲスト様を最大化する方法を、稼働中の仕組みと共にご案内いたします。

観光産業ソリューション事業部長
野口 悠

【相談会】※登壇者、スタッフまでお気軽にご相談ください

〔担当事業部長より〕
『この春、新しい部門でスタートされた方も多くいらっしゃるかと存じます。観光産業において、エンゲージメントを向上させ特別なニーズを見つけ出していただく仕組みをご紹介いたします。』
定員
16名
対象
・観光産業WEBご担当者様
・SNS集客・エンゲージメントの向上に課題をお持ちの方
・WEBを上手に活用できていないとお悩みの方
参加費
無料
会場
株式会社パイプドビッツ 東京本社
東京都港区赤坂 2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル 2階
交通
東京メトロ 南北線・銀座線 溜池山王駅 11番出口直結
お問い合わせ
株式会社パイプドビッツ セミナー事務局
  TEL 03-5575-6601
  E-mail seminar@pi-pe.co.jp
  担当和田

講師

  • 株式会社パイプドビッツ<br>
観光産業ソリューション事業部<br>
藤倉 泰志
    株式会社パイプドビッツ
    観光産業ソリューション事業部
    藤倉 泰志
    有名国立大学 大学院を卒業後、司法試験合格を目指すが挫折を味わう。
    パイプドビッツ入社後、配属された公務・観光ソリューション事業部で財団など非営利審査系法人向けに審査の進捗管理システムや、大学・専門学校向けに求人票受付管理システムを提案。
    観光産業ソリューション事業部へ異動後は、大手旅行代理店のWEBサイトのリニューアルや改修を提案。企業のSNS活用の需要拡大に伴い、「SNS活用方法」のセミナー講師を担当する。
  • 株式会社パイプドビッツ<br>観光産業ソリューション事業部長<br>野口 悠
    株式会社パイプドビッツ
    観光産業ソリューション事業部長
    野口 悠
    成人するまでの約10年間、インドネシア(ジャカルタ)・タイ(バンコク)で暮らす。母国でありながら日本の「かわいい」文化に強い憧れを抱きつつ青春時代を送る。化粧品メーカーに入社後、EC部門で商品流通・制作・企画などに携わる。2014年、パイプドビッツに入社し営業担当として観光産業・運輸業・宿泊業・婚礼業を中心に各企業様の特徴・目的・ゴールを達成する会員組織の仕組化、成果を司るWEBフォームの離脱を分析・提案などをおこなう。
    2017年、観光産業ソリューション事業部の責任者となる。
一覧に戻る
mautic is open source marketing automation
お問い合わせ

お役立ち情報 見テ知ル お役立ち情報 見テ知ル

パイプドビッツ採用情報

TOP TOP

お電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さいお電話、フォームからお気軽にお問い合わせ下さい

0120-935-463 受付時間|平日9:00~18:000120-935-463 受付時間|平日9:00~18:00
お問い合わせ お問い合わせ
認証・制度
ISO/IEC 20000-1:2011/JIS Q 20000-1:2012(ITMS 51319)認証の登録範囲は、スパイラル事業関連部門及びスパイラルEC事業関連部門における顧客向けプラットフォームサービスの提供をサポートするITサービスマネジメントシステムです。
パイプドビッツのマネジメントシステム
個人情報保護方針

プライバシーマーク ANAB SMP ANAB ASPSaaS IaaSPaaS