PIPED BITS

SPIRAL活用術

複数のセミナー管理はSPIRAL 申込者情報をリアルタイムで共有

セミナー

今回は、定期的にセミナーを開催する企業、組織向けのソリューションです。
複数回開催していると参加者の管理が煩雑になり、当日思わぬ問題を招くことも考えられます。
大事なセミナーを円滑に運用するためのシステムの事例について紹介します。

知識不要!素人でも簡単にセミナーページを作成、更新できます

セミナーの準備や受付状況は流動的に変化していくものです。
突然会場が変更になったり、登壇者の肩書が変わったりなどイレギュラーな事態はいつでも発生します。
そんなセミナー情報を公開しているページは自分たちで作成、更新ができるほうがいいですよね。
SPIRALのセミナー管理システムは知識不要でセミナーページを作成、更新できるシステムを作ることが可能です。

申し込み状況、参加者情報をリアルタイムで共有、管理

エクセルや非クラウド環境ではWEB、電話、FAXなどのさまざまな経路から入る申し込み状況や申し込み者の情報を即時に関係者に共有することは困難でした。
SPIRALでセミナー管理システムを構築することであらゆる関係者は管理画面にログインすることで開催されているセミナーの申し込み情報をリアルタイムで確認することが可能です。
突然、上司に参加状況を確認されてもすぐに回答できますし、上司に管理画面へのアクセス権を渡しておけば自分で勝手に確認してもらえます。

出席率を高めるリマインドメールの配信

申し込みはあったのにセミナーに出席しない人がいた。。。
セミナーを開催されている企業、組織は必ずこういった事が発生しているはずです。
当然事情があって欠席される方もいるはずですが、「行きたかったけど、セミナーがあることを忘れていた」こんな理由での欠席は意外と多いものです。
こんな事を防ぐために有効なのがリマインドメールと呼ばれる手法、開催日の前に開催場所や時間などの情報をメールでお送りすることで「忘れてしまって参加できない。」そんな問題を防ぐことが可能です。
SPIRALでは文面とタイミング(セミナー開催日の○日前に送るか)を設定しておけば、リマインドメールをセミナーの開催日に合わせてシステムが自動で送ってくれるので出席率を上げより多くの方に参加いただくことができます。。

セミナー後のフォローアップ

一度参加した方の情報をきちんと活用できているでしょうか?
セミナーは主に見込み顧客づくりを目的として行われますが、開催で満足してフォローアップがおざなりになってしまうことが往々にして発生します。
SPIRALを使えばリマインドメール同様、参加後に自動でメールを送ってフォローアップが可能ですし、適宜情報発信をメールマガジンという形で行うことができます。

ログインしてダウンロードする

mautic is open source marketing automation
お役立ち情報はこちら メルマガ