PIPED BITS

業界コラム

顧客と良好な関係を築くことができる企業セミナーとは

猫

この記事をお読みになっている皆様は、マーケティング活動でのセミナーの運用に興味をお持ちの方だと思います。弊社でも、スパイラル®(当社製品)を使いマーケティングに活用して頂くためのセミナーを開催しております。その観点から、セミナーを開催するメリットは何なのか?今開催しているセミナーをより活用していくにはどうすれば良いのか?以下、ご紹介させて頂ければと思います。

セミナー開催のメリット

当社でも成約につなげるためのマーケティング活動の1つとして、セミナーを重要視しています。セミナーを開催するメリットには、以下の点があります。

1. マーケティングをテーマに、自社の製品をうまく活用して頂くセミナー

サービスを長く利用してもらうため、製品の活用法をセミナーで知ってもらい、お客様とのリレーション強化をはかる。企業側にとってはリレーションシップマーケティングの一環となる。
また、マーケティングで活用できる新しいシステムやサービスを探している新規顧客へは参考となる情報を提供でき、企業側は接点を持つことができる。

2. 類似サービスの同業者との共催セミナー

ユーザー・企業の双方にメリットを得られる。お客様は、複数企業のノウハウを一度に得られる場を設けることができ、企業側には見込み顧客をシェアすることができる。

セミナー開催から顧客満足へ

「自ら興味を持って訪れる」セミナーは、WEBやカタログでは感じられない距離の近さ、顧客が自由にメリットのある情報を得ることができる環境で、顧客と自社の接点を増やすことができます。
また、Webメディアなど“一度は自社の商品・サービスを見聞きしたことはある”お客様や候補に、セミナーに来て頂き企業の魅力、商品・サービスの魅力を知ってもらうことで、自社の営業活動支援や売上向上につなげることが可能です。

 一方で、自社の話だけでは満足できなかった来訪者もいらっしゃるかもしれません。では、共催セミナーであれば良いのではないかと思いますが、共催にはメリット・デメリットがあります。例えばデメリットには、他社の話を聞けば他社に興味を持つ可能性があります。メリットには、来訪者が複数企業のノウハウを一度に得られる場を設けることができること、また企業側には、見込み顧客をシェアすることができる点があります。

継続的に商品・サービスを利用して頂くために

今後、セミナーをマーケティングで活用していくには、既存顧客向けのセミナーで、製品・サービスの満足度を向上させること、より良い活用方法を提供しお客様にメリットを感じて頂ける形で提示することが鍵です。

弊社でも、既にスパイラル®を使用頂いているユーザー様向けに、スパイラル®︎を初めて触った方に活用頂くためのセミナーを始め、マーケティング・セミナーなど様々なセミナーを行なっております。年間でのセミナー満足者率は平均92.42%を記録、「とても満足した」「気づきがあったので実践したい」といった声も頂き、多くのお客様にご満足頂いております。セミナーで得た情報を元に弊社スパイラル®のサービスをよりご活用頂いている方も多くいらっしゃいます。
また、セミナーにはメールマーケティングやWEBマーケティングの最新動向や事例を紹介するセミナーなど、東京だけでなく札幌・名古屋・大阪・福岡まで全国で勢力的に活動していきたいと思っています。

ご興味があれば、以下の各種イベント情報のリンクからご覧ください。
各種イベント情報はこちら:https://www.pi-pe.co.jp/seminar_event/

関連記事
スパイラル® https://www.pi-pe.co.jp/spiral-series/spiral-suite/

複数のセミナーの申込者情報をリアルタイムで共有! SPIRAL®で簡単作成 https://www.pi-pe.co.jp/miteshiru/article/20170310-1/

受付け業務を効率化するQRコード活用法 https://www.pi-pe.co.jp/miteshiru/article/n_20170807-1/

mautic is open source marketing automation
お役立ち情報はこちら メルマガ