最新トピック

ビジネス習慣3つの変化 ライフスタイルや価値観はどう変わった?

オフィス

1、勤務‘時間’の変化:勤務時間が選択できるフレックスタイム制

フレックスタイム制は、働き手が一定の定められた時間の中で、始業から終業の時刻を決定することができる変形労働時間制の一つです。1日の労働時間で、必ず労働しなければならない時間帯(コアタイム)と、その選択により働くことができる時間帯(フレキシブルタイム)とに分けて実施するのが一般的となっています。

基本的な労働時間帯の9時から17時の勤務時間に縛られず選択の余地ができたことは、インターネットのインフラが整い、フレキシブルタイムにどこでもリモートワークができるようになったテクノロジーの発展も後押しをしています。

時間に縛られず自由に働けるフレックスタイム制を導入している企業の従業員は、家庭と仕事の両立ができてライフワークバランスがとりやすくなるのではないでしょうか。

2、勤続‘年数’の変化:定年退職がなくなる傾向

厚生労働省によると、社会の高齢化が進む中、定年を65歳以上に引き上げたことや定年制を廃止した企業は全体の18.7%で、昨年2016年より0.5ポイントとわずかに増えたことが分かりました。(定年制廃止などの企業が微増 厚労省調べ|日テレNEWS24)
特に人材不足の問題が深刻な医療・介護の分野では高齢者雇用に積極的で、厚労省は人材不足の解消や税収入の増加で社会に恩恵が見込めるため高齢者の雇用を促進しています。「意欲と体力とスペックがあれば働ける」という考えがグローバルスタンダードとなっており、そもそもアメリカでは、”年齢差別”という理由から定年制は存在していません。短時間勤務や在宅勤務、テレワーク等、多様な仕事の仕方が一般的になれば、高齢者の活用はさらに広がり、いずれ定年制がなくなる日も近いのではないのでしょうか。

以上でご紹介した習慣の変化は、社会の価値観の変化によるところが大きいですが、ICTの発展によるビジネスツールの変化によって習慣が変わっている領域もあります。例えば、社内コミュニケーションの領域などがその一例です。それでは具体的にどのような変化があるのか次で見てみましょう。

3、社内‘コミュニケーション’の変化:社内メール利用から、ビジネスチャット利用へ

多くの組織がコミュニケーションツールとしてメールを利用してきましたが、近年では多くの会社で徐々にメール利用を減らし、別の新たなツールを利用する傾向があります。最近では様々な機能を持ったビジネスチャットサービスが増えてきており、それを導入している企業も少なくありません。

最近で特徴的な企業のチャットサービスとしては、情報漏洩などのセキュリティ事故を回避するためにセキュリティに特化しているチャットサービス、また人工知能を利用して大量の問い合わせ処理や総務の仕事などの業務を自動化し、効率化を実現する機能など、企業の需要に応じて様々な特徴を持つサービスが存在します。

一橋学院様SPIRAL PLACE®の導入事例

一橋学院様は今年で62年目を迎える大学受験の名門予備校で、一人ひとりの能力を最大限伸ばすことを教育理念とし、生徒はもちろんご家族との絆も大切にしている予備校です。

職員が個々に管理しているスケジュールを共有したい、また、Web上で職員と生徒・保護者とのコミュニケーションを充実させたいという課題がありましたが、実現したいコニュニケーションシステムが簡単に構築できることからSPIRAL PLACE®を導入されました。

導入される前は、従業員間の連絡の不徹底、郵送作業の手間、住所間違いや配送ミスなどによるセキュリティ面に不安を感じていましたが、導入後にはそれらの不安も解消され、いち早く情報を届ける体制を実現されました。
 
このようにセキュリティを意識した上での正確な情報共有を求められる場面というのは仕事において非常に多いかと思います。ICTの発展により、このような様々なビジネス支援ツールが出てきているので、このようなサービスを上手に活用しながら、セキュリティも安心して、無駄な作業時間を減らしていける良い仕事環境をつくっていけるといいですね。

一橋学院様のスパイラル プレース®導入事例 URL:https://www.pi-pe.co.jp/showing/hitotsubashigakuin/

スパイラル プレース®紹介ページ URL:https://www.pi-pe.co.jp/spiral-series/spiral-place/

mautic is open source marketing automation
お役立ち情報はこちら メルマガ