PIPED BITS

資料ダウンロード

開封率90%超!AOSSMSと連携して顧客電話番号にSMSを配信する方法

AOSSMS(エーオーエスエスエムエス)×SPIRAL(スパイラル)

近年、顧客へのプッシュアプローチが難しくなってきています。
従来は顧客への連絡といえば電話が主流でしたが、オレオレ詐欺などの電話を利用した犯罪の増加によって知らない電話番号に出る人の割合は大幅に低下し、実際のお取引のある顧客であっても電話ではなかなか接触ができないといった話をよく聞きます。
そんな中、電話番号にメッセージを送る事ができるSMSは高い開封率を誇り重要な情報をお知らせする際の通知手段として注目されています。
今回は、SMS配信サービスの大手サービスAOSSMSと連携してスパイラル®で管理している顧客電話番号にSMSを配信する方法と利点について解説します。

1.AOSSMSについて

「AOSSMS」は、携帯電話の世界標準機能であるSMS(ショートメッセージサービス)を使った法人向けソリューションです。国内主要キャリア(docomo、SoftBank、au、沖縄セルラー、Y!Mobile)と直接接続し、専用のシステムから、複数の携帯電話宛に一斉にメッセージを送信することができます。 また、企業から情報を配信するだけではなく、ユーザーからのメッセージを受信することが出来るので、キャンペーンやアンケートなど、様々なシーンでご活用いただけます。業界最高の到達率、月間1,000万通の大量配信も可能な、国内唯一の双方向SMSソリューションです。

2.SMSとは

ご存知の通りSMSとは携帯電話番号に対してメッセージを送る事ができるサービスです。
一番の特長として電話やEメール配信と比較して情報の伝達率(開封率)が非常に高い点があげられます。
また、携帯電話番号に対するメッセージ配信なのでMNP制度が普及した今、住所やEメールアドレス等よりも変更可能性が低く長期間保持しているデータに対するアプローチに際しても不達リスクを低く抑える事が可能です。
一方、電話回線を利用した通知手段である事から1通あたりで回線の利用料の支払が発生します。
また、同様の事情で送信可能なメッセージ量にも上限があり画像等を使ったリッチなコンテンツ配信も不可能です。
そのため、商品情報の一斉配信等の広告的用途での利用は不向きであるといえます。

3.AOSSMS×スパイラル®で実現できる事

例えばスパイラル®で有料の会員情報を管理している場合だと、従来会費を払っていない方に対しては電話やはがき等での督促を行っていたかと思います。
しかしながら、従来のやり方では電話に出ていただけない方が多く架電時間を多く要してしまったり、長期間会員の方だと入会時と住所が変わってしまったために不達になってしまう問題がありました。
AOSSMSを利用する事で未納の会員情報の詳細画面から督促メッセージを打ち込み、その方の携帯電話番号に対するメッセージの配信ができるようになります。
開封率の高いSMSを使う事で電話やはがきに比べて低工数、低コストで督促業務の運用が可能です。

4.連携方法

AOSSMSのAPIはマニュアルからのコピーアンドペーストで簡単に実装可能です。
マニュアルは以下のボタンからダウンロードしてください。

関連記事
今だからこそ知っておきたい!SMSの再活用術 https://www.pi-pe.co.jp/miteshiru/article/n_20170809-2/

SMS連携ソリューション https://www.pi-pe.co.jp/solution/sms-solution/

ログインしてダウンロードする

mautic is open source marketing automation
お役立ち情報はこちら メルマガ