PIPED BITS

業界コラム

交換した名刺を売り上げアップにつなげるポイントは?

名刺交換

属人化された名刺データを共有化することでメリットが生まれる

ビジネスの現場では名刺交換が欠かせません。初めて会った取引先の相手とは、真っ先に名刺交換を行っているでしょう。

ただ、名刺は紙であるため、とかく管理は属人的になりがちです。そのためにスタッフ一人ひとりの自己流管理にとどまっていることが多くあります。しかし、会社にとって名刺は顧客データベースの原点です。名刺のデータを共有化し、うまく活用することで、名刺が「宝の山」となるはずです。

名刺データを共有化していないことで、多くの弊害や無駄が生じることがあります。たとえば、名刺データを共有化していればすでにツテやルートがあることがわかるのに、それを知らないことで案件を失注することや、セールスが進まないといったことが生じます。

あなたが持っている名刺もデータを共有化していれば、他の部署で商談時に活用されることで新規案件の受注につながるかもしれません。

名刺をデータ化することで得られるメリットは商談だけではありません。たとえば、顧客先に年賀状や案内状などを郵送する場合、宛名シールへの印字で対応することですぐに送ることができます。

また展示会やセミナーに来場して名刺交換をした相手には、すぐにお礼メールを送ったり、次回の案内メールを送ったりできるようになります。

名刺のデジタル化と共有化に挫折する企業も

名刺データの共有化といっても、ただ名刺をスキャナーで取り込めばいいわけではありません。それでは画像データとして保存されているだけですので、誰でも簡単に検索することができません。そこで、スキャナーのOCR機能を使って名刺を取り込む必要がありますが、それでは文字のテキスト化が完ぺきだとはいえず、手入力で修正するという二度手間がかかることも多くあります。

さらに、名刺を元に作成したデータベースの役職や肩書きを最新の状態に保つための更新作業にも人手がかかります。そのほか、営業先など社外からでもそのデータベースにアクセスできなければ、利便性や汎用性が高いとはいえません。

そのため、名刺のデジタル化と共有化を始めたものの、途中で挫折する企業も存在しています。

取引情報まで共有化することでSFAとして活用できる

そこで利用を検討したいのが名刺管理サービスです。このようなサービスはいくつもありますが、たいていはスキャナーで名刺を取り込むか、スマートフォンなどを利用して名刺を撮影。その名刺画像を送るだけで完了というものです。

その後はサービス提供会社のオペレーターが手作業で入力しテキスト化してくれるので、汎用性のある名刺データが出来上がります。

しかもクラウド型のサービスであれば、いつどこからでも名刺データをノートPCやスマートフォンなどから確認できます。そのため、名刺フォルダを持ち歩く手間を省けるほか、名刺フォルダの紛失という情報漏えいや利益の損失を気にする必要が無くなります。

さらに、名刺交換したときの商談状況を同時に記録していくことで、取引情報も蓄積されていきます。商談が順調に進んで受注となった場合には、アフターフォローやアップセル、クロスセル用のリストとしても活用できます。いわば、「SFA」(Sales Force Automation/営業支援システム)として利用できるようになるのです。

名刺管理サービスが売り上げに貢献するまでにはタイムラグがあるため、このようなサービスはなかなか導入に踏み切れないかもしれません。しかし実際にサービスを使ってみれば必ず、便利で売り上げアップにもつながるものだと実感できるでしょう。

関連記事
名刺管理サービス https://www.pi-pe.co.jp/spiral-series/spiral-suite/app/business_card_management/

名刺交換後、名刺情報をすぐデータ化!スパイラル®連携による名刺活用 https://www.pi-pe.co.jp/miteshiru/article/pb_20170822-1/

mautic is open source marketing automation
お役立ち情報はこちら メルマガ