PIPED BITS

SPIRAL活用術

書籍の在庫情報公開システムを簡単に構築:スパイラルデモ

めまぐるしく変化するデジタル化の波にどのように対応するべきか、どの業界においても避けられない課題となっています。まずは知ることから始まり、対策案を考え、そして活用することで時代の流れに逆らうことなく共存していくことが可能です。

「知識は力なり」の名言で有名なイギリスの哲学者であり法律家のフランシス・ベーコンは読書することに関しても以下のような名言を残しています。

“読書は、論争のためではなく、そのまま信じ込むためでもなく、講演の話題探しでもない。それは、熟考のためのものなのだ。”
(引用:フランシス・ベーコン『Of Studies』)

インターネットを接続すれば手軽に知識を得ることが出来る現代において、この名言は私たちに重要な気付きを与えてくれます。

そこで、スパイラル®を使った、日々数多くの作品が生み出される書籍の検索システム構築について解説していきます。

1. 書籍の検索システムを利用するユーザー側のメリット

まずユーザーが足を運ぶことなく、必要に迫られた時や思い立った時などすぐにインターネットで検索して購入することができ、さらにレコメンド機能などによってユーザーは新たな情報を得ることも可能です。書店に出かけて行ったにもかかわらず希望していた商品の在庫がなく取り寄せる、といった手間が省ける利点も挙げられます。

2. 書籍の検索システムを利用する書店側のメリット

スパイラル®で書籍在庫システムを構築し、書籍情報を一括データベース化して一覧表で管理することによって、不必要な在庫を抱えることなく運営することができ、またインターネット環境さえあれば瞬時に書籍情報や在庫を確認・変更することが可能です。
さらに、電話や来店客からの直接の問い合わせも従業員がタブレット端末やスマホを持っていればその場で状況をすぐに確認し、目的の書籍までお客様をスムーズに誘導することが可能です。

3.掲載情報やデザインは自身で自由にカスタマイズ

スパイラル®では書籍データベースの一覧表に掲載する情報を、書店運用システムとして活用したり、また書店のウェブサイト掲載用としても活用することができます。データに公開または非公開の設定を設けることによって簡単に区分することができ、更に書籍の公開日を指定することによってまだ公開出来ない未来の情報に関してはデータの抽出を行わないように設計をすることも可能です。
その他、より検索しやすい条件設定を豊富なテンプレートパターンから選択することで簡単に作成したり、プログラマーやデザイナーでなくともデザインできるよう設計されています。しかし既にウェブサイトを公開しているのであれば、直接HTMLを編集することでデザインを統一させることもできます。

4. 短期間で構築!「書籍の検索システム」

スパイラル®では上記のような機能を持つ書籍在庫検索システムを1日弱で構築できるようになっています。(デザイン等にかかる期間は別途時間が必要です)
詳しくは以下の「ダウンロードする」のボタンよりマニュアルをダウンロードできますのでそちらをご参照ください。

また、動作イメージについては下記のデモ用URLよりご確認ください。

■書籍在庫検索システム
https://www.pi-pe.co.jp/area/p/lfoj9qcqam2ldncof5/FK04AE/login.html

■一般公開ページ
https://www.pi-pe.co.jp/area/table/32547/k7hbJj/M?S=qcqdr2ldndmd

【注記】
※必要最低限の手順のみ公開しております。要件に合わせて変更してください。
※現時点の仕様を記載しております。仕様変更による動作保証はしておりません。ご了承ください。

ログインしてダウンロードする

mautic is open source marketing automation
お役立ち情報はこちら メルマガ