SPIRAL活用術

SPIRAL®で簡単構築!仕事エントリーシステム:スパイラルデモ

ITの普及に伴い「情報は資産である」という考え方は年々高まりを見せています。したがってB to Cサービスを行う企業にとっては特に、顧客情報をきちんと管理するのはもちろんのこと、それらの情報を整理したり複数のデータを紐付けて管理できたらと思うシーンは多々あるのではないでしょうか?そこで企業と人材をつなぐ求人サイトを例に、エントリーフォームを取り入れた管理システムを活用する方法をご紹介します。

1. システム導入によるメリット

日々数多くの求人情報が人材紹介企業に集められ、求職者はこの中から自分の希望する条件(勤務地、雇用形態、職種など)にできるだけ近い求人情報を探し出す必要があります。そこでまずは情報の抽出が行われます。様々な条件を組み合わせて絞り込むことによってエントリーの際、求職者のタイムロスが減り、希望の情報のみ得ることができるため、この条件の細分化は価値があります。したがって管理者は仕事情報を格納し管理するためのデータベースの項目の精査には時間をかける必要があると言えます。

管理者にとってのメリットは、仕事情報とエントリー者の情報が紐付いていれば、求職者からの進捗確認や問い合わせに対する対応や、採用活動を進める際にスムーズである点が挙げられます。そのためにはエントリー情報を管理するためのデータベースと仕事情報を管理するためのデータベースを連携させる必要がありますが、クラウドで行われるためデータの移行処理などは必要ありません。また、顧客情報はエントリーフォームからデータベースに流入し登録されるため、データの抜けや対応漏れを防ぐことにつながります。

2. エントリーシステムの運用例


上のフロー図のようにデータベースを連携させて情報を紐付けます。このように情報を一元化することによって、情報をリアルタイムに確認できるのです。効率よく質の高いシステム運用を目指す場合、連携は欠かせません。
また作成する際に複雑になりがちなエントリーフォームですが、フォームの項目変更などが生じた場合、時間やコストはさほどかからずに比較的容易に変更が可能です。管理者画面(ログイン後に遷移する仕事一覧ページ)に仕事登録フォームや登録した仕事情報の変更フォームなどをリンクさせることによって更に業務効率が上がるでしょう。

また求職者が仕事にエントリーした後に配信される応募完了メールに、エントリーした求人情報が追記されるように設定することも大事な連携となってきます。

3. 短期間でシステムの構築が可能

上記のようなエントリーシステムをスパイラル®で構築する場合、実装に必要な工数は2営業日程度でしょう。ただスタイル設定は別途日数が必要ですが、あらかじめテンプレートが用意されているためプログラミングの知識がない方でも簡単に設定ができます。もちろんHTML、CSS、PHPなどのソースを変更することによって、独自性がアップするでしょう。

4. 構築マニュアルをダウンロード

企業用の基本的な管理システムと、求職者用の一般公開ページに分けて下記URLからご覧いただけます。今回はデータベースを3つ発行し、IDでデータベース間を紐付けています。

◆管理画面(ログイン)URL
https://www.pi-pe.co.jp/area/p/lfoj9qfogo4ldtimi8/BihWjb/login.html

◆一般公開URL
https://www.pi-pe.co.jp/area/table/34105/h1joHi/M?S=qfoio2ldtirb

詳しい手順に関しては「ダウンロードする」のボタンからマニュアルをダウンロードしご参照ください

【注記】
※必要最低限の手順のみ公開しております。要件に合わせて変更してください。
※現時点の仕様を記載しております。仕様変更による動作保証はしておりません。ご了承ください。

ログインしてダウンロードする

お役立ち情報はこちら メルマガ